メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 蛇口・水栓豆知識 >

 蛇口の水漏れは自分で簡単に修理!水漏れの原因と直し方

  • トイレの水漏れ・詰まり

    トイレの水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    蛇口の水漏れ4,000円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    台所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    風呂の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    洗面所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    配管の水漏れ・詰まり7,000円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水対策漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    漏水対策悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

蛇口の水漏れの原因と簡単修理方法

蛇口から水がチョロチョロともれてしまう水漏れ。
家庭にある水道の故障で一番多いのがこの蛇口の故障といわれています。
この蛇口の故障、そのまま放っておくと水道代もかかってしまうのでできるだけ早く修理する必要があります。
もしも直し方が分かるのであれば、すぐにでも自分で修理したいところです。
では実際に自分で簡単に蛇口の修理をする方法をご紹介します。

蛇口の水漏れパターンと原因

蛇口といってもひとつだけのタイプとは限りません。基本的には2パターンの蛇口があります。
ひとつは最近の住宅などでは一般的となったシングルレバー混合水栓と呼ばれる蛇口。
もうひとつは昔からあるタイプの蛇口で2つのハンドルが備わっているのが特徴となるハンドル混合水栓になります。

ハンドル混合水栓とは古い建物や住宅でよく見かけることができる蛇口のタイプになります。
ハンドル部分が2つに分かれており、温水、冷水と両方のハンドルがあるのが特徴で、どちらかを使うときは片方のハンドルを回して、お湯や水を出します。

冷水だけでよければもう片方だけをひねって水を出すといった蛇口です。
このハンドルのメリットとしては中の構造が比較的、単純な構造となっているため故障などをすると修理がしやすいといったところになります。

まずは、どちらのタイプの蛇口が自宅にあるのか確認しておきましょう。

シングルレバー混合水栓のレバー元からの水漏れ

まずは最近の住宅では多く採用されているシングルレバー混合水栓の水漏れについて説明します。
このシングルレバーの本体からの水漏れは一番多い水漏れのタイプになります。
この水漏れの原因はひとつのレバーでお湯を出したり水を出したりなどの動かす動作が多く、消耗の多い箇所になるためです。
それゆえ長年の使用でこの中の部品に何かしらのダメージが加わってしまうことで水漏れとなってしまいます。
そのためその中核となるカートリッジという中の部品を取り替えないといけません。
カートリッジは消耗品です。

シングルレバー混合水栓のレバー胴体周りからの水漏れ

蛇口から水を流しているときや止めているときにも、このシングルレバー胴体からも水が漏れてしまうことがあります。
このような水漏れの原因としてもカートリッジの不具合になります。
長年の使用による劣化で、カートリッジの不具合が起き、水漏れが起こってしまっているといった状況が考えられます。

しかし、このカートリッジを交換しても水漏れが直らない場合があります。
その場合はそ水栓本体を新品に交換しないといけません。

シングルレバー混合水栓の吐水口からの水漏れ

水を止めるように、レバーを元に位置に戻したにもかかわらず、水がポタポタと落ちてしまうような水漏れ。
この場合の原因として考えられるのもカートリッジのダメージや故障になります。
カートリッジを取り替えてあげれば水漏れも解決できます。

ハンドル混合水栓のハンドル根元からの水漏れ

続いて、ハンドル混合水栓の水漏れについてです。
ハンドル部分は蛇口全体の中でも日常的によく使われている部分になります。そのため摩擦が多い箇所でもあります。
長年使用していると摩擦する回数も増えていくので、蛇口に使われている部品のパーツであるパッキンと呼ばれるところに負荷がかかり隙間ができてしまうことで水漏れにつながってしまうのです。
そのため、そのパッキンを交換してあげる必要があるのです。
またその他の原因として考えられるのは蛇口下にあるナットの緩みです。
このナットと呼ばれる金具が緩んでいると同様に水漏れの原因となります。

ハンドル混合水栓の吐水口からの水漏れ

しっかりと蛇口を閉めたはずなのに、吐水口からポタポタ水が漏れてしまっている。
このようなケースの水漏れもあります。
この場合原因となるのは同様に劣化や摩擦によるパッキンやスピンドルの劣化によるものです。

吐水口からの水漏れは、いわば蛇口が完全に閉まりきってないために生じている水漏れになります。
その原因となるのはコマパッキンでありパッキンに隙間が出来てしまうことで水漏れが発生してしまいます。
そのため、このコマパッキンを交換する必要があります。

ハンドル混合水栓の接続部からの水漏れ

本体との接続部である箇所からの水漏れが発生してしまうこともあります。
この部分からの水漏れしている場合はパッキンや他の部品の劣化のほかナットの緩みが原因です。
まずはナットを締めなおしてみて様子をみて、それでも水漏れが発生してしまうようであればパッキンを取り替る必要があります。

シングルレバー混合水栓の水漏れ修理:バルブカートリッジの交換方法

近ごろの蛇口のタイプで非常に多いのがシングルレバー混合水栓になります。
この蛇口の水漏れの原因となるのはカートリッジになりますので、このカートリッジを新しいものに交換することで水漏れが解決できるでしょう。では実際に自分で交換する方法について説明していきます。
また事前に準備が必要なパーツや工具がありますので、ホームセンターにいってそろえておきましょう。

用意するもの

・カートリッジ
・六角棒レンチ
・モーターレンチ
・プラスドライバー
・シングルレバー水栓専用固定具

 

*カートリッジにはいろいろな種類があります。
蛇口によって取り付けるものはそれぞれちがいますので、ご使用の蛇口の品番から適合するカートリッジを調べ、ご用意下さい。
ホームセンターに全てがそろっているわけではないので、ご注意下さい。

止水栓を閉めます

では実際に自分で修理を開始していきます。
まずは作業に入る前に必ず行う必要があるのが止水栓を閉めることです。

レバーを外します

一般的なシングルレバーであればレバー中央部分に温水&冷水のマークのようなものがあります。
そのインデックスを取り外します。細い金具を使えば簡単にそのマークが外せます。
そして六角棒レンチを差し込んで回転させ外しします。レバーを持ち上げ取り外せます。

六角レンチのサイズは蛇口によって異なります。

カバーを取り外します

続いて、レバーの胴体を固定するために、台付きシングルレバーカートリッジ専用取外し工具を胴体の下にある穴に差し込んで固定します。
この胴体が、固定できずに動いてしまうと修理困難な状態になってしまうので、必ず固定した上で作業を行ってください。
胴体部分が回らないように注意しながら、モーターレンチをつかって回すと胴体の中核となるバルブカートリッジが入ったカバーとなるパーツが外せます。

カバーは固着していると簡単にはまわりません。
無理に回そうとすれば、水栓を破損したり階下への漏水につながる事もあります。
ご自分での作業が無理な時は専門の水道業者にご相談下さい。

古いバルブカートリッジを取り外します

胴体の中核となるバルブカートリッジが入ったカバーパーツが無事に外れたら、そのカバーパーツの中に古いバルブカートリッジが入っていますので取り外します。

新しいバルブカートリッジに取り替えます

古いバルブカートリッジをカバーパーツから外した状態にしたら、新しいバルブカートリッジを直接シングルレバー蛇口本体の上に置きます。
このとき凹凸がある方を上にした状態で置きます。
そして、カバーとなる胴体部分のパーツを被せます。

カバーを戻した後、ハンドルを戻します

カバーとなる胴体部分のパーツを被せたら手で軽く回します。
回し終わったらモーターレンチを使って、しっかりと締めます。
ここで注意してほしいのは戻していくときも、台付きシングルレバーカートリッジ取外し工具で胴体部分を固定したままプライヤーで締めることです。

そして最後にレバーをはめ込んでネジ止めし温水、冷水マークのインデックスを取り付けたら完了となります。

止水栓を開けます

最後に止水栓を開けるのを忘れないようしましょう。
そして、シングルレバーを動かして水漏れしていないか最終確認します。
ここで問題がなければ修理完了となります。

ハンドル混合水栓の水漏れ修理:パッキンの交換方法

ハンドル混合水栓からの水漏れは、主に蛇口内部の部品であるパッキンが原因になるので、この部品となるパーツを交換して元通りに戻してあげることで以前の正常な蛇口に戻ってくれるかもしれません。
修理の際に注意が必要な点でいえば、パッキンやゴマパッキンはサイズがあるので必ずどのサイズなのかを確認する必要があります。
一番よい方法は実際に蛇口を分解してパッキン、ゴマパッキンを取り出し同じサイズを探すことです。

スピンドルは蛇口の中にある部品パーツになります。
必ず交換しないといけない訳ではないのですが古くなって劣化してしまっているようであれば、交換しておくとよいでしょう。

用意するもの

・三角パッキン
・コマパッキン
・スピンドル(仮)
・プラスドライバー
・マイナスドライバー
・モンキーレンチ

止水栓を閉めます

では実際に自分で修理を開始していきます。
まずは作業に入る前に必ず行う必要があるのが止水栓を閉めることです。

カバーを外します

では実際に蛇口の分解をしていきます。
ドライバーを使ってハンドルのカラーキャップを外します。
ハンドル混合水栓は赤と青のハンドルが2つあるのが基本的な蛇口になりますので、それぞれキャップ部分の上に赤と青の印があるのでそこをマイナスドライバーで取り除きます。
そうするとキャップの中にネジが見えてきますのでプラスドライバーでネジをまわします。
ネジが緩んだらハンドルが外れます。

ナットを取り外します

ハンドルがとれるとナットが見えてきます。
そして今度はモンキーレンチをつかってナットを緩めます。
ある程度ナットが緩んだら手で回して外せるようになりますので、手で回して取り外します。

三角パッキンを取り外します

古い三角パッキンが見えてきますので、そのパッキンを取り外します。

スピンドルを取り外します

古いスピンドルをプライヤーで緩めながら取り外します。
また、その際に座金もついていますのでそれも同じく取り外します。

新しいスピンドルに交換します

古いスピンドルが劣化しているようであれば、新しいスピンドルに交換します。
新しいスピンドルを蛇口本体に取り付けます。
そして、取り外した座金も元通りに取り付けます。

新しい三角パッキンに交換します

古いパッキンは処分し、新しく購入したパッキンをスピンドルの上に被せるように取り付けます。

ナットをしめます

ナットを取り付けたら、ある程度まで手でクルクル回します。
そしてモンキーレンチを使って、しっかりと締めます。
このとき注意してほしいポイントは、あまりにきつくナットを締めてしまうとハンドルが回らなくなってしまうことがあるのでご注意下さい。

ハンドルを取り付けます

ハンドルキャップを被せます。
そしてプラスドライバーを使ってネジ止めします。

止水栓を開けます

最後は閉めていた止水栓を開けて、実際に蛇口をひねって水を出します。
そして、水漏れしていないか確認します。
ここで問題がなければ無事に完了となります。

蛇口のコマパッキン、スピンドル、ハンドルの交換方法を動画で解説

まとめ

蛇口の水漏れを自分で修理するのであれば、まずは蛇口がハンドル混合水栓かシングルレバー混合水栓かを確認した上で必要なものを揃えて修理作業を行いましょう。
ただし、作業に関しては決して無理はしないで下さい。無理をして行いはじめの水漏れよりひどい状況になってしまえば結局水道業者に頼まなければならなくなってしまいます。
そして費用も最初状況よりも間違いなく高くなってしまうでしょう。
ご自分で難しいと判断したときは専門の水道業者にご相談下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP