メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!

水道修理・工事なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 トイレ豆知識 >

 現代の仕事人!ウォシュレットの取り付け、取り外し方の徹底解説

  • トイレの水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    税込4,200円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    税込7,350円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

トイレのウォシュレットの調子が悪くなったら・・・

「トイレが水漏れして床が濡れてる!」
「ノズルから出る水の水圧が弱くなっちゃって全然お尻に当たらない!」

皆さんのお宅はどうですか?
ちゃんと快適に使えてますか?
もしかして故障したからそのままコンセントを抜いてある?
・・・なるほど。

今や温水洗浄便座は、外に出ても会社、お店、駅でもどこへ行っても付いてるのが当たり前。付いてないトイレの方が少なくなってる様な気がします。

温水洗浄便座はTOTOのウォシュレット、LIXILのシャワートイレ、その他、パナソニックや東芝など各電気メーカーも色々な温水洗浄便座を販売しています。

そう、水回りの商品だけど電化製品でもあるんですよね。
だからホームセンターだけでなく家電量販店や総合量販店などでも格安で数多くの商品が出回り手軽に買って自分で取付なんて事が当たり前のようになっています。

「修理しようと思ったけど10年近く使ったから新しくしようか。」
「修理も結構費用がかかるみたいだし、部品が無ければしょうがない」
いまの電化製品は昔と違って10年もてばいいのですね。
しかしいざ取り外し、取り付けを自分でやろうとしてもなかなかマニュアル通りにスムーズにはいかない様です。

ここではそんな方の為にウォシュレット(※以降呼び方は皆さん共通呼名になってるウォシュレットで統一します。)の交換方法、注意点をご説明します。

その前に参考としてウォシュレットの不良になった時の状況をいくつかご説明します。

ウォシュレットの不良にはこんな状況があります

床に水漏れ

どこから漏れてるかわからないが床に水漏れがある。
ウォシュレットのどこかから漏れてる場合がありますので低い位置からウォシュレットを観察してみてください。

ノズルからポタポタ水漏れ

いつまでもポタポタ漏れ続けます。

ノズルからチョロチョロしか水が出ない

強さを最大にしてもチョロチョロ・・・

ボタンを押しても、水が出てこない。

電源を入れなおして作動するかテストしてみましょう。
壁リモコンの場合は電池切れの場合もありますので電池を入れ替えてみましょう。

水は出るがお湯にならない

電源がしばらく切れていた場合で、貯湯式の場合はお湯になるまでしばらく時間がかかります。

便座が暖かくならない

暖房便座のスイッチが入っているのに一向に暖かくならない
その他まだまだ不良状況はありますが上記の不良はほとんどが機能部の不良ですので、修理が可能かはメーカーメンテナンスの判断になりますが、年数的に10年位のものであれば交換を考える頃なのかもしれません。

それでは交換してみましょう。

ウォシュレット交換【取り外し】

止水栓を閉めます


トイレ内の止水栓を閉めます。止水栓はハンドルを回すかハンドルがない場合はマイナスドライバーを使って止めます。
同じような止水栓が2つある場合、片方はウォシュレット用の止水栓ですので、壁や床に近い方の止水栓を閉めます。
止水栓が回らない場合、無理に回そうとすると壁や床の中の給水管を折ってしまう場合があるので決して無理には行なわないでください。

水が止まっているかの確認をします。

レバーをひねってタンクに水が給水されないか、確認してください。
この時タンクのフタは外してしまいましょう。
止水栓が回らず閉められない場合、閉めても水がきちんと止まらない場合、閉めても水がきちんと止まらない場合は元栓を閉めて下さい。
この時、再度水が止まっているか確認をしてください。

コンセント、アース線を外します。

コンセント、アース線の順番で外しましょう。取付はアース線、コンセントの順で。

給水管を外します。

止水栓の上に取り付けられている分岐栓からタンクまでの給水管を付属の金属レンチ又はモンキーレンチで外します。

分岐金具を外します

止水栓に取り付けられている分岐金具を外します。

水抜きをします。

貯湯式ウォシュレットはタンクに水が貯まっています。タンクは基本右袖操作部の下です。
f-1タンクの下に丸いつまみがあれば回すと外れて水が出ます。
f-2つまみがないタイプは凹凸がありますので、マイナスドライバーなどを差込んで回すと回ります。


必ず洗面器などで水受けをしてから外してください。
水抜きをしても多少の水は残ります。
また、水抜きしないタイプも少量の水は残ります。
また、水抜きしないタイプも少量の水はウォシュレットに残っています。
外してから外に運び出す時に、床に水がこぼれる場合がありますのでご注意下さい。

本体を取外します

1.着脱式のウォシュレットは本体横のボタンを押すか、引くかでウォシュレットを外します。本体が外れたら固定プレートを外します。

2.通常のウォシュレットは後方左右2箇所の止めネジを緩めます。
付属の便座外し工具を使用します。本体を上に持ち上げて外して下さい。
ウォシュレットに隠れていた便器は尿石などで汚れていると思いますので新しいウォシュレットを取付る前にお掃除をしましょう。


ここまでで、ウォシュレットの取り外しは終了です

ウォシュレット交換【取り付け】

本体を取り付けます

1.TOTO、LIXILのタイプは便器に本体を取り付ける為のベースプレートを取り付けます。
付属している黒いゴムボルト(上面ボルト)は、少し水に濡らすと差し込みやすくなります。

黒いゴムボルト(上面ボルト)は通常プラスのネジ止めですが、止めるときはプラスドライバーで手回しで止めて下さい。
電動工具をお持ちの方も極力、手回しで行なって下さい。
ベースプレート、上面ボルトを破損させる場合があります。
プレートがしっかり固定されていればそれ以上強く締める必要はありません。
あまり強くしめすぎると、本体をスライド取付する時にスムーズに入らなくなりますのでご注意下さい。

2.パナソニック、東芝等のタイプは固定ボルトを本体に取り付け、便器の取り付け穴に差し込み、下から固定ナットを締めます。手締めである程度締めたら、最後に付属の締め付け工具を使い締めます。
この時も必要以上に強く締め付けないでください。固定ボルトが破損します。

止水栓に分岐金具を取り付けます。

パッキンの取り付け忘れにご注意!

本体接続給水ホースを取り付けます。

1.まず本体側から取り付けます。ナットを工具で取り付けるか、クリップで止めます。

2.分岐金具側を取り付けます。
クリップは確実に取り付けロックして下さい。スムーズにロック出来ない場合はクリップが正しく取り付けられていません。ホースがきちんと差込まれているか、クリップの取り付け位置は正しいか確認して、再度取り付け直して下さい。
正しく取り付けしてないと、止水栓を開けた際に水漏れします。ご注意下さい。

タンク接続給水ホースを取り付けます。

1.分岐金具側から取り付けます。

2.タンク側を取り付けます。
ホースの長さは決まってしまってますが止水栓の位置はまちまちです。
ホースの長さを上手く調整しながら、絶対にホースが折れない様に注意して取り付けて下さい。
ここが皆さんの腕の見せ所です。頑張って!
タンク側の取り付けの際に注意する事は、
必ず片手でタンク内のボールタップ(給水弁)を押さえて、ナットを締めて下さい。
タンクのフタを閉めたままナットを締め付けて、タンク内のボールタップが一緒に回ってしまい、ウォシュレットの取り付けが終わった後、タンクの水が止まらなくなったと言うケースは多々あります。ご注意下さい。

タンクのフタを閉めます。

フタを締める時、手洗いに繋がっているホースが内部部品に干渉しないように、中を見ながらフタを閉めると良いでしょう。

止水栓を開いて水漏れの確認をしましょう。

分岐金具、給水ホースの取り付け口を必ず触って水漏れの確認をして下さい。

アース線とコンセントを取り付けます。

アース線、コンセントの順で取り付けましょう。

施工説明書を参照し正しく作動確認を行なって下さい。

正しく作動し温水の確認が出来たら全て完了です。お疲れさまでした。これからまた快適にウォシュレットをご使用ください。

※取り付けにあたっては、必ず施工説明書を見ながら行なって下さい。
また、使用にあたっての注意事項もしっかりと読んでおきましょう。

最後に

せっかく新しく購入したウォシュレットです。慌てて無理をして取り付けようとして、破損させてしまっては元も子ありません。ぜひ、じっくりと一つ一つ確認しながら取り付けてみて下さい。どうしても無理だと判断された時は専門の水道業者にご相談ください。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP