メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 キッチン豆知識 >

 水道の蛇口から水漏れ!キッチンの水漏れの直し方や修理のポイントを解説

  • トイレの水漏れ・詰まり

    トイレの水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    蛇口の水漏れ4,000円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    台所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    風呂の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    洗面所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    配管の水漏れ・詰まり7,000円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水対策漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    漏水対策悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

水道の蛇口はおおよそ10年で寿命を迎えるため、ある程度長期間使用すると不具合が生じやすくなります。
またキッチンからの水漏れですと、蛇口以外にシンクや配管に問題がある可能性もあります。
いずれにしろ、まずは水漏れ箇所と原因を突き止めて、適切な対処を施すことが大事です。
自分で修理をおこなう場合には事前の準備も必要ですから、併せて覚えておきましょう。
修理手順をきちんと押さえれば、軽度な修理なら自分でも直せますが、状態が悪い時は業者へ依頼するのが望ましいです。
キッチンから水漏れした際に直す方法を、分かりやすく解説します。

キッチンから水漏れが生じる理由は?

キッチンには、水漏れする可能性のある箇所がたくさんあります。
使用頻度が多い蛇口からの水漏れが定番ではあるものの、その他の箇所から水漏れしないとも限りません。
シンク本体や配管も、頑丈そうに見えますが少しずつ劣化していきます。
このような箇所で水漏れが起こっても、目につく箇所ではないことから気が付きにくいため、深刻な二次被害を生みやすいです。
キッチンで水漏れが起きた際に考えられることについて、見ていきましょう。

シングルレバー混合水栓

蛇口が原因の水漏れの場合

まずは蛇口が原因で水漏れする場合を見ていきましょう。
蛇口からの水漏れは定番中の定番です。
基本的に蛇口の寿命は10年と言われていますので、ある程度使用期間が経過した蛇口ですといつ水漏れしてもおかしくありません。

また劣化ではなく緩みが原因で水漏れを起こすこともあります。

蛇口の劣化や緩みが原因の場合ならわりと対処はしやすいですが、中には配管に問題があって水漏れするケースもあります。
ポタポタとした水漏れではなく激しい水漏れを引き起こしている場合ですと、配管の不具合という可能性が高いです。
配管の方に問題がある場合、自分自身で修理するのが難しいです。
尚且つ緊急性が高いですから、早めに水道業者を呼ぶようにしましょう。

パーツや本体の経年劣化が原因のことが多い

蛇口からの水漏れ原因として多いのが、パーツや本体の経年劣化です。
特に内部パーツに関しては消耗品です。
使用頻度が多くなれば亀裂や破損を起こしやすくなるため、耐用年数に関係なく不具合を起こすことは珍しくないです。

お客様
お客様
蛇口の内部パーツで劣化しやすい部品って何ですか?
ゴムパッキンやバルブカートリッジは消耗しやすいパーツになります
住まいる水道
住まいる水道

特にパッキンは樹脂製ですから、黒く固まる不具合を起こすこともあります。
弾力を失うと、他のパーツとの隙間を埋められなくなるため、そこから水漏れが生じます。
また、パーツだけでなく本体も劣化により破損することがあります。

パーツの経年劣化であればパーツ交換で対応できますが、本体に問題があるようなら丸ごと新品に買い替えなければなりません。

蛇口の修理は簡単にできる?

接続箇所が緩んでいる可能性も

接続箇所が緩んでいる場合も、水漏れが生じます。
緩む原因としては普段の使用による摩擦が多いです。
他にも物をぶつけた時の衝撃などで緩むこともあり、案外簡単に緩みが発生します。

接続箇所に緩みが生じていないか確かめましょう。

緩みによる水漏れなら、ボルトやナットを締め直すことで対処可能です。
ただしパーツが緩んでいるのではなく、本体が変形して隙間が出来てしまうケースも考えられます。
本体の不具合ですと部品を締め直しても戻りません。
その場合は本体交換での対処が必要になります。

キッチンのシンクに問題がある場合

流れの確認をします

キッチンの水漏れですと蛇口からの水漏れがケースとしては多いですが、その他の箇所から水漏れしないという訳ではありません。
シンクに問題があって水漏れする場合もあります。
特に多いのが、シンクと排水のつなぎ目部分からの水漏れです。
シンクと排水口の接続部にはゴムパッキンが使われていますが、前述のようにゴムパッキンは消耗品です。
経年劣化により破損したり硬くなったりすると、隙間ができるため水漏れが生じます。

この部分のパッキンは交換できるようになっているため、新たなものへと交換しましょう。

またシンクが原因の場合、パッキンではなくシンク本体の亀裂や破損によることもあります。
部分的な補修で対処できることもありますが、シンク自体が脆くなっている状態ですから、シンクの交換をおこなうのが望ましいです。

台所排水栓のパッキン交換方法

排水管の不具合

他にもキッチンの水漏れですと排水管に問題があるケースも考えられます。
床が浸水しているようなら配管に不具合がある可能性が高いですから、配管回りをチェックしましょう。
排水管不具合として多いのは、排水管やホースの破損です。
たとえば物を出す際に引っ掛けたり、包丁を落とした際に亀裂が生じることもあります。
経年劣化によって素材が脆くなり破けることもあるため、こまめな点検が大事です。
他にも排水管接続部のナットが緩んでいて水漏れする場合や、ホースがズレて外れたために水漏れするケースもあります。
この場合はナットの締め直しやホースの付け直しをおこないましょう。
ホースや排水管の亀裂ですと、補修テープにて一時的な対処は可能です。

排水管からの水漏れは汚水が散らばることになるため、念入りな清掃が重要です。
床や壁への二次被害を防ぐためにも、きちんとエタノールで消毒をおこなうようにしましょう。

つまりが原因となっていることもあり

キッチンの排水管から水漏れしている場合、実は詰まりが原因というケースもあります。
排水管の途中でつまってしまうと、うまく下水へと流れていきません。
行き場をなくし溜まった水が、排水管の接続部などわずかな隙間から漏れ出るという具合です。

キッチンは油汚れが溜まりやすく、つまりの主原因となりやすいです。

冷えて固まった油が排水管にこびり付き、そこに食材カスなどがくっ付くことで大きな汚れの塊となります。
排水管を完全に覆ってしまうと、水が停滞するためつまりが発生しやすいです。
他にもスプーンやアルミホイルの塊などの固形物を落とした場合も、つまりに注意しなければなりません。
日常的に使用する箇所ですから、適切な使用を心がけないと簡単につまります。

給水管の不具合

排水管だけではなく給水管が問題となることもあります。
同じように給水管の接続部が緩んでいたり、給水ホースの亀裂などが主な原因です。
補修テープにて一時的に対処するか、給水管そのものの交換をおこないましょう。
ちなみに給水管や給湯管から水漏れしている場合は、止水栓の故障も考えられます。
止水栓に不具合が生じると供給される水の量が調整できなくなるため、激しい水漏れを引き起こす場合もあります。
すぐに元栓を閉めて水が流れないようにしましょう。

キッチン水漏れ時の直し方!修理方法も紹介

キッチンで水漏れが起きた場合、修理をおこなわなくてはいけません。
放置していると水漏れがひどくなり、床や壁にまで被害が及ぶこともあります。
浸水被害が広がると、カビがはえて木材が腐敗したりシロアリによるリスクも高まるため、早めの対処が肝心です。
また修理も初期段階であれば自分自身でできることが多いです。
激しい水漏れとなると業者を呼ばなければ対応できないため、その前に動くことが肝心かもしれません。
水漏れした際の修理方法に関して解説していきます。

キッチンの水漏れ修理前におこなうこと

水漏れが起きた場合すぐに修理を開始したくなりますが、そのまえにやるべきことがいくつかあります。
緊急時ですので慌ててしまい判断を間違えやすい状況かもしれませんが、知らずに修理を行ってしまうと不都合が生じる可能性が高いです。
修理前の下準備としておこなうことは2つあります。

  • 止水栓を閉める
  • 賃貸の場合は修理の可否を確かめる

また、修理をおこなう際には専用の工具でなければ修理ができません。
水回り修理用の工具を準備するのも忘れないようにしましょう。
それぞれの項目について深堀していきます。

止水栓の閉鎖

キッチンに限らず、水漏れ修理をおこなう際は必ず止水栓を閉めましょう。

きちんと止水栓を閉めてから修理しないと、不具合を起こした場合に水が溢れだす危険性があります。
また水漏れを一旦止めるためにも、止水栓を閉めることは有効です。
いつまでも漏水が続いている状態ですと水道代の負担も大きいですから、水漏れに気が付いた時点で止めてしまってもよいでしょう。
ちなみに止水栓は給水管と各蛇口の中継点に設置されており、蛇口個別の水量調整が可能です。
たとえばキッチンの止水栓を調整しても、他の箇所における止水栓は今まで通り使えます。
もし止水栓自体から水漏れが起きた場合は、元栓を閉めましょう。
元栓は止水栓とは違い、各家庭に一つしかありません。

元栓

家に供給される全ての水量を調整する装置ですから、元栓を閉めると全部の蛇口が使用できなくなるのが特徴です。

お客様
お客様
水道の元栓が見当たらないのですが、どこにありますか?
一戸建ては屋外の地中に埋まっているのが一般的です。賃貸ですとPSと呼ばれる収納部にあることが多いですよ
住まいる水道
住まいる水道

水道の元栓はどこにある?いざという時のため、事前に確認を!

修理可否の確認

一戸建ての場合は自由に修理できますが、賃貸の場合は修理可能か事前確認が必要です。

と言いますのも、賃貸ですと修理実施が規約により制限されていることが多いからです。
勝手にリフォームなどを施せないのと同様に、修理時も許可がないとおこなえない可能性があります。
それを確かめるためにも、修理前に大家さんか管理会社に確認を取りましょう。
また自分で修理するのではなく、水道業者を呼ぶ場合も同様に確かめておく必要があります。
修理は付き合いのある業者に依頼するように決まっている物件もあるからです。

勝手に自己判断で修理をおこなったり業者を呼ぶと、トラブルの元になるため避けておくのが無難でしょう。

また賃貸ではなく分譲マンションなどの場合も、業者を呼ぶ前に管理組合へ連絡を入れておいた方が安心です。
水漏れの場合は他の住戸へ影響を与えることもあるため、事前に事情を説明しておきましょう。

水道の蛇口パーツの交換手順

水道の蛇口パーツが経年劣化によって水漏れが生じている場合は、パーツ交換が必須です。
消耗しやすいパーツは蛇口のタイプによりけりです。
シングルレバー混合水栓ですとパッキンやバルブカートリッジの劣化というパターンが多く、2ハンドル混合水栓ですとパッキンやスピンドルという部品の不具合が水漏れに繋がります。
ちなみにシングルレバー混合水栓と2ハンドル混合水栓の違いは、下記の表の通りです。

2ハンドル混合水栓 水とお湯それぞれのハンドルが付いており、両者の開き具合を調整することで水量と温度が調整できる蛇口
シングルレバー混合水栓 1つのレバーを上下左右に動かすことで、水量と温度を調整できる蛇口

以前までは2ハンドル混合水栓が主流でしたが、近年の住宅ではシングルレバー混合水栓の方を用いることが多いです。
シングルレバー混合水栓はシンプルな動作で調整できることから扱いやすく、また見た目のデザイン性に優れているのも、主流が移り変わった理由でしょう。

シングルレバー混合水栓の場合

シングルレバー混合水栓のパッキンとカートリッジの交換手順は以下の通りです。

新しいカートリッジを取り付けます

  1. ハンドル部分にネジが付いている場合は回す
  2. 緩んだらハンドルが取り外せるため、上へあげて外す
  3. 蛇口本体をきちんと固定したら、カートリッジの押さえを外す
  4. バルブカートリッジが見えるため、そちらも外してしまう
  5. パッキンも一緒に現れるので、バルブカートリッジとパッキンを新しいものへ交換する
  6. 逆手順でパーツを組み直し、蛇口を元に戻す
  7. 水漏れが収まれば完了

お使いのメーカーによって細かな手順は若干違う場合もありますが、おおよその流れとしてはこのようになります。

ポイントとしては、カートリッジを取り外す際はしっかりと本体を固定することです。
本体も一緒に回してしまうと、配管がよじれる原因となるため気を付けましょう。

シングルレバー混合水栓のカートリッジ交換方法

動画で解説!台所シングルレバーカートリッジ交換方法

2ハンドル混合水栓の場合

2ハンドル混合水栓の場合は、以下の手順にてパッキン交換及びスピンドル交換をおこないます。

  1. ハンドル上部に蓋がある場合は取り外す
  2. ネジを緩めるとハンドルを取り外せるため上へ持ち上げる
  3. スピンドル根本にウォーターポンプフライヤーをあてて回していく
  4. 内部にコマパッキンが残っているため、ピンセットなどを使い取り出す
  5. スピンドルとパッキンを新しいものへ交換する
  6. 逆手順で組み立て直し、水漏れが収まれば完了

こちらもお使いのメーカーや製品によって、こまかな直し方は若干異なる場合があります。
おおよその流れとしては部品を上から解体していき、部品交換をするという手順です。

キッチンのシンク下パッキンの交換手順

シンクに用いられているパッキンも自分で交換可能です。
お使いのシンクにより若干の違いはありますが、基本的な手順は次のようになります。

  1. シンク下の収納部に置いてあるものは移動させておく
  2. シンク下にある固定用のナットを緩める
  3. 排水トラップが外れるようになるため、上へと持ち上げて外す
  4. シンクについていたパッキンを新しいものへ交換する
  5. 再度排水トラップごとシンクへと付け直し、ナットで固定する
  6. パッキンとシンクの隙間がなくなり、水漏れが収まれば完了

排水トラップも外すことになるため、残っていた汚水が出てくる場合があります。
受け皿となるバケツを用意しておくと安心です。
またシンク下収納に置いてある物が濡れる可能性もあるため、最初の段階で移動させるのを忘れないようにしましょう。

給水ホースや排水ホースの亀裂は補修テープで対処

給水ホースや排水ホースに亀裂が入り水漏れしている場合、応急処置として補修テープを巻いておく方法があります。
補修テープにもいくつか種類がありますが、違いは以下の表をご確認下さい。

名称 特徴 使用に適している箇所
自己癒着テープ 粘着剤が用いられておらず、テープ自体がくっつく仕様 穴が開いた際の補修にも対応できるが、カーブ部分には使えない
水道用ラップテープ 自己癒着テープと同様に粘着剤不使用で、ラップテープ自体を巻き付けることでくっ付くタイプ 水漏れが比較的弱い箇所
防水補修テープ 伸びが良く粘着剤によってくっ付く仕様 小さめの亀裂などに適しており、カーブにも使用できる

巻き方としては、塞ぎたい穴の少し手前からくるくると数回ほど巻き付けていくだけです。
なるべく空気が入らないように、ピンと伸ばしながら貼っていくのがポイントになります。
貼り終わったら少し指で押して馴染みを良くさせてあげると、持ちが良くなります。
また、長持ちさせるためにはきちんとホースに付着している汚れを落としてから巻くことも大切です。

キッチンからの水漏れ修理を業者へ依頼する場合

部品の緩みやちょっとしたパーツ交換なら自分でも修理できますが、修理の難易度が高い場合は業者へ依頼した方が無難です。
また、ポタポタとしたにじみ出る程度の水漏れなら対処できても、激しい水漏れは修理するのが大変です。
奥の配管部分など、水道の目視できない箇所が原因で水漏れしていることもあります。
自分で対応することができないようなら、水道業者へ依頼しましょう。
水道業者へ依頼する際にも注意点があるため、事前に踏まえたうえで頼むことが重要です。
詳しく見ていきましょう。

水道業者に依頼した時の費用相場

キッチンの水漏れを業者に依頼した際、簡単な蛇口の調整作業程度であれば1万円前後が相場です。
本体交換を伴う場合ですと選んだ本体代に左右される部分が大きいですが、おおよそ2万円~3万5000円程度かかります。
シンク下からの水漏れも軽作業であれば1万円~1万5000円程度、配管の交換など大がかりな作業が必要な場合は3万円以上必要となります。
また、床や壁に浸水被害が及んだ場合は、その補修費用も追加となることを覚えておきましょう。
その場合は水道業者ではなく、以下のような業者へ依頼するのが一般的です。

  • ハウスメーカー
  • 工務店
  • リフォーム店

床や壁の補修も、クロスや表材のみの補修ですと費用はそこまでかかりません。
一方で下地にまで影響が出ている場合ですと予算が高くなるため、早めに対処することが大事でしょう。

相見積もりで適正価格を確かめよう

水道修理の料金は、業者によって設定が異なります。
一律の決まりなどありませんので、業者が独自に決めることができます。
それゆえに業者による違いが大きく、良心的な価格で修理してくれるところもあれば高額な請求をしてくるところも存在します。
よって複数の業者を見比べることが大事です。

相見積もりを取ることで、本当に適正価格かどうかを確かめることができます。

水道修理が必要な状況は余裕がなくなるため、目についた1社に頼んでしまいがちです。
しかし出来れば2~3社程度から見積もりを取って決めた方が、相場からズレた料金設定をしている業者を避けることができます。
ただし業者によっては見積もりだけでも費用が発生するため注意しましょう。
見積もり料やキャンセル料が無料なのか確かめたうえで、依頼することが大切です。

早朝や深夜は追加料金がかかる可能性あり

水道修理の費用を抑えるためには、業者へ依頼する時間帯も注意した方がよいです。
早朝や深夜に駆けつけてもらうと、深夜料金を追加で取られる場合があるからです。
また休日料金を取られることもあるため、来てもらう時間帯は平日の日中を指定しておくのが良いでしょう。
深夜料金や休日料金の設定も業者によりけりですが、3000円~1万円前後が相場なため余計な出費となってしまいます。
ただし受付に関しては基本的に時間帯を気にしなくて大丈夫です。
24時間対応してくれている業者も多く、早めの時間帯に受付をおこなった方が人気の時間を予約しやすいという利点もあります。
よって電話をかける時間帯は、業者の営業時間であればいつでも問題ないでしょう。

遠方の業者へ依頼する際は出張費用に注意

水道業者に修理依頼すると、出張料を取られるのが一般的です。
エリア外の業者に頼むと、出張料が上乗せになることもあるため注意が必要です。
高速道路を利用しなければ来れないような場所ですと、その料金も請求されることがあります。

このような事態を避けるために、水道業者を選ぶ際にはなるべく近場の業者に依頼するようにしましょう。

また、水道修理は1回のみでなくその後もお世話になる可能性があります。
アフターメンテナンスをしっかりとおこなってもらうという意味でも、地元の業者を選ぶのが鉄則です。

良い水道業者を選ぶポイント

良い水道業者を選ぶ際に重視したいポイントは?

水道業者選びで失敗しないためには、良い水道業者を見極めるポイントを心得ておく必要があります。
同じ修理をするだけと思いがちですが、上述のように費用面も異なれば対応も業者によりけりです。
腕のある良い業者に依頼することができれば、しっかりと直りますし修理の持ちも良いです。

半面、いまいちな業者にお願いしてしまうと、すぐにまた不具合が発生する可能性もあります。

決して安くない費用を払うわけですから、水道業者を選ぶ時はしっかりと業者を見る必要があるでしょう。
ポイントとして、見積もりをきちんと出してくれるかという点は確かめておきましょう。
まともな業者は見積もりを提示し、それぞれの項目について納得できるように説明してくれます。

受付時と現地確認後の2回にわたってきちんと見積もりを出してくれるか確かめましょう。

修理実績が豊富

良い水道業者を選ぶためには、修理実績を見ておくのも大事です。
きちんとした業者ですと修理実績に関してホームページなどで触れているのが一般的です。
年間でどの程度修理をおこなっているのか、見ておくとよいでしょう。
また修理内容に関しても確認しておきたいポイントです。
どのような修理を手掛けているのか見ることで、自分が依頼したい修理内容とマッチしているか確認することができます。
逆にホームページを見ても、何も情報が得られないような業者は要注意です。
修理実績や内容に触れていないのはもちろんですが、実態がつかめないような業者も中には存在します。
広告チラシなどを見てすぐ電話するのではなく、一旦はホームページも確認しておきましょう。

水道局指定工事店

水道局指定工事店になっているかという点も、業者選びの際に見ておくべき点です。

基本的に水道工事は許可を得た業者しかおこなえないことが、法律により定められています。

よって自治体の水道局の指定を受けるのは、業者として最低限のラインです。
許可を得ていない業者の場合、悪徳業者である可能性が高まりますので要注意です。

お客様
お客様
きちんと許可を得ている業者なら安心でしょうか?
もちろん認定されていることは大事ですが、そこは最低限のラインです。許可を得ている業者が必ずしも優れているということではないですから、個別に実情を確かめることが大事でしょう
住まいる水道
住まいる水道

まとめ

水道のキッチンから水漏れしている場合、蛇口からの水漏れが定番です。
パッキンなどの内部パーツが劣化していたり、本体の寿命などで水漏れしますので、状態を確かめましょう。
部品劣化であればパーツのみ交換、本体不良であれば丸ごと交換することになります。
またシンクや配管からの水漏れというパターンも少なからずあります。
耐久性に優れているように見えるかもしれませんが、経年劣化により亀裂や破損が生じると不具合を起こします。
シンクのゴムパッキンが問題の場合には、パッキン交換をおこないましょう。
配管が原因ですと応急処置として補修テープを巻いておくと良いですが、状態がひどい場合には早めに配管自体の交換をするのが望ましいです。
いずれの場合も軽度の修理なら自分でおこなえますが、激しい水漏れを伴う時は水道修理業者に依頼するよう検討しましょう。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP