メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 キッチン豆知識 >

 キッチンから水漏れ!自分でできる修理方法|排水管が破損していても大丈夫!

  • トイレの水漏れ・詰まり

    トイレの水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    蛇口の水漏れ4,000円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    台所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    風呂の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    洗面所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    配管の水漏れ・詰まり7,000円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水対策漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    漏水対策悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

自分で出来るキッチンからの水漏れ修理方法

いつものようにキッチンに行くと、「床一面が水満たしになっていた」もしくは「蛇口から水がチョロチョロと溢れ出ている」といった、いつもと違う光景を目にすると愕然としてしまいます。
こんな状況に遭遇してしまうと誰でもどう対処してよいものかと途方に暮れてしまいます。

しかし落ち込んでばかりいられません。まずはどこが水漏れしているのかを確認し、原因をつきとめ、自分でできる対処方法を実際に行ってみる必要があります。
では早速、キッチンからの水漏れにうまく対処できる修理方法についてご紹介していきます。

キッチンの水漏れの原因は?

キッチンの水漏れに遭遇してしまったらまずはどこに原因があるのか確認した上で、うまく対処していく必要があります。
また、水漏れしている場所によってその原因が異なります。
では実際に水漏れしている箇所での原因を探っていきます。

蛇口からの水漏れ

蛇口をしっかり閉めたはずなのに、水がポタポタと蛇口からもれてしまっている。
このような状況において考えられる原因といえば蛇口のハンドル部分などの老朽化やその周りの金具の破損が原因であるケースが多いです。

蛇口を閉める構造で必要となる金具にスピンドルと呼ばれる部品があります。
どんな物でも長年使い続けることでいずれ古くなってしまうように、蛇口も長年の使用によって、そのスピンドルの部品が劣化してしまい蛇口をきっちりしめても水が通る道をすべて防ぐことができなくなります。

このスピンドル部分は蛇口を開閉するのに重要な箇所になるので古くなってしまった場合は交換してあげる必要があります。
その他にもレバータイプの水漏れにはレバーの下にあるカートリッジが古くなってしまうことでそれが水漏れにつながっているケースが多いです。

排水管のつまり

シンクはキッチンの洗い場ではもっとも使用する場所になります。食事の下ごしらえや後片付け、日常で使う洗濯物などの汚れものを流したりなどといった状況で常に利用しています。
しかし固形物などを大量に流してしまうと、それが下水管の詰まりへと繋がってしまいます。

排水トラップの故障

排水トラップとはキッチン流しシンクの下にある小さなバケツような形をしたのが排水トラップになります。
流し台の下を見ると確認することができます。
この排水トラップも長年使っていると老朽化が進み、やがてシンクとの接続部分にあるパッキンが古くなることで、水漏れが発生してしまいます。
この排水トラップに不具合が生じ水漏れしてしまうと、シンク下にある収納スペース周りが水浸しとなってしまう恐れがあります。

蛇口からの水漏れ修理

水漏れを発見してしまったら、すぐにでも修理する必要があります。まずは水漏れの状況ごとに自分で対処できる修理方法をご説明していきます。
蛇口からの水漏れの特徴はすぐに見て分かるように蛇口付近からポタポタと水が落ちています。
その場合は蛇口まわりの老朽化によるものなので、その蛇口の開閉で重要となるパッキンなどを交換すると解決できます。

用意するもの

では実際に自分で修理するために必要なものを
準備していきましょう。

・パッキン
パッキンはホームセンターなどで販売されています。どのサイズのパッキンがよいかはホームセンターの担当者に確認してみましょう。
一番確実なのは実際にパッキンをもっていって同じサイズのものを見つけて下さい。
実際に蛇口付近からパッキンを取り外す場合は止水栓を止める必要がありますので注意が必要です。

・スピンドル
スピンドルは蛇口下の金具の一部です。こちらも古くなって錆びているようであればパッキン交換のタイミングで同時に交換しておきましょう。

・プラス・マイナスドライバー

・プライヤーかモンキーレンチ

止水栓を閉めます

はじめに、必要なことはきちんと止水栓が閉まっているか確認することです。
止水栓を閉めておかないと水が吹き出してしまうので必ず閉めましょう。

ハンドルを外します

続いて蛇口の上にあるネジを実際にドライバーではずしていきます。
プラスドライバーを回すとネジが緩みハンドルが外れます。

カバーナットを外します

ハンドルが外れて、金具部分がむき出しの状態になったらモンキーレンチを使ってカバーナットを外していきます。

パッキンを外します

スピンドルが確認できたら、そこに古いパッキンがついていますので取り外します。

スピンドルを外します

スピンドルが錆びていたりして古いようであれば同時に交換しておきましょう。
このスピンドルは回すだけで外すことができます。

水道用コマを交換します

スピンドルの下にコマがあります。
このコマ部分も新しいコマに交換します。

各パーツを逆の手順で戻します

すべて外し終わったら、新しいコマ、スピンドル、パッキンの順に、はめ込んで元通りにします。
注意する点としては交換した部品がちゃんとサイズがあっているか、部品を正しい位置に取り付けているかを確認します。

また、新しいスピンドルの上にカバーナットを被せてある程度手で締めたら、最後はモンキーレンチを使ってしっかり締めます。
そしてハンドルを被せてプラスドライバーでネジを締めたら完了となります。

止水栓を開けます

閉じていた止水栓を再び開けます。
そして、水漏れしないかきちんと確認しましょう。
水漏れがなく問題なければ修理は終了となります。

動画で解説!単水栓蛇口のコマパッキン交換方法!

排水トラップの水漏れ修理

シンク下のあたりが水びたしになっているようであれば排水トラップの老朽化などが原因で水漏れとなってしまっている場合があります。
この水漏れを解消するには主に緩んでいるナットを締めたり、古くなったパッキンを交換すると解決できます。

用意するもの

自分で排水トラップを修理するのに必要なものをご説明していきます。

・流し排水栓スパナ
シンク下にある排水トラップが小さめのサイズであれば自力で取り外してください。
基本的には時計と逆周りにまわしていけば外れますがかなりきつく締まってあるので力を入れる必要があります。
また大きめの排水トラップであれば上記のような工具を使って外すと、外すことができます。

・排水トラップのパッキン
排水トラップを外して上に引き上げるとこのパッキンが見えてきます。
長年使用している場合はこのパッキンがボロボロになってしまっているので、このパッキンを新しく交換してあげないといけません。

蛇腹ホースを外します

排水トラップの下のナットを緩めて排水トラップから蛇腹ホースを外します。

動画で解説!台所排水の蛇腹ホース交換方法を紹介

排水トラップを外します

シンク下に排水トラップがありますので、自力で本体のネジを外すことができるようであれば取り外してしまいましょう。
取り外すには、専用の器具が販売してあるくらいなのでかなりの力が必要です。
必要であれば流し排水栓スパナを使って取り外します。
排水トラップ止めネジが外れるとシンク方から引き抜いてて取り外すことができます。

古くなったパッキンを外します。

シンク側から排水トラップを引っ張りだし外すことができたら、その排水トラップに古くなったパッキンが確認できます。
その古いパッキンは外してしまいます。

新しいパッキンを取り付けます

排水トラップの古いパッキンを取り外すことができたら、新しいパッキンを取り付けます。

排水トラップを逆の手順で戻します

新しいパッキンを取り付けたら排水トラップを元の手順で排水トラップを取り付けます。
そしてシンク下から外した止めネジを手で回して締めます。
緩みがないように、しっかりと締めて固定させましょう。

蛇腹ホースを取り付けます。

蛇腹ホースのナットを排水トラップに取り付けます。
水を流して水漏れの確認をして終了です。

動画で解説!台所排水栓のパッキン交換手順を紹介!

排水管の破損による水漏れ修理

シンク下から伸びるホースが排水管と呼ばれる部分になります。
排水管からの水漏れの場合は、破損や緩みが原因となります。
この場合は排水蛇腹ホースを交換します。

まとめ

水漏れという突然のハプニングに見舞われてしまっても、必要な道具や器具をそろえることが出来れば自分で修理することができます。
まず水漏れが発生してしまったら、どこが発生源なのかを自分で確認する必要があります。
原因を突き止めたら実際に自分で必要な道具を集めて、修理してみましょう。
DIYが得意な方であれば以外とスムーズに作業できるかもしれません。
注意する点としては、修理に必要な器具は必ず同じサイズのものを選ぶ必要があるので、きちんとサイズを確認した上で準備しましょう。
しかし、実際に自力ではどうにも改善しない、手順通りにできない、必要な器具があっているのかよくわからないという場合はそれ以上無理に作業をしないでください。

必要な工具や部材を購入して、無理に作業をして余計に被害を大きくしてしまえば、元も子ありません。
購入した部材の費用は無駄になり、水道業者を呼んで掛かる作業費も最初から頼んでおけはこんなにかからなかったのに・・・。なんて事に。

こんな事にならないように、無理だと判断した時は、迷わず専門の水道業者にご相談下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP