メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 キッチン豆知識 >

 パッキンの水漏れ対策は素人でも簡単!シンクの接合部の水漏れ修理

  • トイレの水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    税込4,200円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    税込7,350円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

パッキンの水漏れ対策!シンク接合部の水漏れ修理方法

シンクの下をあけたら水が漏れていたら、一体どこの排水部品が壊れてしまったのだろうと慌ててしまいがちです。
しかしキッチンなどの水漏れは、落ち着いて水漏れの場所を特定することが大切です。

場所を特定したところ、水漏れ箇所がシンク下の排水部分からであれば、少し大変なケースもあるものの自分でなおせる場合もあります。

シンクの下から水漏れが発生

キッチンのシンクで多い水回りトラブルのケースは様々あります。
例えば排水管周りの部品の破損、排水管の詰まり、水漏れなどです。
特によくあるトラブルはパッキンの寿命や破損からの水漏れでしょう。
パッキンは消耗品なので、仮に賃貸であれば賃借人の負担になる場合もあります。
自分で対応できる場合もありますので、専門の水道業者に頼むまえに一度調べてみてはいかがでしょうか。

シンクの排水回りの構造

キッチンシンクの排水は、上から・流し台排水栓(トラップ)・排水ホースナット・排水ホース(蛇腹ホース)・排水ホースを下水管に接続

という形になっていますが、基本的には接続部分には パッキンという部品が内部にあります。
シンクと排水トラップとの接続部分から水が漏れているのは、ナットのゆるみかパッキンの劣化が原因というがほとんどです。

部品の役割と水漏れの原因

ナットのゆるみ

台所の排水栓をナットが固定しています。

接続部分の原因としてよくあるナットのゆるみは接続部分がゆるんでしまうことにより、その間から水漏れが発生してしまっている状態です。

パッキンの劣化

わずかな隙間ができてしまうナットとパイプの間に変形する部品を入れて、しっかりと隙間なく噛み合わせるのがパッキンの役割です。
どうしても長期間使用していると劣化してしまい、排水管よりも早く寿命がきてしまいます。

修理に準備するもの

専用工具

シンクの排水口を締めたり取り外したりする際、手でもできないことはありませんが、かなりかたく締められています。
レンチなど家庭によくある工具ではまわすことはできず、排水口が大きいタイプだと一人で外すのが難しいですが専用工具があればある程度楽にまわすことが可能です。

ホームセンターでも売っていない場合もあり、また商品名はメーカーによっても異なり、鎌状、もしくはYの字状の形で下からまわすもの、板が十字につけられた上側からまわす工具があります。
排水栓のサイズによって使うものがちがいます。一般的には

・流し排水栓スパナ
・流し台用トラップ締め工具
・トラップ締付工具

などの名前がありますので、キッチンや排水関連のなかで探してみましょう。

専用工具がない場合

専用工具を使わない場合には、滑り止めのゴム手袋等を用意し、物によっては2人で行います。

その他の用品

トラップに残っている水が漏れて濡れることもあるので、バケツと雑巾も用意しておきましょう。
また、シンク下の作業なので扉の中においてある物をすべて一度出す必要があります。
この際に水に濡れないように、あらかじめプラスチックなどの入れ物を用意しておきましょう。

パッキン

パッキンを交換する場合には新しいパッキンを購入しなければいけません。
基本的に大きさが合うパッキンなら取り替えられますが、念のためキッチンや排水口のメーカー・型番を調べて同じ種類のパッキンを用意しましょう。

ナットがゆるんでいる場合の修理

事前準備

1.収納物の移動
まずはシンク下に入れてあるものをすべて取り出し、よけておきます。
入れ物などに入れ、万が一水漏れが発生しても濡れないように離れた場所かある程度高さのある場所に置いておきます。

2.シンクの清掃
シンクの中もきれいにしておき、ある程度排水トラップの中のものが流れるように水で流します。
このときに水が漏れてしまうので、水漏れ箇所に雑巾などをあてておきます。

排水口ナットを締める

1.シンク下にまわる
シンクの下に入り込みます。
もしも二人で行う場合には、一人が下に入り込み、もう一人は上から押さえます。

2.ナットを締める
専用工具などでシンクとの接続部分を締めます。
かなりかたいので部品を破損しないように注意しましょう。

水漏れがないか確認する

1.排水口まわりを拭く
少しの水漏れがないかを確認する必要があるので、作業をした排水口トラップまわりを、キッチンの下から拭きます。

2.キッチンの水を流す
キッチンの蛇口から水をだします。

3.水漏れ箇所の確認
水漏れをしていた場所が同様にもれていないか、チェックします。
乾いた雑巾やティッシュなどを使って少しも漏れていないか確認しましょう。

パッキンの交換方法

事前準備

1.収納物の移動
シンク下に保管しているものをすべて取り出してまとめておいておきます。
用意している入れ物などに入れ、水漏れが発生しても濡れないような場所、例えば離れた場所や多少の高さのある場所に置いておきます。

2.シンクの清掃
念のためシンクの中もきれいにしておき、ある程度排水トラップの中のものが流れるように水で流します。
キッチンから水を流すと、水漏れ箇所から水が出て来るので雑巾などをあてて漏水しないように注意してください。

3.止水栓を止める
排水口の作業のため、キッチンの蛇口から水をださなければ水が漏れることはありませんが、排水トラップを外したときにもしもキッチン蛇口から水がでてしまうとキッチン周りが水浸しになってしまうので、念のため止水栓を締めて水をとめます。

ハンドルやマイナスドライバーを使って右にまわして締めます。
止水栓はシンク下にあり、もしもシンク下になければ家庭用の止水栓を締めましょう。

排水トラップの取り外し

1.シンク下にまわる
シンクの下に入り込みます。
二人で行う場合には、一人が下に入り込み、もう一人は上から押さえます。

2.排水口ナットをゆるめる
専用の工具を使うか、軍手やゴム手袋を使いシンクとの接続部分を左にまわしてナットをゆるめます。

3.トラップ下のナットをゆるめる
次にトラップの下にあるナットをゆるめます。
こちらのナットは接続部分に比べると楽にゆるめることができることが多いです。

4.バケツを用意する
作業中に水がこぼれても大丈夫なように排水トラップの下付近にバケツをおきます。

5.排水トラップを外す
ふたつのナットをゆるめたらトラップ自体を上にもちあげます。するとトラップがはずれるので、シンクの上から持ち上げてそのまま外します。

外す過程でトラップの中にたまっている水や油、カスなどがでてくることがありますので、バケツの上にもっていくように外しましょう。

排水トラップのパッキンを交換する

1.古いパッキンを外す
外した排水トラップの接続部分にパッキンがついているので、これを外します。

2.排水トラップをきれいにする
排水トラップにわずかなゴミがあると水漏れしますので、排水トラップの接続部分を拭いてきれいにします。

3.新しいパッキンを取り付ける
新しいパッキンを取り出し、ゴミなどがついていないことを確認します。
シンクのツバにパッキンを置きます。

ここで正しいサイズのパッキンを取り付けないと、パッキンが新しくても水が漏れてしまいます。

排水トラップを取り付ける

1.排水トラップをはめる
綺麗にした排水トラップをシンクの上からはめ込みます。

ここも完全にハマっていないと水漏れが発生してしまいますので、しっかりと力強くはめこみましょう。

2.下部分のナットをしめる
排水トラップの下にあるナットを右にまわしてしっかりときつく締めます。

3.排水口ナットを締める
専用工具などでシンクとの接続部分を締めます。

部品を破損しないように注意しながらしっかりと締めましょう。
ふたつのナットが締められたら作業完了です。

水漏れがないか確認する

1.排水口まわりを拭く
少しの水漏れがないかを確認するために作業をした排水口トラップまわりを、キッチンの下から拭きます。

2.止水栓をあける
準備のときに締めた止水栓を、ハンドルやマイナスドライバーで左にまわして開けます。

3.キッチンの水を流す
キッチンの蛇口から水をだします。

4.水漏れ箇所の確認
水漏れをしていた場所が同様にもれていないか、チェックします。
乾いた雑巾やティッシュなどを使って、わずかな漏れがないか確認しましょう。

止水栓を交換するには!?動画で解説!

水漏れが改善されない場合

ナットを締めても水漏れが変わらない場合には、パッキンが劣化しているので取り替える必要があります。
パッキンをつけても水漏れがなおらない場合には、パッキンがしっかりとはまっていないかナットの締めが弱い可能性が高いです。

特にもともと水漏れしていた以外の場所から水漏れが発生したという場合は、その部分のナットの締めが足りないということになります。
しっかりとはめられていても水漏れするという場合には、排水栓自体が劣化や損傷しているかもしれません。
また、シンクに穴が空いている事もしばしば起こり得るケースです。

まとめ

以上の様に、パッキンを交換しても水漏れが直らない場合、排水栓やシンクが原因と考えられます。
よって、直らない場合必要以上にナットを締め過ぎて破損でもしてしまえば今以上に被害が大きくなってしまいます。
この様な時は無理せずに専用の水道業者にご相談下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP