メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 水漏れ豆知識 >

 自分でできる排水の水漏れの直し方!水漏れでパニックにはもうならない!

  • トイレの水漏れ・詰まり

    トイレの水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    蛇口の水漏れ4,000円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    台所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    風呂の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    洗面所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    配管の水漏れ・詰まり7,000円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水対策漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    漏水対策悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

キッチンの排水から水漏れが起きると、様々な被害拡大にパニックになってしまいがちです。
そこで、「これくらいなら自分で直せるかも」、一方で「緊急性が高いからすぐ業者に連絡」、といった見極め方を知っておくと便利です。
水漏れを自分で直すためには、以下が重要なポイントになります。

  • 排水管の構造を知ること
  • 構造上水漏れが起こりやすい箇所を知っておくこと
  • 排水トラップやホースの交換方法
  • 自分で水漏れ修理を行う注意事項やリスク

今回の記事では排水の水漏れしやすい場所と、修理手順についてまとめています。
またプロではない人が水漏れ修理をする上で知って起きたい注意点やリスクを解説します。
どこから水漏れしているかで行う対応が違ってくるので注意しましょう。

自分でできる排水の水漏れの直し方

水漏れには色々な原因があり、部品を取り替えれば解決するものや緩みを締め直すことで改善できるもの、洗浄によって詰まりが開通すれば水漏れしなくなるものなどがあります。

明らかに素人ではどうすることもできない水漏れではない場合、チェックするポイントを押さえておけば、いざという時の水漏れトラブルの対処法にもなりますし、長期連休や混雑などで業者が見つからない場合の応急処置にもなります。

住まいる水道
住まいる水道
水漏れの種類と対処法を知って、水漏れのパニックに備えましょう!

排水の水漏れトラブルの事例と原因

流し台からの水漏れはどこから?原因は?

まずはシンクの下の構造を見てみましょう

台所のシンクの下は引き戸や引き出しになっていることが多く、調理道具や調味料を置くスペースとして活用できるようになっています。
排水の水漏れトラブルに対処する、または水道工事の業者を呼ぶにあたり、まずはこのシンクの下を片付けて扉や引き出しを取り外しておくようにします。

シンクの下には排水の配管と給水給湯の配管が設置されております。
どの栓がどの役割をしていて、どのネジを締めるとどこが止まるのかなどを知っておくと、部品の交換や修理の際に役に立ちます。

そしてシンクを開けた状態で蛇口から水を流してみた時に、どの部分から水漏れがあるのかを確認しておきます。

排水トラップのパッキンの劣化もしくはナットの緩みによる水漏れ

シンクの排水はまず、排水トラップという深めのバケツ状の接続部分に流れてきます。
この排水トラップはシンクにネジのように取り付けられているので、通常はその隙間から水が漏れ出て来ないようにゴム製のパッキンが取り付けられています。

しかしゴムという特性上、長年使用していると経年劣化しますのでパッキンが硬くなって亀裂が入ったり縮んだりすると水漏れが起こるようになります.

住まいる水道
住まいる水道
取り替えの目安としては、10年~15年ほどでパッキンが劣化すると言われています。

しかし長らく使用しない時期があって乾燥していたり、寒冷地でゴムの伸縮性が落ちていたりすると、その年数よりも早く劣化することがあります。
この排水トラップを止めているナットの緩んでいるだけでも水漏れは起こります。

排水トラップと下水管を繋ぐ排水パイプの接続不良による水漏れ

シンクから排水トラップの間で問題がないことが確認できたら、次に繋がるのは排水蛇腹ホース(排水パイプ)の接続部分の不良による水漏れです。

このホース、もしくはパイプがどのような材質でできているかによって、接続に使われている部品も違っていますが、多くの場合樹脂製のナットで固定してあることがほとんどです。

このナットを止める部分にも必ずパッキンが使われていますので、それらのパッキンが劣化するころ、ナットに緩みが生じて接続が緩み水漏れの原因となります。

排水ホース自体の風化や劣化による水漏れ

蛇腹排水ホースの交換方法

時には排水管へ繋がる排水ホース自体に亀裂が入って水漏れすることがあります。
見るからにホースが割れている、亀裂が入っている、蛇腹の途中で水漏れしているなどの症状がこれにあたります。

排水ホースを取り替えれば水漏れが収まることもありますので、長さと径に気をつけてホームセンターなどで間違いのないように新しいものを購入しましょう。

排水ホースと床下の下水管へ繋がる接続部分のトラブルによる水漏れ

排水ホースと下水管が接続される部分は、ナットなどでしっかり固定されておらず防臭ゴムというものを取り付けて通してあるだけの単純な構造になっている場合があります。

このような構造の場合、シンクの下を収納棚として使用している最中に防臭ゴムが外れてしまい、排水ホースが動いて下水管に排水が流れていかずに水漏れの原因となることもあります。

防臭ゴムではなく、排水管ともナットで固定されているような構造であれば、排水ホースが外れてしまうというアクシデントは防ぐことができます。
しかし、住宅の建てられた年代や地域によっては手法が違いますが、

防臭ゴムによって排水ホースが接続されている場合はシンク下でホースが押されるほど物を入れないようにするのも水漏れの予防になります。

排水トラップが原因の水漏れの修理手順

トラップパイプの交換方法

  1. 排水トラップのナットを締め直してみる
  2. ナットを右回りに手で回してみた時に動くようでしたら、緩みによって水漏れが起きていることがわかります。
    この際、手で締め直すだけではまた緩んでくる可能性がありますので、レンチ上の専用工具を使うとしっかりと締まります。

    このナットを締めても漏れ続ける、またはすぐに緩んでくる時はパッキンが劣化もしくは排水トラップが破損していることが原因と思われます。
    ここまでの作業で水漏れがおさまれば以上で終わりです。

  3. 排水トラップのナットを取り外す
  4. ナットの緩みが原因の水漏れではない場合、シンクと繋がっている方のナットを左回りに緩めて、排水トラップを取り外します。

    この際にシンクに残った多少の水が垂れてくることがありますので、雑巾などを敷いておきましょう。
    長年接続されたままの排水トラップは取り外すのにかなり固いことがありますので、挟んで回す工具を利用する方法も良いでしょう。

  5. 排水パイプもしくはホースに繋がっている方のナットも外す
  6. 下のナットも緩めると排水トラップを取り外すことができます。
    シンクから下に引いて取り出すのではなく、シンクから持ち上げるように取り外すのがコツです。

  7. パッキンを取り替える
  8. 排水トラップを丸ごと取り外すと、シンクとの接続部分にパッキンの存在を確認することができるでしょう。
    排水トラップのパッキンのサイズは一般的に3種類ですので、円の直径の長さを計っておくと新しいものを購入する時にスムーズです。
    隙間の無いようにパッキンを取り付けます。

  9. 排水トラップを元に戻す
  10. 以上の手順を復元しながら排水トラップをシンクの上からはめてナットを締めれば、パッキンの取り換えおよびナットの締め直しは完了します。

動画で解説!洗面所排水Sトラップ交換手順方法

排水パイプもしくはホースとの接続不良が原因の水漏れ修理手順

  1. 排水トラップと排水パイプの接続部分のナットを締め直す
  2. 排水トラップとシンクの接続部分のナットが緩んでいる時の水漏れと同様に、排水パイプの接続ナットが緩んでいる水漏れは、締め直すだけで直ることがあります。
    ナットを締め直しても水漏れが収まらない場合、パッキンの劣化が考えられます。

  3. ナットを外してパッキンを確認する
  4. パッキンに劣化が見られる場合、排水パイプのナットとパッキンは一体になっています。
    ナットのパッキンを交換する場合は下記の工程を参考にナットと排水蛇腹ホースを交換します。

排水ホースの水漏れ確認と対処方法

排水ホースの破損や劣化が原因の水漏れ修理手順

排水ホースのナットを緩めて取り外す手順でホースを新しいものに取り替える。
排水ホースは、排水トラップや排水パイプを取り外すよりも簡単な作業で行うことができます。
排水ホースが下水管口に差し込まれているだけのタイプか、床下の下水管口にナットで固定されているかによる違いはありますが、常に接続部分を緩めて取り外す基本は変わりません。
取り替えて、元通りに復元すれば完了です。
出来れば防臭ゴムも併せて交換すると良いでしょう。

排水ホースが排水管から外れていることが原因の水漏れ修理手順

排水ホースが何らかの理由で排水管からずれてしまっていることが考えられます。
防臭ゴムや防臭カバーと一緒に差し込み直すことで、排水ホースと排水管を繋ぐことができます。

自分で簡単に直せる部分というのは、裏を返せば外れやすい部分でもありますので、排水管の周りには物を置かないようにすることで、排水ホースのズレを防ぐことができます。

住まいる水道
住まいる水道
台所付近で悪臭を感じたら、まずこの差し込み部分を疑い、確認して下さい。
防臭ゴムがずれていればそこから下水の臭気が漏れてきます。

自分で排水の水漏れ修理を行う際の注意事項とリスク

新しくするパッキンや部品のサイズを間違えない

パッキンを取り替える際に特に気をつけたいのが、確実にその部品に合ったサイズのものかどうかという点です。
サイズが違う物を無理に取り付けても水漏れはおさまりませんし、その買い直したものが無駄になってしまいます。

シンクの下からではなく明らかに床から水漏れしている時

シンクの下のそれぞれのパーツを確認してもそこに水漏れがなく、原因が他のところにある場合、自分で修理を行うのが無理な場所もあります。

床に水が垂れてくるわけではなく、床からしみ出してくるような水漏れの場合は、階下やその他の居住空間にも影響が出てしまいますので、早めに専門の水道業者に連絡をしましょう。

排水ではなく、止水栓や給水給湯管又は水栓本体から水漏れしている時は慎重に

給水・給湯管接続パッキン交換方法

万一、排水ではなく止水栓や給水給湯管又は水栓本体から水漏れが起こっている時は自分で直そうとして、かえって悪化することもあります。
排水の水漏れよりも給水の水漏れは、勢いよくドバドバと漏れ出してしまう危険性もあります。
また、あっと言う間に水は階下へ行ってしまいます。
まずは急ぎ元栓を閉めて下さい。

お客様
お客様
水漏れしている場所によっては自分で直そうとせずに、水道業者さんに連絡した方がよさそうね。
はい、無理に直そうとすることで被害が拡大する場合があります。
まずは、落ち着いて、どこから水漏れしているかを判断し、水道業者さんにご相談ください。
住まいる水道
住まいる水道

最後に

シンクから下の水漏れで考えられる原因と対処法についてお話してきました。
シンクから下には排水トラップ、排水パイプ、排水ホース、下水管が繋がっており、それぞれの接続部分にはナットとパッキンがあることを理解するのが重要です。

水漏れがこれらのどの段階で起きているのかを見極めて、修復するだけで水漏れがおさまるのか、部品やパッキンを取り替えなければならないのかなどを判断していきます。

しかし台所回りの水漏れは原因が一つに絞れないことも多く、給水と排水の配管によっては、なかなかわからないことも多いものです。
自分で修理しても改善しない、手順通りにできないときは、決して無理をせずに専門の水道業者にご相談下さい。

よくあるご質問

Q

排水からの水漏れの直し方は、台所や洗面所でも同じようにできますか?

A
台所と洗面所では、使用してる排水パイプが違うので直し方も違います。しかし、どちらのパイプも直し方さえわかればご自身でも交換は可能でしょう。例えば台所であれば、蛇腹ホースからの水漏れであれば、ホームセンター等で購入し交換する事ができます。また洗面所であれば樹脂製の排水Sトラップの様な排水管を一部交換し、水漏れを直す事も出来るでしょう。
Q

台所で足元から水漏れしてパニックになりましたが直せるんでしょうか?

A
まずは原因を特定する事です。洗い物をしている時に足元へ水が流れ出してきたのであれば、排水からの水漏れと考えるのが一般的でしょう。常に水が流れ続けているのであれば、給水からの水漏れも疑わなければなりませんが、洗い物をしている時だけなら恐らく排水が原因でしょう。また、同じ排水でも排水管詰まりによる逆流による水漏れの可能性もありますのでよく確認すると良いでしょう。
Q

屋外での排水の水漏れでも自分でできる修理方法はありますか?

A
屋外の排水管からの水漏れの場合、露出している管でも埋設している管でも、ご自分で簡単に直すのは難しいかもしれません。雨樋の様な雨水管であれば、完全に固定されていない場合もありますので、簡単に補修する事ができる場合もあります。また雑排水用の排水管であれば、汚水管の様に太くはありませんので、一部補修するくらいなら可能かもしれません。
Q

家が古いと排水の水漏れが起こる事は多くなりますか?

A
これは排水に限らず水道トラブル全般において言える事ですが、家が古いからと言って必ずしも水漏れが多いとは限りません。築20年以上経過して初めて水漏れが起こるお宅もあれば、築10年も経っていないのに水漏れが起こるお宅もございます。排水の水漏れは、何かの衝撃や外圧によって破損して起こる場合や排水管がつまって逆流し溢れて水漏れが発生する事もありますので、必ずしも古いだけが原因ではないのです。
その他のよくあるご質問を見る
料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP