メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 蛇口・水栓豆知識 >

 水道の蛇口パッキン交換で直す!ポタポタ漏れた時の対処方法

  • トイレの水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    税込4,200円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    税込7,350円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

水道蛇口のパッキン交換で水漏れを直す方法

台所で、洗面所で、浴室で、水がポタポタ・・・音も気になるし、水道料金も気になるし・・・
皆さん!こんな思いをしながら毎日を過ごしていませんか?
少量だからもう少し様子を見ようかとか、少しだから水道代もたいしたことないだろうとか。
でも、そのまま放置していれば、知らず知らずのうちに、どんどんひどくなるかもしれないですし、最悪は、勢いよく水が出っぱなしになり、止める事も出来ない様な事態になるかもしれません。
そうなってから、あわてても、遅いですよね。
出来れば、こんな事態になる前に、少量でポタポタしているうちに、直してみませんか?
状況や症状によっては、皆さんがご自分で直すのも可能かも知れません。
今回は、水道の蛇口がポタポタ水漏れしている時の対処方法をご説明いたしましょう。

蛇口の水漏れはなぜ起きるの?

水道の蛇口の耐用年数は、一般的に7~8年、又10年位が目安といわれています。
最近の電化製品と同じですね。
しかし、中には3~4年で水漏れが起こってしまう場合もあれば、15年、20年使用して初めて起こる場合もあります。
また中には、今まで通りにバルブを止めてもポタポタするので、バルブを強く閉め、それでもまた、ポタポタしはじめると、またさらにバルブを強く閉め、これを何年も繰り返し、いよいよ、強く閉めてもポタポタ漏れが止まらなくなり、15年経ってはじめて、という様なケースもあります。
でも、実は、その前にポタポタしはじめた時点でもう修理が必要だったのですね。

蛇口の水漏れはなぜ起こるの?

水漏れが起きる原因

パッキンの劣化

蛇口で使用されているパッキンは色々あります。
パイプの付け根に取り付けられているUパッキンハンドル部から水が漏れないようなにしている三角(上部)パッキン。
そして、スパウト(吐水口)の先端からポタポタ水が落ちない様にしている(水の出し止めで重要な役割をしている)コマパッキン(クレップ)等があります。
蛇口のポタポタ水漏れの半分は、このコマパッキン(ケレップ)のゴム部分が、劣化して起こります。
水道蛇口のパッキン

ハンドル部の劣化

ハンドル型水栓は、ハンドル部の軸棒となるスピンドルという部品も大変大きな役割をしています。
バルブを閉めると水が止まるのは、このスピンドルが正常に機能し、下に入っているコマパッキンをしっかり押さえる事で水を止める事が出来ます。ゆえに、コマパッキンが新しく正常であるにも関わらす、蛇口がポタポタ水漏れしてします場合は、このスピンドル(水栓上部)の劣化が原因とも考えられます。

蛇口本体の劣化

スピンドル(軸棒)はネジ状の形状をした部品です。
本体は、これを受けるため同じようにネジ状の形状になっています。
パッキンや部品の交換でポタポタ漏れが直らない場合、このネジの部品の溝の摩耗や劣化によるものや、コマパッキンが抑える水の入口の摩耗や劣化、破損によっての場合が多く見受けられます。
年数が経過する事により、この様な症状が起こる為に使用年数が経った蛇口はパッキンや部品交換だけではなく、蛇口本体を交換するのです。
パッキンで直してその時は止まっても、パッキンが押さえる部分が破損していればパッキンのゴムはすぐに傷ついてしまし、何日も経ずに又、水漏れが発生してしまうのです。

パッキン交換で直せる蛇口は?

近年、ハンドル式の水は少なくなってきました。
水だけ又は、お湯だけを出すハンドルが一つの単水栓。
ハンドルが二つ付いていて、右側が水、左側がお湯というように、2つのハンドルで湯水を出す2ハンドル混合水栓。
これらの蛇口は皆さんに古い蛇口と呼ばれてしまいますが、そんな事はありません。
今だに現役の蛇口です。
しかし、最近では、レバー水栓、温度調節水栓が主流の為、戸建てや新築マンションでは、なかなか取り付けられなくなりました。
また、アパートでは、通常ハンドル式水栓が主流でしたが、こちらも最近では、新築アパートにシングルレバー混合栓が取り付けられているのも、めずらしくなくなりました。
それでは、水栓の種類によって、パッキン交換の場所を確認いたしましょう。

パッキン交換で直せる蛇口とは

蛇口の種類のパッキンの有無

単水栓のポタポタ漏れ

単水栓のポタポタ漏れは、ハンドル下に挿入されているコマパッキンを交換します。
単水栓は、水道の蛇口としては、一番ポピュラーな蛇口ですが、最近の若い人たちにとっては、家で見るよりも、学校や公共施設に取り付けられている水道の蛇口というイメージがある様です。
ハンドルは、蛇口の本体と同じ金属の三角ハンドルでハンドルの下のスピンドルのさらに下にコマパッキンが入っています。

単水栓の水道蛇口

2ハンドル混合水栓のポタポタ漏れ

2ハンドル混合水栓のポタポタ漏れも基本ハンドル下に挿入されているコマパッキンを交換します。
コマパッキン自体は、単水栓で使用されている物と同じです。
2ハンドル混合水栓は、築20~30年以上の戸建住宅やマンション、またアパートでは新築でも使用されている蛇口です。
ご家庭によっては台所、洗面所、浴室以外でも洗濯場で使用されている場合もあります。

シングルレバー混合水栓のポタポタ漏れ

シングルレバー混合水栓は主に、台所や洗面所で近年一般的になった水道の蛇口です。
まれに、浴室でも使用されている事もあります。
このシングルレバー混合水栓には、コマパッキンは基本使用されていません。
では、シングルレバー混合水栓のポタポタ漏れは、どの様に直すのかと言いますと、レバーハンドルの下に内蔵されているカートリッジを交換します。
このカートリッジというユニット部品が、一つで水を出したり、止めたりお湯を出したり止めたりを全て行います。
よって、ポタポタ漏れだけではなく、湯水が出なくなってしまった時も、お湯にならずに水しか出なくなってしまった時も、一番に原因として考えられる部品なのです。
この部品交換は、コマパッキンの交換とはちょっと違い、皆さんが簡単に行うには、少々ハードルが高いかもしれません。
しかし、ご自分で直してしまいたいという方は取り寄せる、又はホームセンター等でカートリッジを購入する時に、絶対に間違わないようにしてください。
カートリッジは、何でも取り付けられるわけではなく、必ず、この蛇口には、このカートリッジと決まっています。
少々似た物であっても、取り付けてみたら取り付けられたという物であっても、取付部品が違っていれば、後々、必ず、水漏れや不具合につながりますので、ご注意ください。

サーモスタット混合水栓のポタポタ漏れ

サーモスタット混合水栓は主に、浴室で使用されている蛇口です。
洗面台でシャンプードレッサーが出始めた頃は、洗面台の水栓としても使用されていました。
このサーモスタット混合水栓には基本、コマパッキンは使用されていません。
では、サーモスタット混合水栓のポタポタ漏れは、どの様に直すのかと言いますと、シャワーとカランの切替ハンドルの中に内蔵されている切替バルブユニットを交換します。
この切替バルブユニットの部品が一つでシャワーとカランの切替を行ったり、湯水の出し止めを行います。
よって、ポタポタ漏れだけではなく、湯水が出なくなってしまった時も、シャワーとカランの切替が正常に出来なくなってしまった時も一番に原因として考えられる部品なのです。
この部品交換もコマパッキンの交換とは違い、皆さんが簡単に行うのは難しいでしょう。
しかし、ご自分で直されたいという方は、必ず蛇口の品番を特定し、その蛇口に合う部品を用意してください。
カートリッジと違い、ホームセンターでは、一部の物しか手に入りませんので、基本ネットにて探す事になるでしょう。
ただし、間違えた場合はネットでは返品などが難しい場合が多い様ですので、無駄な料金をかけないように心配な方は、専門の水道業者にご相談ください。

自分でコマパッキンを交換する時の方法は?

ご自分で水道の蛇口に取り付けられているコマパッキンを交換する時の対処方法です。
基本、単水栓も2ハンドル混合水栓も対処方法は同じですが、若干の違いがある為、それぞれご説明します。

コマパッキン交換の対処方法

まず、ホームセンター等でコマパッキンを購入し用意します。
次に工具も用意します。
必要になる工具は、以下の通りです。

・モンキーレンチ
・ラジオペンチ(又はピンセット)
・プライヤー
・カッターナイフ
・プラスドライバー

以上です。

単水栓の場合、プライヤーとプライスドライバー、カッターナイフは基本使用しません。
2ハンドル混合水栓の場合は上記5つの工具を用意しておくと良いでしょう。

自分で修理する際は道具をそろえましょう

また多少、水がこぼれますので、水受けの雑巾もあった方が良いでしょう。

単水栓のコマパッキン交換方法

元栓を閉める

屋外の水道の元栓を閉めます。
元栓を閉めたあとは、必ず蛇口のバルブを回して水が止まっているか確認をして下さい。

ハンドル上部を外す

蛇口ハンドルを外します

ハンドル下の六角ナットをモンキーレンチでゆるめます。
ナットがゆるんだら、手でナットを回し完全に外した状態にします。
ナットが固くて回らない場合、無理に回さないでください。
次にハンドルを時計と逆回りに回してハンドルとスピンドルのハンドル上部を外します。

※注意
六角ナットを回す時、片手は蛇口をしっかりと押さえて行ってください。
無理に回そうとすると壁の中の給水管を破損します。
くれぐれもご注意下さい。

古いコマパッキンを取外します

ハンドル上部を外すと、スピンドル部の下にコマパッキンが、くっついてくる場合があります。
蛇口の中にコマパッキンが無ければ、スピンドル下に付いてますので、取外してください。
蛇口の中にコマパッキンがある場合は、ラジオペンチ等でつまんで取出して下さい。

古いコマパッキンを取出します

新しいコマパッキンを取付ます

古いコマパッキンを取出したら、新しいコマパッキンを蛇口の中に入れてください。

ハンドル上部をはめます

新しいコマパッキンを蛇口の中に入れたらハンドル上部をはめます。
外した時と逆に時計回りに回して取付けます。

六角ナットを取付けます

六角ナットを取付けます。
手で回して取付、まずは手の力で締めます。
次にモンキーレンチを使用してさらに締めましょう。

※注意
ナットはモンキーレンチで強く締めすぎないで下さい。
ある程度締め、元栓を開いたあとにハンドルの付根から、水がにじんでこなければ問題ありません。

元栓を開きます

元栓を開いたら、蛇口のハンドルを開閉し、きちんと水が止まるか確認してください。
水漏れが無くなれば終了です。

2ハンドル混合水栓のコマパッキン交換方法

元栓を閉める

屋外の水道の元栓を閉めます。
洗面所等は、下の収納内に2本のパイプと止水バルブが付いている場合があります。
もし、止水バルブがあった場合は、洗面所の水道だけ止める事が出来るので屋外の元栓を閉める必要はありません。
ただし、止水バルブのハンドルが固着して回らない場合は、無理に回そうとせず屋外の元栓で止水を行います。

止水は最新の注意を払って行いましょう

ハンドルを外します

2ハンドル混合水栓は基本、アクリルハンドルを使用しています。
ハンドルを一度取り外さないとスピンドルのナットが外せません。
まずは、ハンドルの上側の青と赤(又はピンク)の化粧キャップをカッターナイフ等で取外します。
化粧キャップが外れたら、中のネジをプラスドライバーでゆるめ、ハンドルを外します。
(まれにマイナスドライバーを使用する場合もあります)
湯水両方のハンドルを外してください。

湯水両方のハンドルを取り外しましょう

スピンドルを取外します

アクリルハンドルが外れたら、次はスピンドルを外します。
2ハンドル混合水栓の場合、スピンドルの止めナットが六角の場合と、そうでない場合があります。
六角ナットの場合は、モンキーレンチを使用し、そうでない場合は、プライヤーを使用し、ナットをゆるめます。
ナットがゆるみ外れたら、一度、アクリルハンドルをスピンドルに取付、時計と逆回しで、スピンドルを蛇口本体から取外します。

古いコマパッキンを取外します

スピンドルを外すと、スピンドル部の下にコマパッキンがくっついてくる場合があります。
蛇口の中にコマパッキンが無ければ、スピンドル下に付いてきますので取外してください。
蛇口の中にコマパッキンがある場合は、ラジオペンチ等でつまんで取出して下さい。

新しいコマパッキンを取付けます

古いコマパッキンを取出したら、新しいコマパッキンを蛇口の中に入れて下さい。

スピンドルをはめます

新しいコマパッキンを蛇口の中に入れたら、スピンドルをはめます。
外した時と逆に時計回りに回して取付けます。
この時もアクリルハンドルを取付て行うと取付けやすいでしょう。

スピンドル止めナットを取付けます

スピンドル止めナットを手で取付けます。
手締めで取付けたら、最後にモンキーレンチがプライヤーでさらに締めて下さい。

※注意
ナットは工具で強く締めすぎないで下さい。
強く締めすぎるとハンドルの周りが固くなります。

ある程度締め、元栓を開いたあとに、ハンドルの付根から水がにじんでこなければ、問題ありません。

アクリルハンドルを取付けます

アクリルハンドルを取付、ネジで固定してください。
ハンドルにぐらつきがなければ、化粧キャップを取付けます。
青キャップは右、赤キャップは左です。
間違いないでください。

化粧キャップの左右を間違えないようにしましょう

元栓を開きます

元栓を開いたら、蛇口のハンドルを開閉して、きちんと水が止まるか確認して下さい。
水漏れが無くなれば終了です。

蛇口のコマパッキン、スピンドル、ハンドルの交換方法を動画で解説!

最後に

以上、単水栓と2ハンドル混合水栓のコマパッキンの交換対処方法をご説明しましたが、水道の蛇口のポタポタ漏れは、コマパッキンを交換すれば、必ず直るわけではありません。
コマパッキン以外にスピンドルの劣化、破損、蛇口本体に劣化、破損がある場合もあります。
水漏れが少しでもある様なら、無理にバルブを締めて、ごまかしごまかし使わず、早めに直す事で余計な修理の料金、そして余計な水道料金をかけずに、パッキンで直せる事を覚えておいて下さい。
しかし、それでも直らない場合は、早めに専門の水道修理業者に相談してみると良いでしょう。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP