メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!

水道修理・工事なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 蛇口・水栓豆知識 >

 超簡単!ハンドル水栓・蛇口の水漏れ修理方法をプロが解説

  • トイレの水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    税込4,200円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    税込7,350円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

※単水栓とはハンドルが一つで水だけ、又はお湯だけが出る蛇口です。

ハンドル・蛇口を止めても水が止まらない

ハンドルを止めても水が止まらず、ずっとポタポタしていたり、糸をひくように出っぱなしになっている症状などがあります。

原因としては、蛇口内部(ハンドル下)に入ってる、ケレップ(コマパッキン)の劣化が考えられます。

ケレップ(コマパッキン)の交換方法

a. まず、元栓を止めます。
(基本元栓は、水道局の方が、使用量を見るメーターの横についています。)
(水が止まっているか、必ず確認をして下さい。)
b. 三角ハンドルの場合、パッキン押えナット(グランドナット)をモンキーレンチで完全にゆるめます。

 

 

アクリルハンドルの場合は、上キャップを外すと、+又は−のネジ(ビス)があるので、ドライバーで外すと、アクリルハンドルが外れます。
c. ハンドルを時計と逆回りにまわしていくと、はずれます。
d. 部品を外したところに入っているケレップ(コマパッキン)を取り出します。

 

 

(中に入っていない場合は、外した部品(給水栓上部)についています。)
e. ケレップを取り出した所に他の異物が入ってないか確認します。
f. 新しいケレップを入れます。
g. c~bを行い、元に戻します。
(パッキン押えナットは、強く締めすぎないで下さい。ハンドルが回りにくくなります。)
h. 元栓を開栓し、水漏れの確認をします。

 

以上、ケレップ(コマパッキン)を交換しても水漏れが治らない場合、スピンドルの交換も併せて行います。
※スピンドルとは、ケレップ(コマパッキン)を押える、ハンドル下の軸棒です。
原因としては、スピンドルネジ部の摩耗により、ケレップを完全に押えることが出来ない場合があります。

スピンドルの交換方法

ケレップ交換時に外したスピンドルを新しい物に交換します。
※スピンドルには、ケレップが一体になっていて、外れない物もあります。寒冷地仕様の蛇口は基本、ケレップとスピンドルは一体型です。
この場合、ケレップのネジを外して、パッキン(ゴム)の部分のみ交換することも可能ですが、ネジが外れない場合が多いので、スピンドルを交換することをおすすめします。

ハンドル・蛇口の根元から水が垂れてくる。

ハンドルの軸(根元)又は、パッキン押えナット(グランドナット)あたりに水がにじんでいたり、にじんで出た水が伝ってぽたぽた落ちてくる。などの症状があります。

原因としては、パッキン押えナット(グランドナット)下の上部パッキン(三角パッキン)の劣化が考えられます。

上部パッキン(三角パッキン)の交換方法

a. まず、元栓を止めます
b. 三角ハンドルの場合、上部のビスをプライヤーで回して外します。
c. 三角ハンドルを外します。
アクリルハンドルの場合は、上のキャップを外すと+又は-のネジ(ビス)があるので、ドライバーで外すと、アクリルハンドルが外れます。

 

 

d. パッキン押えナット(グランドナット)をモンキーレンチでゆるめ、外します。
e. 上部パッキン(三角パッキン)を外します。
※パッキン押えナット(グランドナット)を外した時に、上部パッキンが無い場合は、ナット側にくっついているので、取り外してください。
※又、この時パッキンにパッキン受(金属の板)がくっついている場合は、取り外して軸棒(スピンドル)に戻してください。
f. 新しい上部パッキン(三角パッキン)を取り付けます。
g. d~bを行い、元に戻します。
(パッキン押えナットは強く締めすぎないで下さい。ハンドルが回りにくくなります。)
h. 元栓を開栓し、水漏れの確認をします。

水が出るパイプの根元から水が垂れてくる

水が出るパイプ(ニップル又はスパウト)の根元あたりから水がにじみ出し、ぽたぽた落ちてくるなどの症状があります。

原因としては、パイプ根元中に取り付けられているパイプパッキンの劣化が考えられます。
又、パイプの根元、もしくはそれより本体中に入っている部品で、パイプ自体が破損している場合も有ります。パイプ自体破損の場合はパイプを交換します。

パイプパッキンの交換方法。

a. 元栓は閉めなくても交換できます。
b. パイプの根元のパッキン押えナットをモンキーレンチで緩めて外します。
※この時、モンキーレンチを持たない反対の手で、蛇口をしっかり持って押さえます。
c. ナットが外れたら、パイプを本体から外します。この時、パイプパッキンはパイプについてくるか、本体取り付け部に残っているかどちらかです。
d. パッキンを取り外します。
e. 新しいパッキンを、蛇口本体側に取り付けてください。
f. パイプを差し込み戻します。
g. bを行い元に戻します。
h. ハンドルを回し水を出し、水漏れの確認をします。

 

 

2ハンドル混合水栓の水漏れ時

※2ハンドル混合水栓とは、水とお湯のバルブが2つ付いた蛇口です。

ハンドルを止めても水が止まらない。

ハンドルを止めても水が止まらず、ずっとポタポタしていたり、糸をひくように出っ放しになっている症状などがあります。

原因としては、単水栓と同様にケレップ(コマパッキン)の劣化が考えられます。
※一部、専用部品(開閉バルブ)を使用している蛇口があります。その場合、ケレップ交換が出来ない場合もあります。

ケレップ(コマパッキン)の交換方法

a. 元栓を止めます。
b. 混合水栓は、アクリルハンドル又は樹脂ハンドルのものが多いですが、ケレップ(コマパッキン)の交換は、基本単水栓と同じ手順で行ってください。
※基本、水、お湯のバルブとも、ケレップ(コマパッキン)交換をすることをお勧めします。

以上、ケレップ(コマパッキン)を交換しても水漏れが直らない場合、スピンドルの交換も併せて行います。

原因としては、単水栓同様にスピンドルネジ部の摩耗により、ケレップを完全に押えることが出来ない場合があります。

スピンドルの交換方法

a. 単水栓の場合と同様に行います。
※2ハンドル混合水栓も単水栓と同様に、寒冷地仕様の場合、スピンドルとケレップが一体で外れない物もあります。
※2ハンドル混合水栓の場合、スピンドルのタイプ(型)はいくつか種類がありますので、必ずメーカー名(わかれば水栓の品番も)や形状を確認してから部品を用意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【動画で解説!】蛇口のコマパッキン、スピンドル、ハンドルの交換

壁に取り付いてある蛇口の後側より、ポタポタ水が垂れている。


蛇口本体の後側から壁までをつないでいる部品を偏心管(取り付け脚、ソケット→メーカーによって呼名は様々です)といいます。本体と偏心管をつないでいる部分のナットから水がにじんできたり、ポタポタ落ちてきたりする症状があります。
原因としては、ナット部に取り付けられている偏心管パッキンの劣化が考えられます。

 

 

 

偏心管パッキンの交換方法

基本的に、偏心管パッキンの交換をする場合、壁から出ている「八の字」の偏心管本体が少しでも動いてしまうと、壁の中で漏水する危険性があります。又、固くて動かないナットを無理に回そうとすると同様の危険性がありますので、くれぐれもご注意ください。
a. 元栓を止めます。
(水が出ないことを確認してください。)
b. 左右両方のナットをモンキーレンチを使用し交互に少しずつゆるめて本体を外します。
c. 接続部の古いパッキンをきれいに取り除いて下さい。古いパッキンが残ったまま新しいパッキンを取り付けると、漏水する場合があります。
d. 新しいパッキンを綺麗な水に濡らして取り付けてください。
e. ナットは、取り外しの時と同様に左右交互に少しずつ締めていきます。
くれぐれも、八の字の脚本体が動かないように行います。
f. 取り付けが終わりましたら、元栓を開いて水漏れの確認をします。

【動画で解説!】蛇口の偏芯管パッキンの交換

ハンドル・蛇口の根元から水が垂れてくる。

ハンドルの下側から水が出てくるように見える場合、ハンドルの根元より漏れている症状があります。壁に取り付けてある蛇口は、ポタポタ落ちてきてわかりやすいのですが、台の上に取り付けてある蛇口の場合わかりにくいので、タオルで蛇口周りの水をふき取ってから、ハンドルの開閉をして確認を行って下さい。

原因は、単水栓と同様に、パッキン押えナット下の上部パッキン(三角パッキン)の劣化が考えられます。
※一部、専用部品(開閉バルブ)を使用している蛇口があります。その場合、上部パッキンを使用していない場合もあります。

上部パッキン(三角パッキン)の交換方法

a. 元栓を止めます。
b. 混合水栓は、アクリルハンドル又は樹脂ハンドルの物が多いですが、上部パッキンの交換は、基本単水栓と同じ手順で行います。
※パッキン押えナットは、モンキーレンチ又はプライヤーで緩めて下さい。
※パッキン押えナットの締めすぎにはご注意下さい。

水が出るパイプの根元から水が垂れている。

症状、原因、修理方法は、単水栓の場合とほぼ同じです。
※混合水栓の場合、パイプの太さが何種類かあり、パッキンのサイズも違うのでご注意ください。
※混合水栓のパイプには先端に、白又はグレー等のキャップ(断熱キャップ)がついているものがあり、キャップの破損により水漏れ(仕様時のみ)する場合も有ります。断熱キャップは、先込式、ネジ止め式などありますが、同じものでなければ取り付けできませんので、ご注意下さい。

【動画で解説!】蛇口のスパウト(吐水パイプ)パッキンの交換

続いては、シングルレバー混合水栓の水漏れ原因と修理方法をご説明します。

※シングルレバー混合水栓とは、レバーハンドルの上下で水を出したり止めたり、レバーハンドルを左右に動かすことによってお湯にしたり水にしたりできる蛇口です。

レバーを下げても水が止まらない。(上吐水蛇口)

レバーを下げても水が止まらず、ずっとポタポタしていたり、糸をひくように出っ放しになっている症状があります。
(下吐水蛇口は、レバーを上げても水が止まらない)
※現在、生産販売されている蛇口は、上吐水ですが、古い型では下吐水の蛇口もあります。

原因は主に、レバーハンドルの下に内蔵されているカートリッジの不良と考えられます。
※カートリッジの不良の場合は、カートリッジを交換します。
※カートリッジは各メーカーいろいろな種類がありますが、基本同じものに交換します。
カートリッジを用意する時は、蛇口の品番を確認してからその蛇口に適合するものをご用意ください。

カートリッジの交換方法

1.まず止水栓又は元栓を閉めます。
作業に入る前に必ず、水が止まっているか確認して下さい。

止水栓は流し台下の収納扉を開けると付いている場合もあります。
元栓は水道局の方が使用量を見るメーターの横についています。

万が一、止水栓が固くて回らない、動かない場合、無理に回そうとせずに元栓で閉めて下さい。

2.レバーハンドルを外します。
※レバーハンドルはネジ止め式の物と、はめ込み式の物があります。

・ネジ止め式について
レバー正面もしくは上部に化粧フタ(キャップ)がついてますので、精密マイナスドライバーやカッターなどでキズをつけない様に外して下さい。
中に+、-又は六角のネジがあります。
ネジを外すとレバーが外れます。
化粧フタが無い場合、レバー正面、もしくは後ろ側にU字の切込みがあります。
見えづらければライトで中を覗くと+、-又は六角ネジがあります。
ネジを外すとレバーが外れます。

・はめ込み式について
レバーハンドルに化粧フタもU字の切込みも無い場合は、はめ込み式レバーハンドルです。
片手で本体を押さえ、もう一方の手でレバーを上からつかみ強めに引き上げるとレバーが外れます。

3.カートリッジカバーを外します。
カートリッジカバーは基本、モーターレンチを使用し外します。
また、最近の蛇口では、工具を使用せずに、カートリッジカバーガイド(白丸で樹脂製の部品)を外すと、カートリッジカバーが手回しで外れる物もあります。

注意点は、本体部分が一緒に回ってしまうと外せません。
また、本体部が回らない様に本体を固定する専用の固定具が使える蛇口がありますので必ず固定具を使用して下さい。
TOTOやKVKなどは、土台を固定する専用固定具を用意しています。
その他のメーカーなど土台が動いてしまう場合、給水管のネジレ、外れ等で漏水する場合がありますので絶対に無理には、行わないで下さい。

※最近、食器洗浄機を設置するために分岐栓を、ご自分で取り付ける方もいらっしゃいますが、カートリッジを取り出す所は一緒ですが、取り外し、取り付時に水栓が本体ごと回ってしまうと、前記の様に漏水をしてしまう場合がありますので、くれぐれも無理はなさらない様にお願いいたします。

4.古いカートリッジを取り外します。
古いカートリッジを外した時、基本はカートリッジパッキンがカートリッジの底面についていますが、まれに土台部分についている時がありますので、土台部分に黒いゴム(パッキン)がついている時は必ず取り除いて下さい。

5.新しいカートリッジを取り付けます。
取付る際は必ず古いカートリッジと同じ向きで取付て下さい。

6.カートリッジカバーを戻します。
カートリッジカバーは手回しで取り付け、最後に工具で締めて下さい。
カートリッジカバーガイドが付いていた場合は元の位置に戻して下さい。

7.レバーハンドルを取り付けます。
ネジ止め式もはめ込み式も取付たら必ずレバーハンドルが外れないか確認して下さい。

レバーハンドルが外れてしまう場合、止めビスが外れてしまうか、ワンタッチ止めが摩耗して外れやすくなってしまうか、固定部が破損してしまう、等の症状があります。
※前記しました様に、レバーハンドルはネジ止め式の物と、はめ込み式(ワンタッチ式)の物があります。
※基本、交換は同じ物で行います。
※ワンタッチ止めが摩耗している場合は、カートリッジを合わせ交換しなければならない場合もありますので、ご注意下さい。
※ネジ止め式の物は、ネジ止めの位置が上部の物と横止めの物があります。
又、ネジ止めは、+(プラス)、-(マイナス)ネジか、六角ネジの場合もあります。

8.止水栓又は元栓を開いて、水漏れの確認を行って下さい。
この時、給水、給湯取り付け部の漏水確認も行って下さい。(流し台下の収納扉の中にあれば)

本体(胴体)から水が漏れている

※台付ワンホールシングルレバー混合水栓の場合

蛇口の本体(胴体)部分から水漏れしている場合、原因はカートリッジ不良もしくは胴体Uパッキンの劣化が考えられます。

カートリッジの交換方法

※カートリッジの交換方法は前記の【レバーを下げても水が止まらない。(上吐水蛇口)】と同様に行って下さい。

胴体U字パッキンの交換方法

カートリッジを交換しても本体(胴体)からの水漏れが直らなかった場合は、胴体U字パッキンを交換します。

1.レバーハンドル、カートリッジカバー、カートリッジカバーガイド、カートリッジの順で外します。
※前記の1~4までは同じです。

2.スパウト部を外します。
古いカートリッジを外したら、スパウト部を上に引き上げて外します。

3.古いパッキンを外します。
胴体部の二ヶ所にUパッキンがとり付けてあります。
そのパッキンを二ヶ所とも取り外します。

4.新しいパッキンを取り付けます。
新しいパッキンを同じ様に取付ます。
パッキンにキズを付けないようにゆっくり丁寧に行なって下さい。

5.スパウト部を取付ます。
スパウト部を戻します。
無理に取付るとパッキンにキズがついたり、よじれて外れたりしますのでゆっくり、慎重に行なって下さい

6.カートリッジ、カートリッジカバーガイド、カートリッジカバー、レバーハンドルの順で取付ます。
※前記の5~8までと同じです。

※止水栓又は元栓を開けた後の水漏れ確認は必ず行なって下さい。

最後に、一般的な水漏れの症状、原因、修理方法をご紹介しましたが、蛇口のタイプが合わない、ナット等が固くて回らない、部品が外せない、手順通りに行ったが直らない、等々ありましたら、無理をせずに専用の水道業者へご相談下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP