メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 トイレ豆知識 >

 トイレ水漏れ!?タンクからチョロチョロ音が・・水道代大丈夫??

  • トイレの水漏れ・詰まり

    トイレの水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    蛇口の水漏れ4,000円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    台所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    風呂の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    洗面所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    配管の水漏れ・詰まり7,000円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水対策漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    漏水対策悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

トイレの水を流すとタンクに水がたまるまでの間、チョロチョロと音がします。
しかしこの音が水を流していないのに起きた場合は、タンクの部品の故障が考えられます。
少しなら良いかと放置していると水道代が上がる可能性があるので、自分で故障箇所を確認してみましょう。
トイレタンクの不具合で考えられる原因は以下があります。

  • ボールタップの不具合
  • ダイヤフラム式ボールタップの不具合
  • フロートバルブの不具合

上記の部品はどれも消耗品なので、いつ不具合が起きてもおかしくはありません。
そのため交換方法について解説するので、交換する時の参考にしてください。
尚、フロートバルブを交換してもチョロチョロ音が直らない場合、サイフォン管やタンク自体の不良が考えられます。
その場合は水道業者に直してもらいましょう。

目次

トイレタンクからチョロチョロ水漏れの音がしたら・・・

トイレタンクからチョロチョロと水漏れの音がしたらどうしますか?

「トイレで座っていると、背中ごしにチョロチョロ水の音が…」

これってけっこう、皆さん経験されていますよね。

これは水漏れだけではなく、トイレの水を流してタンクに水が溜まる時、最後の数分はチョロチョロと水が流れて最終的に浮き玉が上がりきって水は止まります。
なので続けてトイレを使うと、前に使った人がトイレを流してまだ溜めてる途中なんて事もあります。
しかし、もう数時間も誰も使っていないのに、いつ入ってもチョロチョロ水が流れっぱなし。
これはもう、水漏れの可能性が高いですね。

という事は、、、

お客様
お客様
水道代がかかってる!?
そうですね、便器は詰まっていなければ水は上に上がってきません。
タンクの中で漏れた水(もしくはオーバーフローした水)は、便器に流れて下水へ。たれ流し状態です。
住まいる水道
住まいる水道

水道局の検針の方に
「水道料金が上がってますが、どこかで水漏れしていませんか?」なんて言われた時、どこの蛇口も水漏れしてないのに?どうして?
こんな時は見えないトイレのタンクの中で・・・なんて事が非常に多いです。

では、「チョロチョロ」トイレのタンクの中で水が流れっぱなしになった時には、どうすればいいの?

そんな時のトイレ水漏れ修理方法

トイレのチョロチョロ、その原因とトイレ水漏れの修理方法とは

タンク内部品の確認

タンクの中にはいくつかの部品がセットされています。
その中でもチョロチョロ漏れで大きな原因になる部品が、以下の3つです。

  • 給水弁・・ボールタップ
  • 排水弁・・フロートバルブ
  • サイフォン管(オーバーフロー管)

なぜ、チョロチョロするのか?その原因を確かめる時にポイントになるのは、サイフォン管(オーバーフロー管)です

サイフォン管(オーバーフロー管)

タンクのフタを外してみましょう

タンクの中に一本、直径2cm位の管が立っていますね。
その先端を見て下さい。

この管の先端まで水がきていて、オーバーフローして管の中に水が流れ込んでいたら、ボールタップの不良です。

給水が止まらなく流れっぱなしになった時に、タンクの外に水があふれ出さないように、このサイフォン管がオーバーフローした水を便器に流してくれます。

また、サイフォン管の先端より下に水がありオーバーフローしてない状態の時は、フロートバルブの不良です。

水の中でゴム栓の役目をしているフロートバルブが不良になりタンクの水が便器に漏れていっているので、いつまで経っても浮き玉が完全に上がれずに、水が止まらなくチョロチョロ流れっぱなし状態になるのです。

この様にチョロチョロと水が流れっぱなしになった時の修理方法はこのボールタップとフロートバルブの2つの部品の交換です

部品 特徴
ボールタップ 便器によって互換性あり
便器の機能によって違いあり
フロートバルブ TOTOタイプとINAXタイプで形状に違いあり
レバーハンドル 機能によって違いあり
各メーカーで互換性あり
サイフォン管 TOTOタイプとINAXタイプで違いはあるが、互換性あり

ボールタップ(給水弁)不良の原因とトイレ水漏れ修理方法

ボールタップ(給水弁)不良の原因とトイレ水漏れの修理方法とは

まずは原因

一番の原因は、水の出し止めをするパッキン部です。
ボールタップは浮き玉の上下動により水の出し止めをしているパッキン部があります。
この部品のパッキンを交換すると直ると言う方もいらっしゃいますが、

よほど器用な方でない限り、この作業は交換しても微妙な調整でボールタップが正常に作動しなくなる事が多いのでおススメしません。

よって、ボールタップ不良が原因の時は、ボールタップを新しいものに交換されるのが良いでしょう。

ボールタップは消耗品です

ボールタップは単純な構造ですが、繊細な部品です。
外から無理な力が加わりおかしくなってしまう場合もあります。

トイレタンク内の汚れが気になるので掃除をしましょうなんて思った時(タンク内の掃除は出来ればしないほうが…)や、ご自分でウォシュレットを交換しようと思った時(給水管の取付の時、必ずボールタップを片手で抑えながら行なって下さい)要注意です。

ボールタップを交換するにあたって

ボールタップには大きく分けて2種類の物があります。
横給水と下給水の物です。

下給水のボールタップに関しては交換するのに技術が必要な場合がありますので、専門の水道業者におまかせするのが良いでしょう。

トイレタンク部品の特徴

サービス内容 作業料金
トイレつまり 簡単な詰まり 5,000
専用器具使用 7,000
便器脱着作業 10,000
排水管つまり修理 ワイヤー作業(個人宅) 7,000〜
ワイヤー作業(飲食店・会社・共用部) 12,000〜
トイレの水漏れ修理 調整作業等 4,000
水漏れが止まらない、水が出ない タンク内部品交換(タンク脱着なし) 6,000
タンク内部品交換(タンク脱着あり) 8,000
温水洗浄便座のお取替え 弊社購入の温水洗浄便座取付 7,000
お客様持込みの温水洗浄便座取付 8,000

表は左右にスライドします。

ここでは、タンク横で給水管とつながっている横給水のボールタップについてご説明します。

ボールタップには色々な形の物があります

ボールタップにも様々な種類があります

今取付られている物と全く同じ物を付けなければならないわけではありません。

重要なのは取付た時にボールタップが正しく動くか?可動域が確保されているか?タンクの蓋はきちんと閉まるか?

「要はきちんと動くかのか」、と言う事です。
タンクのフチやフタ、サイフォン管やフロートバルブと接触してしまう様ではいけません。
この為に、最近ではマルチ型ボールタップが販売されています。

TOTO、INAX(LIXIL)やその他のメーカーからこの様な商品が作られていてある程度どのタンクにも取付られる様になっています。
(しかし例外もありますので、メーカーがお知らせしている商品詳細を必ず確認してからご購入下さい。)

ボールタップ交換修理

  1. 止水栓を閉めて下さい。
  2. (止水栓が回らない場合は無理に行わず、外の元栓を閉めて下さい)

  3. レバーをひねって水が止まっているか確認します。
  4. タンクのフタを外します。
  5. (フタとボールタップをつなぐ連結管(ビニールの管)が差し込みであれば、フタを持ち上げれば外れます。
    外れない場合はネジ止めかゴム止めになっているのでネジを外すかゴムを外して下さい)

  6. 連結管とボールタップを止めているナットを、モンキーレンチを使って緩めます。
  7. (取外したパッキンは絶対に再利用しないで下さい)

  8. ボールタップの固定ナットを外し、ボールタップ本体を外します。
  9. ボールタップの固定ナットを外し、ボールタップ本体を外します

  10. 新しいボールタップを取付ます。固定ナットを取付、固定します。
  11. (この時ボールタップが斜めにならない様にして下さい。また、浮き玉を手で動かしてサイフォン管やフロートバルブに接触しないか確認して下さい。)

  12. 連結管を下に向けて止水栓を開きタンクに水を溜めます。
  13. (この時、タンクに溜まった水量がサイフォン管先端より2〜3cm下になる事を確認します)
    もし、水量が多すぎたり、少なすぎた場合は、製品の説明書を参照し、水量調整を行なって下さい。
    また、数分時間を置いて水がチョロチョロ出てないか確認して下さい。

  14. タンクのフタを取付ます。
  15. 連結管にはネジ止め(TOTOに多い)、ゴム止め(INAXに多い)があります。
    取付の時に連結管をフタ裏の連結管取付口に確実にしっかり取付て下さい。
    確実に取付ないとタンク外に漏水する危険性がありますのでくれぐれもご注意下さい
    連結管は確実に取付ないとタンク外に漏水する危険性があります

  16. レバーをひねってフタの手洗管から水が出る事と、タンクの外に水が出ない事を確認して終了です。

ボールタップの特徴

ボールタップのタイプ 特徴
マルチタイプ 機能違いの便器でも対応可能
各メーカー互換性あり
浮き球タイプ タンクのタイプによっては使用できない場合もあり
浮き球なしタイプ 多くのタイプはマルチの為、機能違いの便器でも対応可能
TOTO、INAX以外のメーカーの物でも、互換性ありの物が多い

動画で解説!トイレボールタップの交換方法

ダイヤフラム式ボールタップ不良の原因とトイレ水漏れ修理方法

タンク内構造

また、別のケースですがトイレタンクで最近の物には、二重タンクで陶器のタンクに直接水が入ってない物もあります。
タンクのフタを外すと中にもう一枚薄プラスチックのフタがついています。
トイレタンク内の構造
そして、タンクの種類によって色々ですが、この製品にはダイヤフラムという部品が取付てあります。

不具合時の症状

このタイプのタンクではタンクの中からチョロチョロではなく、「シュー、シュー」と言う音が聞こえてきます。
レバーをひねってトイレを流した時にフタの上の手洗管から水が出ない時によくある症状です。
水が出ないのでフタを開けてみるとボールタップから「シュー、シュー」と音がして水が少量しか出ていません。

こんな場合、ボールタップの一部部品である、ダイヤフラムの劣化不良によるものが原因です。

ダイヤフラム交換方法

ダイヤフラムの交換方法

  1. 元栓を閉めます。
  2. どこでもいいので蛇口を開き、水が止まっているかを確認して下さい。
    トイレ内の止水栓で止水しないで下さい(水が止まっているかの確認が出来ない為)

  3. 浮き玉を外します。根元を折らない様に優しく外して下さい。
  4. 上部のカバーを回して外します。
  5. ダイヤフラム交換方法:上部のカバーを回して外します

  6. 古いダイヤフラムを外し、同じように新しいダイヤフラムを取付ます。
  7. 上部カバーと浮き玉を元のように取付ます。
  8. 内ブタを取付ます。
  9. タンクフタを取付ます。
  10. この時に手洗管の差し込み口に確実に差し込んで下さい。
    正しく差し込めていないと、給水される水がタンクの外に出て漏水します。

  11. トイレ内の止水栓を閉めます。
  12. 初めに閉めた元栓を開いて下さい。
  13. どこでもいいので蛇口で水が出るか確認します。この時30秒〜1分位勢いよく水を出しっぱなしにします。

  14. トイレの止水栓を開きます。
  15. タンクのフタから水が出るか、タンクの外に水が出てないかを、確認します。

  16. タンクの中で「シュー、シュー」の音が無くなれば完了です。

注意事項

ダイヤフラムには、種類があります。
どれでも合うわけではないので、タンクの品番から適合するダイヤフラムを用意して下さい。
また、内ブタが付いたタンクに使用されているボールタップも、なんでも合うわけではないので同様に適合部品で交換します。

フロートバルブ(排水弁)不良の原因とトイレ水漏れ修理方法

新しいフロートバルブを交換しトイレ水漏れを修理する

不良の原因について

フロートバルブは見ておわかりの通り、ゴム製のゴム栓です。

このゴム栓がずーと水の中にあるので当然劣化します。
基本、ボールタップより劣化は早いです。

このフロートバルブが劣化する事により、タンクに溜まるはずの水が少しずつ便器にチョロチョロ流れ、タンク内もいつまでもチョロチョロと音が止まらないのです。

フロートバルブの種類

フロートバルブはTOTO型のものとINAX(LIXIL)型のものがあります。
TOTO型は半円ゴム状で2本ゴム脚をサイフォン管に取付外しするタイプです。
TOTO型フロートバルブ

INAX(LIXIL)型は球状で下の差し込みの白い棒をサイフォン管に差し込み取付外しするタイプです。
INAX(LIXIL)型フロートバルブ

この2種類は、まった形状の違うものなので部品を用意する時に必ず確認して下さい。
また、TOTO型もINAX(LIXIL)型も大小、大きさの違うタイプが2種類ありますので、間違わないようにご注意下さい。

(サイズを測って行くか、外して現物を持って行き比べて購入すると間違いないですね)

フロートバルブ交換方法

フロートバルブの交換方法(TOTO型の場合)

  1. 止水栓を閉めて下さい。
  2. (止水栓が回らない場合は無理に行わず、外の元栓を閉めて下さい。)

  3. レバーをひねって水が止まっているか確認します。
  4. タンクのフタを外します。
  5. (フタとボールタップをつなぐ連結管(ビニールの管)が差し込みであればフタを持ち上げれば外れます。外れない場合はネジ止めか、ゴム止めになっているので、ネジを外すか、ゴムを外して下さい。)

  6. レバーとチェーンフックを外して下さい。
  7. フロートバルブの取付取外し
    1. TOTO型

    2. 2本のゴム脚をサイフォン管から外して下さい。
    3. 新しいフロートバルブを同じように取付ます。
      INAX(LIXIL)型

    1. ゴム部分を片手でつぶして上の輪になるべくぶつからないように慎重に横に引き出すように外します。
    2. 同じように新しいフロートバルブを取付ます。
    3. フロートバルブ交換方法
      下の白い棒を確実にサイフォン管中央の小さな穴に通します。
      穴に通っていないと正しく機能しません。

    フロートバルブ交換についての注意事項

    フロートバルブを取付取外しの時、サイフォン管に力がくわわるとサイフォン管が根元から折れてしまう場合がありますので、取付取外しの時くれぐれもご注意下さい。

  8. フロートバルブのチェーンフックをレバーに取付ます。
  9. フックとボールチェーンを外して長さの調整をします。
    レバー大の場合は、フロートバルブが大きく上がるように、レバー小の場合は、フロートバルブがちょっとだけ持ち上がるように、レバーの大小が無い場合は、大の場合と同じようにします。

  10. 連結管を下に向けて止水栓を開きます。
  11. 水の流れを見て再度チェーンの調整をします。

  12. タンクのフタを取付ます。
  13. レバーをひねって手洗管から水が出るか、タンクの外に水が漏れていないかを確認して終了です。

フロートバルブの特徴

フロートバルブのタイプ 特徴
半円タイプ TOTOタイプ・・・TOTO便器では2タイプ使用
他メーカー便器ではサイズ違いもあり
他メーカーではマルチタイプのフロートバルブあり
ボールタイプ INAXタイプ・・・INAX便器では2タイプ使用
部品は他メーカー製でも互換性あり
他メーカーの便器では使用されていない

フロートバルブを交換しても直らない考えられる主な原因

  • サイフォン管付根
  • サイフォン管の付根に亀裂が入っている。
    (折れる手前の状態)

  • サイフォン管取付部
  • サイフォン管の取付部から水漏れしてる。

  • トイレタンク
  • タンク不良により水が漏れている。
    (まれにあるのは、タンク内側の結露防止材が劣化して水の抜ける隙間が出来てしまう。)

このようなケースにより、チョロチョロ漏れが起こる場合もあります。

サイフォン管(付け根)不良原因とトイレ水漏れ修理方法

サイフォン管不良の原因とトイレ水漏れ修理の方法とは

不良の原因は?

サイフォン管の付け根に亀裂が入る事によって、タンクにたまった水が底から漏れだし、便器にチョロチョロ流れ出します。
亀裂の入り方によってその症状は多少違いますが、亀裂の入り方が大きくなってくると漏れ方も多くなってくるので、タンクの水が速いスピードで無くなっていけば当然、給水するスピードも速くなるので、タンクフタの手洗い管からも水が流れ続けてしまう事もあります。

なぜ亀裂が入るのか?

亀裂の原因はサイフォン管の経年劣化によるものではありますが、基本この症状が起こるのはINAX型のサイフォン管で、TOTO型のサイフォン管ではめったに、この様な付け根に亀裂が入る症状は起こりません。
ではなぜ亀裂が入るのかというと、INAX型のサイフォン管では先に説明した様に、フロートバルブがボール状で上下に上がったり下がったりして、開閉する排水弁になっています。
このボール状のフロートバルブが上に上がった時に、ストッパーとなり大きな輪に当たり、水量が少なくなると下に下がるのですが、このフロートバルブが輪に当たる力が梃子の力となって、サイフォン管の付け根に負担をかけて少しずつ亀裂が入ってしまうのです。

ただしこの症状はINAX型サイフォン管であれば、数年で必ず起こるかといえばそうではなく、20年以上使用しているトイレでもなっていないケースも多くあれば、まだ4~5年しか使用していないトイレでも、なってしまったケースもあります。

サイフォン管なぜ亀裂が入るのか

これについてははっきりとした事は分かりませんが、おそらくサイフォン管の種類の違いや鎖、ボールチェーンの若干の長さの違い、レバーを引いた時の若干の力の加わり方等々…いくつかの条件が合った時に、起こってしまうのではないかと思われます。

サイフォン管はどれも同じではありません

サイフォン管は筒の部分の長さに違いがある為に、交換する場合は必ず、トイレタンクに合ったものに交換する必要があります。

サイフォン管を交換するにあたって

サイフォン管を交換する場合、

便器の上にタンクが取り付けてある密結型便器の場合、タンクを取り外さなければサイフォン管の交換は出来ません。

またタンクが壁に取り付けてある場合は、便器とタンクをつなぐ洗浄管を一部外して、サイフォン管の交換を行ないます。
どちらのケースも、取り外す事は多少慣れている方であれば、出来ない事ではないでしょうが、正しく取り付け直す事や作業後の他の部分からの水漏れなどを考えると、この作業は出来れば専門の水道業者に依頼するほうが、賢明かと思われます。

密結型便器の場合、タンクを取り外さなければサイフォン管の交換は出来ません

サイフォン管の取り付け部からの水漏れの場合

不良の原因は?

この症状の原因は、サイフォン管の下部に取り付けられているパッキンが劣化し、その部分から漏れた水が便器内に流れ込むケースです。
便器のタイプによっては、便器外に漏れる場合もありますが、便器内へのチョロチョロ漏れの可能性の1つとも考えられます。

修理方法は

サイフォン管の特徴

TOTOタイプ ・フロートバルブが半面タイプ
・TOTO以外のトイレでも使用可能
・INAXトイレでも、旧式では一部使用している物もあり
INAXタイプ ・フロートバルブがボールタイプ
・INAX以外のトイレでは使用なし
TOTO、INAXともに一部のタイプは互換性がある為、別メーカーのタンクにも取り付け可能

この場合、基本サイフォン管の交換を行ないますので、修理方法としてはご自分でなさらず、専門の水道業者に任せるのが良いでしょう。

トイレタンクレバーの不良による水漏れの原因と修理方法

トイレタンクレバーの不具合から水漏れが発生した時の修理方法とは

まずは原因

レバーハンドルが不具合を起こす事によって、フロートバルブにつながる鎖(またはボールチェーン)が引っ張られたままになり、フロートバルブが完全に閉じず、水がチョロチョロ漏れっぱなしになります。
レバーハンドルの不具合には、いくつかのケースがあります。

レバーハンドルの作動不良

現在多くのレバーハンドルはそのほとんどが樹脂製ですが、古いトイレの場合金属製のものがあり、サビや劣化により正常に機能せず、フロートバルブの鎖が引っ張られたままになったりします。
この様な場合はレバーハンドルを交換します。

レバーハンドルの作動不良

チェーンフックの不具合

レバーとフロートバルブをつなぐチェーンフックが、不自然な向きになりチェーンが引っ張られたまま、水漏れするケースがあります。
この場合はレバーハンドルに問題はありませんので、チェーンフックを交換します。

チェーンフックの不具合

ボールタップの不良によるもの

このケースはボールタップの浮き球の可動域に不具合が起き、レバーハンドルのタンク内の軸棒が浮き球と接触してしまい、正常な位置に戻らず鎖が引っ張られたまま水漏れします。
この場合もレバーハンドルに問題はありませんので基本、ボールタップの交換を行ないます。
ただしレバーハンドルの固定ネジがゆるんでこの様な症状が起きた場合は、レバーハンドルを正しく固定してから確認する事が必要です。

ボールタップの不良によるもの

レバーハンドルを交換するにあたって

レバーハンドルには様々なタイプがあります。タンクの種類等によって正面に付けるもの、横に付けるもの、大小レバー、大レバーのみ等々…です。

レバーを交換する際は必ず、タンク外の形状、タンク内の形状(軸棒の長さ等)を確認して下さい。

現在ではマルチタイプのレバーハンドルもあります。
説明書を見ながら組み立てる事によって、ある程度のタイプのレバーに対応します。
またメーカーによっても互換性がありますので、よく調べて頂き用意すると良いでしょう。

レバーハンドルを交換するにあたって レバーハンドルはメーカーによっても互換性があります

レバーハンドルの交換方法

  1. 止水栓を閉めます
  2. 止水栓を閉めます

  3. タンクのフタを外します
  4. タンクのフタを外します

    レバーハンドルの不良かボールタップの不良か確認します。
    レバーハンドルの不良の場合、交換作業を行ないます。

  5. レバーを動かして水を流します
  6. タンクフタに手洗い管がある場合は、ボールタップからの手洗い管につながる連結管を、タンク内で下に向けレバーを動かし、水を流してください。

    レバーを動かして水を流します

  7. レバーハンドルからチェーンフックを外します
  8. フロートバルブのチェーンとレバーハンドルを接続している、チェーンフックをレバーから外します。

    レバーハンドルからチェーンフックを外します

  9. レバー内側の固定ナットを外します
  10. レバーを固定しているナットを、モンキーレンチでゆるめ外します。

    固定ナットが硬くて回らない場合は、無理をしないで下さい。
    無理に外そうとするとタンクを破損する場合がありますので、ご注意下さい。

    もし回らない場合は潤滑油を適量さし、しばらく時間をおいてから行なってみて下さい。

    レバー内側の固定ナットを外します

  11. 新しいレバーを取り付けます
  12. マルチタイプのレバーハンドルの場合は、説明書をよく確認をしながら、組み立て取り付けて下さい。

    新しいレバーを取り付けます

  13. 固定ナットを締めます
  14. 固定ナットは手締めします。
    次にレバーハンドルの可動域が正しいか、正しく取り付けられているか確認します。
    最後にモンキーレンチで増し締めし固定して下さい。

    固定ナットを締めます

  15. フロートバルブのチェーンフックをレバーに取り付けます
  16. レバーハンドルによっては今までと鎖(ボールチェーン)の長さが変わり、たるみ具合も変わってきます。

    必ずレバーハンドルを動かし、フロートバルブの開閉状況を確認して下さい。

    フロートバルブのチェーンフックをレバーに取り付けます

  17. タンクフタを取り付けます
  18. 止水栓(元栓)を開きます
  19. タンクに水がたまったらレバーハンドルを動かし、正常に動作するか確認して下さい。
    この時、水漏れの確認も忘れずに行なって下さい。

    レバーハンドルの特徴

    レバーハンドルのタイプ 特徴
    隅付タンク 正面取り付けレバー ・大小切り替えタイプ
    ・タンク内の軸棒が短い
    平付タンク 正面取り付けレバー ・大小切り替え、大のみと両タイプあり
    ・タンク内の軸棒が短い
    サイド取り付けレバー ・大小切り替え、大のみと両タイプあり
    ・タンク内の軸棒が長い
    密結タンク 正面取り付けレバー ・大のみ(一部、大小付きもあり、ユニットバス内等)
    ・タンク内の軸棒が長い
    ・正面左右、取り付け位置でレバーの種類が変わる
    サイド取り付けレバー ・大小取り替え、大のみ、両タイプあり
    ・タンク内の軸棒が長い

トイレタンクの不良の原因と水漏れ修理方法

不良の原因は?

まれにタンク内部品に不具合がないのに、水漏れするケースもあります。
このケースでたまに起こるのは、タンク内の内側に貼られた結露防止材の不良です。
例として挙げるなら次の2つでしょう。

結露防止材の膨張剥離による、タンク内の部品の接触

結露防止材の膨張剥離による、タンク内の部品の接触

トイレタンク内部に取り付けられている、結露防止材(防露材)が膨張する事によって、ボールタップの浮き球やフロートバルブが接触し、水漏れを起こす事があります。
※この様なケースの時、防露材を切ったりして接触をなくす事がありますが、それによってタンク下の床への水漏れが発生する場合がありますので、

皆さんはむやみに防露材をカットするような事はしない方が良いでしょう。

結露防止材の剥離による水漏れ

防露材の剥離とボールタップの不良によるタンク内の水量の増加が重なり、剥離した防露材とタンク(陶器)との間に水が入り込んでしまい、サイフォン管をつたった水が便器に少しずつ流れ込んでしまう様なケースもあります。

結露防止材の剥離による水漏れ

以上の2つのケースの場合、直すには基本、タンクを交換する事が必要となります。
この様な場合出来れば、専門の水道業者に確認してもらい、見積をしてもらうと良いでしょう。

トイレの床から水漏れした場合の修理方法や応急処置

トイレではタンクから便器への水漏れに限らず、床への水漏れが起こる事もあります。
しかもそのケースは様々で、床に水漏れを発見しても、漏れている箇所がすぐに分からない場合も多くあります。
トイレの床に水漏れを発見した時のポイントになる箇所と、その修理方法や応急処置の方法をご説明いたします。

便器からの床への水漏れ

トイレの便器から床に水漏れする時の、漏水箇所はあまり多くはありません。通常、起こる場合、以下の3ヶ所です。

便器と床の接続部からの水漏れ

便器と床の間から水漏れしてくる場合は、このケースが多いです。
便器は、便器の出口と床の下水管口を合わせて設置します。
昔からの一般的な便器は、差し込み等はなく接合部にフランジパテ(Pシール)をつけて、接続固定しています。
通常は、この設置方法で水漏れする事はほとんどありません。
しかし年数が経つと経年劣化により、フランジパテ(Pシール)が劣化し弱くなり、水漏れを起こす事もあります。
またそれ以外には、下水管口に取り付けられている、フランジ(樹脂製)が割れたり破損する事で、便器が完全に固定されずグラつく事によって、水漏れを起こす事もあり、同様に床の木が湿気等で水分を含み、同じく便器を固定するビスが不安定になる事で、便器がグラつき同じ様に水漏れする事もあります。
この様なケースが起こるのは、床下排水タイプの便器の場合です(床上排水タイプの便器については次の項で)。
しかし便器と床の間から水が漏れてきたと思う様な事が起きても、

実は便器からの水漏れではなく、他からの水漏れが便器下に入ったり、便器まわりに溜まって間から水漏れしている様に見えてしまう事も多くあります。

また中には、便器から垂れた尿が便器下に溜まって、水漏れと間違えてしまう事も多いです。
この様なケースは、便器下のふちに尿石が溜まるので、便器を外してみるとはっきり分かる場合もあります。

便器と床の接続部からの水漏れ

  • 対処方法
  • この場合の水漏れは原因を調べるためにも、便器を取り外す作業が必要になるため、水道業者への依頼が必要となるでしょう。

  • 応急処置
  • 応急処置をするにしても、便器の取り外しが必要となるため、まずは漏水状況を確認し把握しましょう。
    水道業者が水漏れの状況を確認する為には、漏れた水は拭き取らずに、そのままにしておいた方が良いのですが、量が多い場合やフローリングの床等の場合には、床にも被害が広がってしまうのでスマホ等で写真を撮っておき、漏れた床の水は拭き取って良いでしょう。
    また床がクッションフロア等の場合は、水道業者の到着時間が早いのであれば、状況を見ながらそのままにしておいても良いかもしれません。

便器と床上排水管との接続部からの水漏れ

このケースは床上排水タイプ(Pタイプ)の便器から床への水漏れです。
床上排水タイプ(Pタイプ)の便器は、便器の裏側(後側)に出口が付いていて壁の下水管口までを、接続排水管(アキレスジョイント等)でつないでいます。
下水管との直接接続の場合は、接続部に専用の大便器用パッキンを使用し、水漏れを防いでいます。
またアキレスジョイントの場合は、専用のフレキ継手で双方をつなぎ、接続部は専用バンドで固定しており基本、パッキンは使用していません。

これらのパッキンやフレキ継手、固定バンドの劣化や破損によって、トイレを流すと床に水漏れしてしまう場合があります。

便器と床上排水管との接続部からの水漏れ

  • 対処方法
  • 直接下水管接続の場合は、一度便器を取り外してからパッキンを新しい物に交換し、便器を取り付け直します。
    またアキレスジョイントを使用している場合は、接続フレキを交換しますが、この場合状況に応じて、そのまま交換する場合もあれば、便器を取り外してから交換する場合もあります。
    いずれにせよ基本は、水道業者に依頼し修理してもらうと良いでしょう。

  • 応急処置
  • この水漏れは排水管からの水漏れなので基本、トイレを使用しなければ水漏れがひどくなる事はありません。
    また床上で目視できる箇所なので、漏れてくる箇所の確認はできますので、その場所によっては容器で受けたり、タオルや雑巾で漏れた水を処理する事は可能です。

便器が破損し、床に水漏れ

このケースはさほど多くありません。物をぶつけたり落としたりして、かなり大きな破損であれば水漏れしてしまうかもしれませんが、多少ひびが入ったくらいでは、それがすぐに水漏れにつながってしまう事はそう多くはありません。
しかしひびが入ってしまった便器をそのまま使用していれば、そこから本当に割れてしまう事はありますので、便器交換等の対処は早めに行なったほうが良いでしょう。

便器が破損し、床に水漏れ

タンクから床への水漏れ

トイレのタンクから床への水漏れの場合も、いくつかのケースがあります。

また状況によってはあっという間に、トイレの床が水びたしになってしまう事もありますので、要注意です。

タンク下接続部から床への水漏れ

トイレの便器も最近では、タンクレスなどもあり色々変わってきましたが、今でも多く使用されているのは、便器の後方にタンクを載せて取り付けた密結型トイレです。
この密結型の場合には、タンクと便器の洗浄口の接続部に密結パッキン、タンクを便器に固定するための密結ボルトを使用しています。
これらの密結パッキン、密結ボルトが経年劣化する事で、タンク内の水が床に水漏れしてしまう事があります。

タンク下接続部から床への水漏れ

  • 対処方法
  • 密結ボルト、密結パッキンの交換には、トイレタンクの取り外し取り付け作業が必要となります。
    よって皆さんが簡単に行なう作業ではありませんので、水道業者に依頼して下さい。

  • 応急処置
  • 密結パッキンが原因の水漏れであれば基本、トイレを使用して流さなければ、それ以上水漏れする可能性は低いです。
    ただし密結ボルトからの水漏れの場合は、タンク内に溜められている水が密結ボルトをつたって、漏れ出している可能性が大きいので、少量ずつではあると思いますが、床に水が落ち続けると考えられます。
    よってこの場合はタンク下、床に漏れた水を拭き取り、容器やタオル、雑巾等を置き、床への水漏れを最小限にして水道業者の修理を待つ事でしょう。

便器とタンクの接続管から床への水漏れ

密結タイプのトイレよりも古くから使われているのは、壁へ取り付けるタンク型のトイレです。
ユニットバス内のトイレでは今でも普通に使われています。壁付けタンクの場合は、タンクと便器を水が流れる洗浄管でつないでいます。

この洗浄管から床に水漏れする場合もあります。
トイレでの床への水漏れでは、このケースは非常に多いです。

主な原因としては洗浄管の劣化、洗浄管接続パッキンの劣化、便器やタンクに洗浄管を接続する部品(サイフォン管やスパッド金具)等の劣化が考えられます。
またトイレの床が弱くなってくると、床に固定してある便器が、座るたびに傾いたり動いてしまったりして、その後洗浄管に負担がかかり水漏れしてしまう場合もあります。

便器とタンクの接続管から床への水漏れ

  • 対処方法
  • 洗浄管やそのまわりの部品に異常がある場合は部品交換を行ないますが、これらの部品交換は簡単に行なえるものではありませんので、水道業者への依頼が必要になるかもしれません。
    また床に異常がある場合は、いくら漏れている洗浄管周辺を直しても、根本の床を直さない限り同じ事を繰り返してしまいますので、この場合も専門の業者に相談したほうが良いでしょう。

  • 応急処置
  • 水道業者に依頼する際は、水漏れするポイントに容器等を置いて、漏れてくる水を受けておくと良いかもしれません。

    ただし漏れる箇所にも若干の変化があるかもしれませんので、定期的に確認して下さい。

タンク内から床への水漏れ

タンク内の水がトイレの床に水漏れする場合、タンクにたまった水があふれてくる事は少ないです。
通常はタンク内の水量が増えてもオーバーフロー管に流れ込み、便器に流れ出すのであふれる事は少ないのです。
ではどのような状況で漏れるかというと、タンク内の手洗い連結管(フタの手洗い管につながるパイプ)やサイフォン作用のための補助管が切れたり外れたりすると、そこで水が吹き出しますので、吹き出した水がフタとの間からタンクをつたって、床に漏れてしまう事があります。

タンク内から床への水漏れ

  • 対処方法
  • この場合、手洗い連結管または補助管を交換します。もしボールタップが古ければボールタップ自体交換しても良いでしょう。
    基本、手洗い連結管も補助管も、ボールタップに付属する部品です。

  • 応急処置
  • トイレを流した時にこの様な場合になった時は、

    まず落ち着いてトイレ内の止水栓を閉めましょう。

    止水栓を閉めればとりあえず水を止める事ができます。

タンクフタから床への水漏れ

トイレタンクのフタから水があふれての床への水漏れです。この水漏れでは2つのケースがあります。
まず1つはタンクのフタの水がタンク内に落ちる穴に、ゴミが溜まってしまう場合です。
これはTOTO製のトイレではあまり起こりません。
起こりやすいのはINAX製の以前多く使われていたトイレですが、フタの穴に網が取り付けられていて、網の目がほこりなどの細かいゴミで目詰まりしてしまうと、水が下に落ちずにタンクフタの上で溜まりあふれてしまいます。
もう1つはタンクフタの上にカラー石やビー玉、造花などを置いているとそれが知らぬ間に穴をふさいでしまい、タンクのフタにたまった水があふれてしまう事もあります。

タンクフタから床への水漏れ

  • 対処方法
  • 網の目詰まりの場合は、タンクのフタを外し、網を外し綺麗に洗います。
    網は通常2~3枚が1セットで取り付けてありますので、1枚1枚ハブラシなどで綺麗に掃除します。
    置き物や造花の場合は全て取り除くと良いでしょう。

  • 応急処置
  • トイレを流してフタから水があふれ、床に水漏れした場合はすぐに止水栓を閉めて下さい。
    それからタオルでフタの上の水を拭き取ります。

タンク破損による床への水漏れ

トイレタンクは便器と違って、少しでもひびが入っただけで、タンク内の水が床に漏れる事があります。
普通に使っていればあまり起こる症状ではありませんが、便器に座った時に無理にタンクに寄りかかったりすると、タンクの下側の固定している部分が割れたり、ヒビが入ってしまう事もあります。

  • 対処方法
  • タンクが割れてしまった場合は交換しなければなりませんので、まず急ぎ水道業者に連絡し相談して下さい。

  • 応急処置
  • まず第一に止水栓をすぐに閉めて下さい。
    それから漏れ出した水の処理をします。

    陶器の割れた部分は、絶対に素手で触らないでください。

    割れた陶器は意外と簡単に手を切ってしまう事がありますので、注意して下さい。

給水管、止水栓から床への水漏れ

これもトイレで床への水漏れでは多いケースです。

給水接続管から床への水漏れ

止水栓とタンクをつなぐ給水管からの水漏れです。
多くは接続部のパッキンの劣化により起こります。

給水接続管から床への水漏れ

  • 対処方法
  • 給水管を外しパッキンを交換します。
    接続の給水管はナマシ管やフレキ管が使用されていますが、

    それぞれの管で使用しているパッキンが違いますので注意して下さい。

    万一パイプ自体が劣化破損している場合は、フレキ管に交換して下さい。

  • 応急処置
  • 接続部から水漏れがあった場合、まず止水栓を止めて下さい。
    漏れ方が少量で容器で受ける事が可能であれば、とりあえずはその方法でも良いでしょう。

止水栓から床への水漏れ

止水栓自体から大量に水漏れする事は、多くはありません。
しかし気が付かないくらい少量で床に水漏れしていて、ある日水たまりができている事に気が付く時もあります。
水漏れする箇所の多くはハンドル付け根(ドライバー式の場合は回転棒の付け根)です。

止水栓から床への水漏れ

  • 対処方法
  • ハンドル付け根(回転棒付け根)の場合は、スピンドル部の三角パッキン(上部パッキン)を交換します。
    止水栓のパッキンを交換する場合は、必ず元栓を閉めてから行なってください。

  • 応急処置
  • 止水栓を閉めてしまうと水漏れが止まる場合もあります。止水栓を閉めない場合は、状況に応じて容器やタオルで対応して下さい。

給水管から床への水漏れ

ここでいう給水管は、壁もしくは床から止水栓までの給水ニップル管です。
給水接続管より丈夫で、パッキンによる接続はほとんどしていませんので、水漏れする可能性は低いです。
しかしどんなものでも劣化はしますので、場合によっては水漏れが起こってしまう事もあります。

給水管から床への水漏れ

  • 〈対処方法〉および〈応急処置〉
  • この給水管から床に水漏れが発生した場合は、急ぎ元栓を閉めて水道業者に修理依頼してください

ウォシュレットから床への水漏れ

最後に、これもトイレで床への水漏れが起こる事があるケースです。
最近ではウォシュレットが取り付けられていないトイレのほうが珍しくなりました。
このウォシュレットからも水漏れは起こりますが、その中でも多いのは以下の2点です。

ウォシュレット本体から床への水漏れ

ウォシュレット本体で多いのは、貯湯式タンクからの水漏れです。
本体右側横の袖についている、操作部の下が大きくなっている物は、ほぼその部分が貯湯タンクになっています。
このタンクの下側あたりから水漏れを起こす事があります。
また貯湯式でもタンクのない瞬間式でも、同様に起こるのが便器に乗せた機能部からの水漏れです。
ここから水漏れが起こると漏れた水は便器をつたいトイレの床に流れ落ちます。
また操作部の下からトイレの床に水漏れする事もあります。

  • 対処方法
  • ウォシュレット本体からの水漏れの場合基本、メーカーに連絡し修理依頼を行なって下さい。
    ウォシュレットが古い物であればメーカーでも修理できない事も多いので、その場合水道業者へ連絡し、ウォシュレットを新しく交換する方法もあります。

  • 応急処置
  • ウォシュレット本体からの水漏れを発見した場合は、まずコンセントを抜き止水栓を閉めて下さい。

    床への水漏れ箇所に容器を置いて水受けします。
    もし貯湯タンクからの水漏れであれば、水抜き弁を外してタンク内の水を抜いてしまっても良いでしょう。

ウォシュレット本体から床への水漏れ

給水管、分岐金具から床への水漏れ

ウォシュレットの給水管はそのメーカーによってタイプは色々ありますが、この給水管からも水漏れする事があります。
また止水栓に取り付けられる給水の分岐栓も、水漏れする可能性がある箇所の1つです。

給水管、分岐金具から床への水漏れ

  • 対処方法
  • 給水管のパッキンは交換できる場合もあります。
    接続部がナットになっている時は、パッキンと工具が用意できれば、慣れた方であれば交換は可能かもしれません。

    ただしパッキンは微妙にサイズが違う場合がありますので、注意して下さい。

    また同じ物を用意できれば給水管自体を交換しても良いでしょう。
    しかし給水管には本体と一体になっている物もありますので、全てが交換できるわけではありません。

  • 応急処置
  • ウォシュレットの給水管から床に水漏れした場合は、まず止水栓を閉めて下さい。
    古いタイプのウォシュレットには、分岐栓に止水栓が付いているタイプもありますが、できればトイレの止水栓をしめたほうが安全でしょう。
    以上の様にトイレの床に水漏れする場合も、その原因や水漏れ箇所は様々です。

業者に依頼した場合の修理料金

ここまでご説明したようなトイレでのポタポタ漏れや床への水漏れがあった場合、水道業者に依頼すると修理料金はどのくらいなのか、気になるところです。
水道業者のHPや広告を見ていると、「トイレ水漏れ修理料金8000円~」、こんな表記を見かけますね。
「8000円~」の「~」って何?ここは皆さんが疑問に思うところでしょう。

修理を行なう場合、修理料金は基本、作業料金(工賃)にプラス交換する部品代、これが一般的でしょう。

よって「~」は「+部品代」と考えて良いのではないでしょうか。
水道業者によって修理料金の設定はまちまちでしょうが、通常はこの様な修理料金設定が一般的です。
このほか、業者によっては基本料金、出張費、見積費用、諸経費(産廃費等)がプラスされる場合がありますので、できれば出張費や見積費用は無料の業者を選んだり、電話での依頼時におおまかな料金設定だけでも確認すると良いですね。
トイレ水漏れ修理料金については、以下の表に一般的な修理料金の相場をまとめてみました。

トイレ水漏れ修理料金の相場

修理内容 料金相場
トイレタンク内部品交換 8,000円前後+部品代
トイレタンクまわり部品交換 8,000円前後+部品代
トイレタンクのみ脱着作業 10,000~15,000円くらい
トイレタンク、便器脱着作業 15,000~20,000円くらい
給水管や止水栓等のパッキン交換 5,000~8,000円くらい
給水管交換 8,000円前後

以上の様に、作業内容によってトイレ水漏れ修理料金は様々です。
まず業者に修理を依頼した際、状況を確認してもらい、その後見積書を作成してもらいます。

全ての作業内容、作業料金を必ず見積書で確認しましょう。

最後に

フロートバルブを交換しても直らない!主な原因は?

「トイレタンクの中でチョロチョロ音が止まらない」
「便器にチョロチョロ水が出てる」
10年も経てば、いつ出てもおかしくない症状です。
日頃からタンク内部品の構造や、状態を知っておく事で、水漏れを放置してして無駄な水道代を払う事のないように、心掛けて下さい。
また、今回ご紹介したボールタップやフロートバルブを交換しても直らない場合は、皆さんが修理対応するのは難しい状態ですので、
専門の水道業者にご相談下さい。

よくあるご質問

Q

トイレの水漏れで水道代が急に上がってビックリしました。こんな事はよくあるのですか?

A
はい、結構多いようです。蛇口の水が止まらなくなっている場合は普段から見る所なので皆さんすぐに気が付くのですがトイレのタンク内や給水管など普段隠れていて見えない場所での水漏れはなかなか気が付かない事が多いです。メーター検針の方が気付いて教えてくれる場合もありますがこの様に急に水道代が上がって水漏れしてることに気付く方も多いですね。
Q

トイレでタンクの中からチョロチョロと音が聞こえました。水漏れですか?

A
タンクの中からチョロチョロ音が聞こえてきても絶対に水漏れとは言えません。何故なら給水する水がタンクに溜まる時はじめは勢いよく出て溜まりますが最後の方は少量になりチョロチョロ少しずつ溜まって最終的に止まります。もし少し前に誰かがトイレを使い流していたのならばまだ完全に水が溜っておらずチョロチョロ音がしているだけかも知れません。しばらく時間が経ってから再度確認してみて下さい。
Q

夜になるとタンクの中のチョロチョロする音が気になります。なぜ夜だけなの?

A
恐らく夜だけでなく日中も音がしてるのではないでしょうか。夜になると周りが静かになるので聞こえやすくなり日中はその他の騒音でたまたま聞こえなかっただけなのではないでしょうか?日中にトイレ内で音がしてないかをもう一度しっかり確認してみて下さい。
Q

トイレのタンク内だけでなく便器の中でもチョロチョロ水が流れてます。これも水漏れ?

A
基本、便器にチョロチョロ流れる水はタンク内から出た水です。よってこれも水漏れです。ボールタップ、フロートバルブ、レバーの様なタンク内部品の故障による水漏れは一部例外を除いてほとんどが便器に流れてきます。便器内に流れてる水は便器が詰まっていない限り下水管に流れていきます。便器に流れる水がチョロチョロと流れてれば分かりやすいですが糸を引く様に流れている場合だとなかなか気が付きませんので注意して見て下さい。
その他のよくあるご質問を見る
料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP