メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 水漏れ豆知識 >

 水道管が水漏れや凍結で破裂した!水が出ない場合の対処法

  • トイレの水漏れ・詰まり

    トイレの水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    蛇口の水漏れ4,000円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    台所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    風呂の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    洗面所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    配管の水漏れ・詰まり7,000円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水対策漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    漏水対策悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

水道管は凍結や老朽化が原因で破裂してしまうことがあります。
破裂する場所は露出している所だけとは限らず、土の中や建物の中など見えない場所での破裂も起こり得ます。
水道管の破裂の原因は大きく分けると2つあります。

  • 老朽化によるもの
  • 環境による破裂

水道管も老朽化することで、破損や破裂を起こすことがあります。
また寒い地域に住んでいる人なら知っている人も多いですが、凍結による水道管の破裂があるため、予防の知識について知っておきましょう。
また凍結してしまった時にできる対策法についても記載しています。
長年住んでいる人なら分かりますが、最近越してきた人や転勤などで新たに住む人は事前に水道管の凍結について把握しておくと便利です。

水道管が水漏れや凍結で破裂してしまったら・・・

「水道管が破裂!!」
できればこんな経験はしたくないですね。

しかし、お家も歳をとってくれば色々な所に老朽化、劣化による破損、不具合が起こってきます。

水道管もその中の一つです。給水管、給湯管共に古くなってくれば破損し破裂、水漏れなんて事も起こりえる事です。

そして、破裂する場所も様々です。露出している見える場所で吹き出す事もあれば、土の中、壁の中、床下等々、見えない場所で起こる事もあります。

突然水道料金が異常に上がったり、水道メーターが使ってもいないのにグルグル回っていたり、家の周りの壁や土の上が雨も降ってないのにいつでも濡れていたりとか、時と場所を選ばずですね。

また原因も老朽化に限らず、水道管破裂漏水は色々なケースで起こります。

その原因について、大きく分けた代表的な2つをご紹介します。

住まいる水道
住まいる水道
原因の2つをしっかり覚えてよう!

給水管、給湯管破裂(水漏れ)の原因

給水管や給湯管の破裂の原因 1.老朽化など

老朽化による破裂、破損、水漏れ

ある程度年数の経っているお宅ですと、給水管、給湯管は鋼管(鉄管)、鉛管、塩ビ管、耐熱塩ビ管、銅管等の配管を使用しています。

この配管が古くなり経年劣化により、折れたり、亀裂が入ったりしてしまいます。
ちなみに、近年は水、お湯両方に対応できる、架橋ポリエチレン管やポリブデン管が主流になりつつあります。

給水管について

1.鋼管(鉄管)は水の通る管内が錆びる事によってもろくなり、当初の弾力が無くなり亀裂が入り破裂します。
また、管内の錆がひどくなると配管内を水が通りにくくなり、更にひどくなると「水が出ない!」と言うような水漏れとは逆の症状が出たりします。

水が出ない症状の時にもう一つよく起きるのが、集合住宅の水道メーターが入っているパイプスペース(PS)中の給水管に取り付けられている減圧弁が原因の場合もあります。

減圧弁は名前の如く水の圧を調整するものですが、この減圧弁に不具合が出ると段々と水量が少なくなり、しまいにはまったく出なくなる場合もあります。

この様に水漏れだけではなく、水が出なくなる症状も起こりえるのです。

2.鉛管、塩ビ管は水圧(内圧)や外圧によって、亀裂が入ったり、折れたりし破裂します。
塩ビ管は昔からのねずみ色のものから、現在は耐久性の良くなった青い管に代わってきています。

給湯管について

1.銅管は、給湯管(お湯)の配管として多く用いられていますが、この銅管に関しては、他とちょっと違って全て老朽化と言う訳ではありません。
銅管の漏水で多いのは、ピンホールと呼ばれるもので、配管に針で刺した様な穴が開き漏水します。
しかしこれに関しては一概に原因が老朽化ばかりとは言えず、築10年未満のお宅でも起こったケースは多々あります。
これらは、様々な要因にて起こると言われていますが、その原因の一つとして別の金属(主に言われるのは鉄)との間に電食(電蝕)が起こります。
特に鉄(ネジ、クギなども)の場合、絶縁状態なっていないと、鉄の錆の進行が早まり銅に穴が開くとも言われています。

この様に決して古いとは言えないお宅でも目視出来ない様な場所で漏水が起こる事もあります。

気候、気温や場所、環境による破裂、破損、水漏れ

給水管や給湯管の破裂の原因 2.凍結

2つ目の原因は皆さんご記憶に新しいと思います。今年(2018年)、何年かぶりの大雪に大寒波。都心でもあちらこちらで水道管の破裂に凍結騒ぎ。管材屋さんの在庫材料が底をつき、水道屋さんも大忙し。破裂してるのに直してもらうまでに、1週間待ち。なんて事もあったそうです。
この様に老朽化だけではなく、気候や気温、その場所の環境によっても水道管は破裂します。

大きな原因は「凍結」です。

水道管内の水が寒さで凍ってしまい、凍結します。そして凍った水の圧力に水道管が負けてしまい、破裂するのです。

特に古くなった塩ビ管は硬化し弾力が無くなっているので、割れやすく破裂します。
しかし、それだけではなく塩ビ管より硬い銅管でさえも中のお湯が凍ってしまいその力でパックリ口を開けてしまいます。

そのくらい凍結の力は凄いのです。

でも、毎年必ず気温が氷点下になり必ず大雪が降る、北海道、東北、北陸ではその状況に対応すべく対策がとられています。
この辺は後ほど、対処方法としてご説明いたします。

また、凍結は大寒波の時だけ起こるものではない事も知っておいてください。

これは、水道の設置されている場所や環境でも起こると言う事です。

 

大雪や大寒波が来なくても屋外で露出している給水管や、給湯管が家の北側で一日中日が当たらなく風の吹き抜ける場所にあったり、室外機の風が常に配管に当たる位置にあったり、その上朝早く出かけて、夜遅くに帰るので水の動きが短時間で少なかったり、給水管、給湯管に保温材が巻かれていない、又は巻いてあったがボロボロになって水道管がむき出しになっていたりと、これら様々な条件が重なれば、大雪や寒波の力が無くても、水道管は凍結してしまうのです。

特に、家の裏側にある給湯器は、保温材は巻いてあっても露出しているので、凍結しやすいですね。

さて、この様な様々な状況の中、少しでも凍結をふせぐために何をしたらいいのか、また、凍結してしまったら、水道管が破裂してしまったけど、どうしたらいいのかをご説明します。

住まいる水道
住まいる水道
大事なポイントを解説するからしっかり覚えよう!

給水管、給湯管が凍結で水が出ない!破裂してしまった!時の対処方法

凍結させないためにできることは?

凍結させない為に出来る事

まずは、凍結させない為に何か行える事はないのか?そこから考えてみましょう。
これから毎年必ず今年の様な大雪や大寒波が来るかもしれません。その前に・・

1.露出している給水管、給湯管で保温材が巻かれてない所、又、取れてしまっている所があれば取り付けてあげましょう。

保温材は水道管に取り付けテープ止めしますが、テープの付いたワンタッチ式のものもありますので使用すると良いでしょう。
日頃から凍結しやすい所であれば2重に巻くか、寒冷地仕様の厚いもので取り付けると良いでしょう。

2.屋外に設置してある給水栓(蛇口)も凍結しやすいです。予め蛇口や水栓柱にタオル等を巻き付けたりするのも方法の1つです。

3.メーターBOX内のメーター本体も凍結します。メーターの中に入っている水が凍るとメーターのガラスが割れる時があります。戸建のメーターBOXには、タオル等を入れておくのも方法の一つです 。)


※万が一、メーターガラスが割れた場合、直ぐに水道局へ連絡してください。

4.水道管内の凍結を防ぐには、管内の水が動いていると凍りにくいので、蛇口を開いて水を流しておくのも手段の一つです。
※ポタポタでは少ないので、水の線が一本出来るくらい出します。しかし、この方法は水道代がかかってしまうので、もし行う場合は、水を溜めてお風呂や洗濯などで使用すると良いでしょう。

※寒冷地では凍結防止対策として、予め夜に水道管の水抜きをしたり、水道管に電熱線ヒーター(凍結防止帯)が巻き付けてあったりと、凍結防止の為の対策がとられています。

蛇口も通常のものとは違い、寒冷地仕様になっていて、水抜き弁が付いてる為、水抜きもスムーズに出来ます。
毎年必ず凍結するような所はこれらを参考にするのも良いでしょう。

凍結してしまった時に出来る事

凍結してしまった時の対処方法は?

1.凍結してしまった時、露出している水道管や給水栓であれば、お湯をかけて解凍すると良いでしょう。
ただし、熱湯は禁止です。早く解凍させようと、熱湯をかけた事によって、熱膨張が起きて逆に破裂させてしまう事もありますので、くれぐれもご注意下さい。
お湯をかける時はかける所にタオルを巻き、50度くらいのお湯をゆっくりかけてあげて下さい。
それを繰り返し行ないます
また、動かなくなった蛇口のハンドルを無理に回す事はおやめください。
蛇口や水道管の破損につながります。

2.凍結してしまった場所が露出してない所である場合は、基本待つ事です。
日中になると自然解凍されて、水がでるようになったケースは多々あります。

水が出なくなってしまった時に出来る事

あきらかに凍結によるものであれば、2でご説明した通り凍結をなおす事が対処方法です。
ただ、冬でもないのに、寒くもないのにという時は、水道管、蛇口、止水栓、減圧弁等々、原因は色々考えられますが、皆さんが自力で対処するのはなかなか難しいと思いますので、専門の水道業者に調査、修理を依頼されると良いでしょう。

最後に

水道業者を探す時の比較ポイント

近年わが国の気候にも今までと違う変化が起こっています。
来年の冬も大雪、大寒波がやって来るかもしれません。
いや、今年以上になるかもしれません。
そんな時にこれを読んで頂いた皆さんは「出来る事」をまず行なって下さい。
雪が積もった時にメーターの場所がわからない、なんて事にならないように事前の準備、確認を行って、起こってしまった時は、落ち着いて対処してください。
ご自分での対処が難しい時は無理をせずに専門の水道業者に連絡して下さい。

住まいる水道
住まいる水道
まずは自分で出来ることを行おう。自分での対応が難しい時は、被害が広がる前に必ずプロに依頼しよう!

よくあるご質問

Q

冬場に凍結する以外で水道管が破裂し水漏れする事はありますか?

A
水道管は凍結以外でも破裂や破損する事は十分に考えられます。水道管(給水管、給湯管)は常に水圧がかかっている為、管の一部が劣化してくるとそこに亀裂が入ったりして、水が吹き出してしまう事があります。また、露出管や土中の埋設管などに何らかしらの外圧が加わる事により老朽化した菅が突然折れてしまう事もあります。
Q

水道管が凍結した場合に対処法として行うと危険な事はありますか?

A
凍結した水道管に熱湯を使用して解凍させる事は危険ですので絶対に行なわないでください。管の素材にもよりますが、熱膨張により破裂し水漏れが起こる可能性がありますし、熱いお湯を掛けようとして自分にかかってしまい火傷してしまう場合もございます。
Q

冬になると蛇口からお湯や水が出ない時がありますが原因はなんですか?

A
恐らくたまに水道管が凍結してお湯や水が出なくなってるのでしょうが、問題無く使えてるようであれば破裂や破損はしてないようですね。簡単に出来る対処法といえば、蛇口の水を細く出したままにして水道管内の水が常に動いてる状態にすると凍結しにくくなります。また露出してる水道管の保温材がしっかりついてるか確認し、腐食しはがれてるようであれば巻き直すと良いでしょう。
Q

凍結によって給水管が破裂し水漏れしたら自分でできることはありますか?

A
もし水道管が破裂してしまったら、落ち着いて元栓を閉めて下さい。水道管から水が吹き出してたら慌ててしまうのは無理もないですが被害が広がらないように頑張りましょう。この時、落ち着いて元栓を閉めるためには、事前に元栓の場所を把握したり、元栓がちゃんと回るか確認しましょう。事前に元栓を閉めて、水が止まる事が確認できていれば、万一の時でも落ち着いて対処できるはずです。その後はすぐに専門の水道業者に連絡し修理してもらいましょう。
その他のよくあるご質問を見る
料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP