メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!

水道修理・工事なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 キッチン豆知識 >

 キッチンの床が水浸しに!シンク下の給水管が原因の場合の対処法

  • トイレの水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    税込4,200円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    税込7,350円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

キッチンシンク下の給水管が原因の場合の対処法

朝起きたらキッチンの床が水浸しになっていることがあります。
夜には水を使っていないし、水をこぼした記憶もありません。
こういう時は意外とシンクの下にある給水管に問題があるケースがおおいのです。

水道を出していないのに水浸しになっているケース

このようなケースではまず水回りのチェックが第一の確認事項になります。
蛇口やキッチンの周囲を確認してください。
キッチンで水を使っていないのに周りの床が濡れているという状況で、特に蛇口にも問題がない場合にはシンク下からの水漏れが考えられます。
まずは止水栓を締めることでいったんは水漏れをとめられますが、キッチンで水を使わないというのは生活上かなり厳しいです。

とりあえずバケツで応急処置をすることになると思いますが、床への水漏れは早めに修理しないと大変なことになります。

床までいく水漏れを放置してはいけない

少しずつの水漏れだからと、修理せずに放置してしまうとのちのち大変な状況に発展することがあります。
床に水が絶えず流れていると、マンションで2階以上の場合には階下にまで水漏れが進行してしまうのです。
他人の部屋を汚してしまうと損害賠償を支払うということにもなりかねません。

自宅内のエリアだけ済んでも、湿っている状態が続くとカビや腐食が発生しやすく、進行するとキッチンを取り替えることになることになり、もしもシステムキッチンなどであればかなり大掛かりな工事が必要となってしまいます。
簡単に修理できる時点で対応しなかったことから、大規模な改修につながる可能性があるのです。

まずはキッチン下のシンクにはどのような配管があるのか、そして配管にどんな部品があるのかを理解しておき、水漏れしている箇所を見つけましょう。

キッチン下の構造

給水管と給湯管

シンクの下を流れるパイプは給水管と給湯管、排水管の3種類です。
給水管とはキッチンに新しい水を送るパイプで給水管はカーブをえがいておらず直線的な形になっているものが主です。

給水管には温水と冷水の2種類がついている場合があり、それぞれ赤色と青色になっていることもあります。

排水管

排水管は使ったあとの水を流す、最終的に下水につながるパイプです。
ここでは給水管の修理方法について解説しますが、排水管ではないかどうかも一度確認してみましょう。
シンク下の漏水トラブルは給水管もそうですが、排水管から漏水しているケースも多いです。
また排水管は給水管とは形状が異なるので、細かい修理手順は異なります。

配管の部品には役割がある

止水栓

通常、住宅に送る水道全体の止水栓があり、そこから住宅内でキッチンや洗面所など場所ごとで枝分かれした止水栓がいくつかあります。
キッチンの給水管にも止水栓がついていることが一般的で、止水栓の部品の劣化が原因で水漏れが発生するケースもあります。

止水栓の調整は主に2種類あり、ハンドルで調整するタイプとマイナスドライバーで回すタイプです。
止水栓は水道の元栓ともよばれます。

配管同士をつなぐナット

ナットはリング状の硬い性質でできています。
通常給水管は一本のみではなく、複数の形の配管を組み合わせています。
この組み合わせのときにそれぞれの配管を押さえる役割をしているのがナットで、ナットの締めがゆるくなってしまうと配管同士の間に隙間ができ、水が漏れてしまいます。

接続部からの水漏れを防ぐゴムパッキン

金具と金具の接続部分は、お互いに完全には噛み合わずわずかな隙間ができ、水はそんな小さな隙間をもつたって外にでてしまいます。
この金具同士の隙間にゴム製のパッキンを入れることで、金具と金具の間をしっかりと噛み合わせ、わずかな隙間も埋める役割をします。

しかしゴムである以上、いずれ劣化してしまいます。
劣化でできた小さな隙間から水が漏れてしまうのがゴムパッキン劣化による漏水です。

水漏れ原因を特定する

修理をする前にまずはシンクの下を開けて水漏れ箇所を特定しましょう。
いったん家全体の止水栓を止めて、漏れている水をひととおり拭いたら止水栓を戻してみると、どこから水がでているかが判明しやすいです。
シンク下の給水管から水漏れをしている場合の原因で多いのは、止水栓と蛇口をつなぐ配管のナットのゆるみとナットの中のゴムパッキンです。
水漏れの箇所を特定した場合に接続部から水が漏れていたら、ほぼナットかゴムパッキンと考えてよいです。
実際に締めてみないとナットのゆるみかゴムパッキンのどちらかはわかりませんので、まずはナットを締めてみて判断します。
ナットを締めても改善されない場合にはゴムパッキンや止水栓の劣化が考えられるのですが、ゴムパッキンや止水栓を交換するには止水栓と給水管のナットを外す必要があります。
構造的に壁に埋め込まれていてナットをゆるめても止水栓を外せない場合には自分で修理は行わないでください。

給水管のナットの締め方

準備するもの

工具は以下のものを用意します。

・ナットをまわすモンキーレンチ
・パイプがまわらないように固定するパイプレンチ
・止水栓がハンドルタイプでない場合にはマイナスドライバー

他にはバケツと雑巾、またシンクの中のものをすべて出す必要があるので、量が多い場合にはシンク下のものを一時的に保管する防水の入れ物を用意しましょう。
もしもシンク内のものを床に置いた状態で水が漏れてしまうと、すべてダメになってしまうこともあります。

シンク下の物を移動する

物がたくさんあると面倒ですが、狭い場所での作業となるのでかならずシンクの下に入れていた物はすべて出しましょう。

止水栓を締める

1.キッチンの止水栓を締める
まずはキッチンの止水栓をマイナスドライバーかハンドルで右にまわして締めます。

2.家の水道の止水栓を締める
次に家の止水栓を締めます。マンションであれば玄関に、戸建てであれば外の地面についていることが多いです。

ナットを締める

1.パイプを固定
壁や地面につながっているパイプ部分をパイプレンチで固定します。
これはパイプが一緒にまわらないようにするためです。
固定しておかないと、ナットをまわすときに一緒にまわってしまい、パイプの破損につながります。

2.ナットを締める
パイプレンチで固定したまま、水漏れしていたナットをモンキーレンチで右にまわして締めます。
このとき、固くてまわらない場合には絶対に無理にまわさず、自分での修理はやめてください。
無理やりまわしてしまとパイプやナットが破損する可能性があります。

止水栓を戻す

1.家の止水栓をゆるめる
締めたときと同様に、まず家の止水栓を左にまわしてゆるめます。

2.キッチンの止水栓をゆるめる
キッチンの止水栓も同様に左にまわしてゆるめます。

水漏れがないか確認

キッチンの止水栓をゆるめたら修理前と同様の状態になるので、水漏れした箇所がどうなっているかを確認します。

シンク内のものを戻す

無事に水漏れが改善されたら、避けていたものを元の場所に戻します。

ゴムパッキンや止水栓の交換手順

注意点

止水栓の交換や取り外しは、該当部分の両端がナットで接続されているものであれば可能ですが、材質が硬いものでできているので片側が壁や地面に埋め込まれていると、自分で交換をすることができません。
ナットを外して止水栓を取ることができるのを確認したうえでおこない、けっして無理に作業をしないでください。

準備するもの

工具はナットを締める場合と同様のものを用意します。

・ナットをまわすモンキーレンチ
・パイプがまわらないように固定するパイプレンチ
・止水栓がハンドルタイプでない場合にはマイナスドライバー

工具以外も同様で、バケツと雑巾、必要に応じてシンク内のものを入れておく箱なども用意します。
加えて交換する止水栓、もしくはパッキンを購入して用意します。
あまりホームセンターで購入できるものではないので、一度外して形や大きさを確認し、同様のものをメーカーなどから購入したほうが確実です。

シンク下の物をすべて移動する

作業の場所確保と、万が一の水漏れのことを考えてシンク内のものを移動しましょう。

止水栓を止める

1.キッチンの止水栓を締める
ナットを締める場合と同様に、キッチンの止水栓をマイナスドライバーかハンドルで右にまわして締めます。

2.家の水道の止水栓を締める
こちらも同様に次に家の止水栓を締めます。

ナットをゆるめる

1.片側のナットをゆるめる
壁や地面からでているパイプをパイプレンチで固定し、水漏れしていたナットをモンキーレンチで左にまわして締めます。
ナットを締めるだけのときと同様ですが、かたくてまわらない場合には破損防止のため絶対に無理にまわさないでください。

2.もう一方のナットもゆるめる
片側のナットがゆるんだらもう片方のナットもゆるめます。

止水栓を取り外す

両側のナットがゆるんだら止水栓が外れるので、ゴムパッキンの交換や止水栓自体を交換し、完了したら再度止水栓を取り付けます。

ナットを締める

1.片側のナットを締める
止水栓やゴムパッキンを交換が完了したら、あとに外した方のナットを締めます。

2.残りのナットを締める
片側のナットがしまったら、パイプをパイプレンチで押さえながら残っているナットを締めます。

止水栓を戻す

1.家の止水栓をゆるめる
締めたときと同様に、まず家の止水栓を左にまわしてゆるめます。

2.キッチンの止水栓をゆるめる
キッチンの止水栓も同様に左にまわしてゆるめます。

水漏れがないか確認

止水栓をゆるめたら水漏れの症状がどうなっているかを確認します。

シンク内のものを戻す

水漏れの症状がなくなっていたら、移動していたものを元の場所に戻して完了です。

動画で解説!台所の止水栓の交換方法

まとめ

あまり給水管の止水栓から水漏れするというケースは多くないですが、ナットやゴムパッキンが原因であればこの作業で解決できます。

水漏れが改善されないときには、下記を一度確認してみてください。

・水漏れの場所が排水管や壁、地面からではないか
・ゴムパッキンがうまくはめこまれているか
・部品や配管が損傷していないか

ゴムパッキンのはめ込みが悪いだけであれば、再度調整すれば改善されますし、排水管が原因であれば排水管の修理や交換で解決することができます。
しかし、部品などの損傷や、壁や地面からの漏水、原因の場所が特定できない場合、そして修理作業自体が難しいと感じた際には専用の水道業者へご相談ください。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP