メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!

水道修理・工事なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 トイレ豆知識 >

 トイレ水漏れ!?タンクからチョロチョロ音が・・水道代大丈夫??

  • トイレの水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    税込4,200円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    税込7,350円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

トイレタンクからチョロチョロ水漏れの音がしたら・・・

「トイレで座っていると、背中ごしにチョロチョロ水の音が…」

これってけっこう、皆さん経験されていますよね。

トイレタンクからチョロチョロと水漏れの音がしたら・・・これは水漏れだけではなく、トイレの水を流してタンクに水が溜まる時、最後の数分はチョロチョロと水が流れて最終的に浮き玉が上がりきって水は止まります。なので続けてトイレを使うと、前に使った人がトイレを流してまだ溜めてる途中なんて事もあります。
しかし、もう数時間も誰も使っていないのに、いつ入ってもチョロチョロ水が流れっぱなし。これはもう、水漏れの可能性が高いですね。

という事は、「水道代がかかってる!?」

そうですね、便器は詰まっていなければ水は上に上がってきません。タンクの中で漏れた水(もしくはオーバーフローした水)は、便器に流れて下水へ。たれ流し状態です。

水道局の検針の方に
「水道料金が上がってますが、どこかで水漏れしていませんか?」なんて言われた時、どこの蛇口も水漏れしてないのに?どうして?
こんな時は見えないトイレのタンクの中で・・・なんて事が非常に多いです。

では、「チョロチョロ」トイレのタンクの中で水が流れっぱなしになった時には、どうすればいいの?

そんな時の修理方法

タンク内部品の確認

タンクの中にはいくつかの部品がセットされています。
その中でもチョロチョロ漏れで大きな原因になる部品が、以下の3つです。

給水弁・・ボールタップ
排水弁・・フロートバルブ
サイフォン管(オーバーフロー管)

なぜ、チョロチョロするのか?その原因を確かめる時にポイントになるのは、
サイフォン管(オーバーフロー管)です

サイフォン管(オーバーフロー管)

タンクのフタを外してみましょう

タンクの中に一本、直径2cm位の管が立っていますね。その先端を見て下さい。
この管の先端まで水がきていて、オーバーフローして管の中に水が流れ込んでいたら、ボールタップの不良です。
給水が止まらなく流れっぱなしになった時に、タンクの外に水があふれ出さないように、このサイフォン管がオーバーフローした水を便器に流してくれます。

また、サイフォン管の先端より下に水がありオーバーフローしてない状態の時は、フロートバルブの不良です。

水の中でゴム栓の役目をしているフロートバルブが不良になりタンクの水が便器に漏れていっているので、いつまで経っても浮き玉が完全に上がれずに、水が止まらなくチョロチョロ流れっぱなし状態になるのです。

この様にチョロチョロと水が流れっぱなしになった時の修理方法はこのボールタップとフロートバルブの2つの部品の交換です

ボールタップ(給水弁)不良の原因と修理方法

まずは原因

一番の原因は、水の出し止めをするパッキン部です。
ボールタップは浮き玉の上下動により水の出し止めをしているパッキン部があります。
この部品のパッキンを交換すると直ると言う方もいらっしゃいますが、よほど器用な方でない限り、この作業は交換しても微妙な調整でボールタップが正常に作動しなくなる事が多いのでおススメしません。

よって、ボールタップ不良が原因の時は、ボールタップを新しいものに交換されるのが良いでしょう。

ボールタップは消耗品です

ボールタップは単純な構造ですが、繊細な部品です。
外から無理な力が加わりおかしくなってしまう場合もあります。
トイレタンク内の汚れが気になるので掃除をしましょうなんて思った時(タンク内の掃除は出来ればしないほうが…)や、ご自分でウォシュレットを交換しようと思った時(給水管の取付の時、必ずボールタップを片手で抑えながら行なって下さい)要注意です。

ボールタップを交換するにあたって

ボールタップには大きく分けて2種類の物があります。横給水と下給水の物です。
下給水のボールタップに関しては交換するのに技術が必要な場合がありますので、専門の水道業者におまかせするのが良いでしょう。

ここでは、タンク横で給水管とつながっている横給水のボールタップについてご説明します。

ボールタップには色々な形の物があります

ボールタップにも様々な種類があります今取付られている物と全く同じ物を付けなければならないわけではありません。
重要なのは取付た時にボールタップが正しく動くか?可動域が確保されているか?タンクの蓋はきちんと閉まるか?
「要はきちんと動くかのか」、と言う事です。タンクのフチやフタ、サイフォン管やフロートバルブと接触してしまう様ではいけません。

この為に、最近ではマルチ型ボールタップが販売されています。
TOTO、INAX(LIXIL)やその他のメーカーからこの様な商品が作られていてある程度どのタンクにも取付られる様になっています。(しかし例外もありますので、メーカーがお知らせしている商品詳細を必ず確認してからご購入下さい。)

ボールタップ交換修理

1.止水栓を閉めて下さい。
(止水栓が回らない場合は無理に行わず、外の元栓を閉めて下さい)

2.レバーをひねって水が止まっているか確認します。

3.タンクのフタを外します。
(フタとボールタップをつなぐ連結管(ビニールの管)が差し込みであれば、フタを持ち上げれば外れます。
外れない場合はネジ止めかゴム止めになっているのでネジを外すかゴムを外して下さい)

4.連結管とボールタップを止めているナットを、モンキーレンチを使って緩めます。
(取外したパッキンは絶対に再利用しないで下さい)

5.ボールタップの固定ナットを外し、ボールタップ本体を外します。
ボールタップの固定ナットを外し、ボールタップ本体を外します

6.新しいボールタップを取付ます。固定ナットを取付、固定します。
(この時ボールタップが斜めにならない様にして下さい。また、浮き玉を手で動かしてサイフォン管やフロートバルブに接触しないか確認して下さい。)

7.連結管を下に向けて止水栓を開きタンクに水を溜めます。
(この時、タンクに溜まった水量がサイフォン管先端より2〜3cm下になる事を確認します)
もし、水量が多すぎたり、少なすぎた場合は、製品の説明書を参照し、水量調整を行なって下さい。
また、数分時間を置いて水がチョロチョロ出てないか確認して下さい。

8.タンクのフタを取付ます。
連結管にはネジ止め(TOTOに多い)、ゴム止め(INAXに多い)があります。
取付の時に連結管をフタ裏の連結管取付口に確実にしっかり取付て下さい。
確実に取付ないとタンク外に漏水する危険性がありますのでくれぐれもご注意下さい
連結管は確実に取付ないとタンク外に漏水する危険性があります

9.レバーをひねってフタの手洗管から水が出る事と、タンクの外に水が出ない事を確認して終了です。

動画で解説!トイレボールタップの交換方法

ダイヤフラム式ボールタップ

タンク内構造

また、別のケースですがトイレタンクで最近の物には、二重タンクで陶器のタンクに直接水が入ってない物もあります。
タンクのフタを外すと中にもう一枚薄プラスチックのフタがついています。
トイレタンク内の構造
そして、タンクの種類によって色々ですが、この製品にはダイヤフラムという部品が取付てあります。

不具合時の症状

このタイプのタンクではタンクの中からチョロチョロではなく、「シュー、シュー」と言う音が聞こえてきます。
レバーをひねってトイレを流した時にフタの上の手洗管から水が出ない時によくある症状です。水が出ないのでフタを開けてみるとボールタップから「シュー、シュー」と音がして水が少量しか出ていません。

こんな場合、ボールタップの一部部品である、ダイヤフラムの劣化不良によるものが原因です。

ダイヤフラム交換方法

1.元栓を閉めます。
どこでもいいので蛇口を開き、水が止まっているかを確認して下さい。
トイレ内の止水栓で止水しないで下さい(水が止まっているかの確認が出来ない為)

2.浮き玉を外します。根元を折らない様に優しく外して下さい。

3.上部のカバーを回して外します。

ダイヤフラム交換方法:上部のカバーを回して外します

4.古いダイヤフラムを外し、同じように新しいダイヤフラムを取付ます。

5.上部カバーと浮き玉を元のように取付ます。

6.内ブタを取付ます。

7.タンクフタを取付ます。
この時に手洗管の差し込み口に確実に差し込んで下さい。
正しく差し込めていないと、給水される水がタンクの外に出て漏水します。

8.トイレ内の止水栓を閉めます。

9.初めに閉めた元栓を開いて下さい。
どこでもいいので蛇口で水が出るか確認します。この時30秒〜1分位勢いよく水を出しっぱなしにします。

10.トイレの止水栓を開きます。
タンクのフタから水が出るか、タンクの外に水が出てないかを、確認します。

11.タンクの中で「シュー、シュー」の音が無くなれば完了です。

注意事項

ダイヤフラムには、種類があります。どれでも合うわけではないので、タンクの品番から適合するダイヤフラムを用意して下さい。
また、内ブタが付いたタンクに使用されているボールタップも、なんでも合うわけではないので同様に適合部品で交換します。

フロートバルブ(排水弁)不良の原因と修理方法

不良の原因について

フロートバルブは見ておわかりの通り、ゴム製のゴム栓です。
このゴム栓がずーと水の中にあるので当然劣化します。 基本、ボールタップより劣化は早いです。
このフロートバルブが劣化する事により、タンクに溜まるはずの水が少しずつ便器にチョロチョロ流れ、タンク内もいつまでもチョロチョロと音が止まらないのです。

フロートバルブの種類

フロートバルブはTOTO型のものとINAX(LIXIL)型のものがあります。
TOTO型は半円ゴム状で2本ゴム脚をサイフォン管に取付外しするタイプです。
TOTO型フロートバルブ

INAX(LIXIL)型は球状で下の差し込みの白い棒をサイフォン管に差し込み取付外しするタイプです。
INAX(LIXIL)型フロートバルブ

この2種類は、まった形状の違うものなので部品を用意する時に必ず確認して下さい。
また、TOTO型もINAX(LIXIL)型も大小、大きさの違うタイプが2種類ありますので、
間違わないようにご注意下さい。

(サイズを測って行くか、外して現物を持って行き比べて購入すると間違いないですね)

フロートバルブ交換方法

1.止水栓を閉めて下さい。
(止水栓が回らない場合は無理に行わず、外の元栓を閉めて下さい。)

2.レバーをひねって水が止まっているか確認します。

3.タンクのフタを外します。
(フタとボールタップをつなぐ連結管(ビニールの管)が差し込みであればフタを持ち上げれば外れます。外れない場合はネジ止めか、ゴム止めになっているので、ネジを外すか、ゴムを外して下さい。)

4.レバーとチェーンフックを外して下さい。

5.フロートバルブの取付取外し
TOTO型

5-A1.2本のゴム脚をサイフォン管から外して下さい。

5-A2.新しいフロートバルブを同じように取付ます。
INAX(LIXIL)型

5-B1.ゴム部分を片手でつぶして上の輪になるべくぶつからないように慎重に横に引き出すように外します。

5-B2.同じように新しいフロートバルブを取付ます。
フロートバルブ交換方法
下の白い棒を確実にサイフォン管中央の小さな穴に通します。穴に通っていないと正しく機能しません。

フロートバルブ交換についての注意事項

フロートバルブを取付取外しの時、サイフォン管に力がくわわるとサイフォン管が根元から折れてしまう場合がありますので、取付取外しの時くれぐれもご注意下さい。

6.フロートバルブのチェーンフックをレバーに取付ます。
フックとボールチェーンを外して長さの調整をします。
レバー大の場合は、フロートバルブが大きく上がるように、レバー小の場合は、フロートバルブがちょっとだけ持ち上がるように、レバーの大小が無い場合は、大の場合と同じようにします。

7.連結管を下に向けて止水栓を開きます。
水の流れを見て再度チェーンの調整をします。

8.タンクのフタを取付ます。

9.レバーをひねって手洗管から水が出るか、タンクの外に水が漏れていないかを確認して終了です。

フロートバルブを交換しても直らない考えられる主な原因

1.サイフォン管付根
サイフォン管の付根に亀裂が入っている。
(折れる手前の状態)

2.サイフォン管取付部
サイフォン管の取付部から水漏れしてる。

3.トイレタンク
タンク不良により水が漏れている。
(まれにあるのは、タンク内側の結露防止材が劣化して水の抜ける隙間が出来てしまう。)

このようなケースにより、チョロチョロ漏れが起こる場合もあります。

最後に

「トイレタンクの中でチョロチョロ音が止まらない」
「便器にチョロチョロ水が出てる」
10年も経てば、いつ出てもおかしくない症状です。
日頃からタンク内部品の構造や、状態を知っておく事で、水漏れを放置してして無駄な水道代を払う事のないように、心掛けて下さい。
また、今回ご紹介したボールタップやフロートバルブを交換しても直らない場合は、皆さんが修理対応するのは難しい状態ですので、
専門の水道業者にご相談下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP