メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 水漏れ豆知識 >

 マンションは水漏れ放置厳禁!自分で直せるところは早めに修理【手順付き】

  • トイレの水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    税込4,200円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    税込7,350円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

マンション水漏れ。自分で直せるところは早めに修理を

マンションのフロアが水浸しになってしまう水漏れの被害。
突然の状況に驚いてしまうことでしょう。
そんな水漏れは一体どこから発生していますか?まずは発生場所を見つけ出す必要があります。

マンションの水漏れで代表的な水漏れといえばトイレやキッチン、洗濯機などの水回りになります。

さまざまな場所での緊急事態の水漏れ、こんな事態に遭遇してしまったら一刻も早くどうにかしたいところです。

もしも可能であれば自分で手早く応急処置として水漏れを解決できると安心します。
では、これから実際に各水漏れの対処方法についてご紹介していきます。

トイレでの水漏れ3パターン

マンションでよく起こる水漏れの場所のひとつがトイレになります。
トイレが水漏れになってしまうと後始末も大変な上に、一時的にトイレも使用することができないので一刻も早くも水漏れの修理を対応しないといけません。
では、これからトイレの水漏れの各部位の水漏れの3パターンをご紹介します。

給水管接続部分の水漏れ

トイレの水漏れでもっとも典型的な水漏れとしてあげられるのがこの給水管接続部分の水漏れになります。
トイレの給水管は一般的には壁伝いに伸びていて主にナットと呼ばれる金具で固定されています。

そのナットは大体3箇所で固定されています。
そのナットで固定されている3箇所においては水漏れが起こりやすいポイントといわれています。
そのナットからの水漏れとなる原因はナットの内側にあるパッキンの劣化によるものになります。

止水栓からの水漏れ

トイレの止水栓の場所は通常は壁や床から伸びる管にあります。
この止水栓は家中の水周りの場所であれば必ず備え付けられているものになります。
この止水栓から水漏れが起こってしまう原因は、これも部品のパーツであるパッキンの劣化が原因であることが多いです。

トイレタンクからの水漏れ

最近のトイレであればタンク自体がないトイレもありますが、タンクのついてあるトイレはタンクの被せるフタから水が漏れだしてしまいそれがトイレのフロア一面に広がって水漏れとなってしまうことがあります。
原因としては手洗い器のホースが破損していたり、ジャバラホースが手洗い管から外れてしまっていたりすることが考えられます。

給水管接続部分の水漏れ修理

それでは給水管接続部分の水漏れを修理から説明していきます。
まずは修理に必要なものを準備しましょう。

用意するもの
・マイナスドライバー
・パッキン
・コマパッキン
・モンキーレンチ
・ウォ―ターポンププライヤー
・モーターレンチ

止水栓を閉めます

水漏れとなっている場所の作業する前には必ずトイレにある止水栓を閉めてから行いましょう。

ナットを外します

給水管接続部分のナットは主に3つあります。
どこのナットから水漏れしているのかをまずは確認しておきましょう。
その部分を発見したら、モンキーレンチを使ってナットは外します。

パッキンを交換します

ナットを外したら古いパッキンを取り出し新しいパッキンに交換します。

ナットを締めます

そしてまたナットを元の場所に戻します。モンキーレンチを使ってしっかり締めて完了となります。

止水栓からの水漏れ修理

止水栓は、タンクへの給水管につながっています。
この止水栓を修理するには慎重に作業を行う必要があります。

水道の元栓を閉じます

トイレの止水栓を修理するときは家にある水の元栓を閉じてから作業に入りましょう。
マンションであれば玄関にあるメーターボックスの近くにあることが多いです。

上部ナットを緩めます

元栓を閉めたらモンキーレンチを使ってパッキン受けとなる上部ナットを緩めていきます。
反時計回りにすると外れます。
無事にそのパッキン受け上部ナットが外れると三角パッキンが確認できます。

パッキン、スピンドル、コマパッキンを外します

三角パッキンが外れるとスピンドルと言われるパーツがでてきます。
そのスピンドルを外すとコマパッキンが入っています。

新しいパッキンとコマパッキンを取り付けます

新しいコマパッキンをスピンドルに合わせてから戻していきます。
無事にはまったら三角パッキンと座金をセットします。

逆の手順で取り付けます

コマパッキン、スピンドル、座金、パッキンの順で取り付けたらパッキング受け上部ナットを取り付けます。
手で少しだけ回すと固定されます。
そして最後はモンキーレンチでしっかりと締めます。

水道の元栓を開けます

再び水道の元栓を開けます。
念のためトイレの水を流して水漏れがないか確認しましょう。
水漏れがなければこれで修理完了となります。

タンクからの水漏れ修理

タンクの修理は手洗い管に接続するホースが外れている場合はホースをつけてあげるようにセットします。
またホースに穴やヒビがあるなどの破損の場合は同じトイレのメーカーにいって新しいホースを購入して再びセットするだけで修理は完了となります。

キッチンの水漏れ3パターン

キッチンの水漏れで多いのが蛇口からの水漏れや排水トラップの故障、排水管の破損になります。
一般的に多いキッチンの水漏れは蛇口からの水漏れになります。
しかし、排水トラップや排水管が水漏れしてしまうとキッチン下にある収納スペースやその下の床が水浸しとなってしまいますので注意が必要です。
では一般的なキッチンの水漏れ3パターンをご紹介します。

蛇口からの水漏れ

蛇口からチョロチョロ、ポタポタと流れる水漏れ。
蛇口からの水漏れの場合だと緊急性はないものの、ほっておくと水道代がかかってしまいますので、できるだけ早く修理したいところです。
蛇口の水漏れの原因として考えられるのは、その蛇口の中にあるカートリッジの劣化になります。
この水漏れを直すにはカートリッジを新しいものに交換してあげることになります。

排水トラップの故障

排水トラップとは流し台の下にある筒状の形をしたものになります。
この排水トラップが水漏れとなってしまうとキッチン下の収納スペースだけでなくそのキッチンのフロアも水浸しとなってしまうことがあります。
この水漏れはできるだけ早く対処しないといけません。
そして原因としては長年の使用によって劣化したパッキンであることが多いです。

排水管の破損

生活排水や汚水を流すために存在しているのが排水管になります。
この排水管の水漏れも発生してしまうとキッチン周りが水浸しとなってしまうので一刻も早く水漏れを修理する必要があります。
この排水管の破損の原因となるのはキッチンでの長年使用のための劣化によるものです。

キッチンの水漏れ修理

キッチンの水漏れを自分で修理する方法としては主には各部位のパッキンの交換になります。
ではそれぞれ説明していきます。

蛇口の水漏れ修理

今回キッチンの蛇口の中でも最近では一般的になってきたシングルレバー混合水栓の修理方法についてご紹介します。
蛇口の水漏れに必要なものはホームセンターなどでも販売していますので必要であればホームセンターで買いそろえてしまうとよいでしょう。

用意するもの
・カートリッジ
・六角棒レンチ
・ワンホールシングルレバー混合水栓固定具
・モーターレンチ
・マイナスドライバー

1.止水栓を閉めます
修理する前に必ず止水栓が閉めます。止水栓が閉まったら実際に作業を開始します。

2.レバーハンドルを外します
レバー下にある温水や冷水のマークのある小さくて丸いキャップを外します。
中の穴が見えたところで六角棒レンチを回しレバーハンドルを外します。

3.胴体カバーを外します
専用のシングルレバーカートリッジ固定具で本体を固定し、モーターレンチなどの工具でカートリッジの入っている胴体カバーを外します。

4.カートリッジを交換します
古いカートリッジを取り出します。そして、新しいカートリッジに付け替えます。

5.逆の手順で取り付けます
新しいカートリッジに付け替えたら元通りに戻していきます。
注意してほしいのが、元に戻す際もワンホールシングルレバーカートリッジ固定具を使って固定するのを忘れないようにしてください。

6.止水栓を開けます
レバーハンドルと本体カバーまでの取り付けが完了したら、止水栓を開けます。
そして水漏れがないか確認します。
これで水漏れがなければ修理完了となります。

排水トラップの修理

排水トラップからの水漏れの原因はパッキンの劣化であることが多いです。
パッキンを新しいものに付け替えたら修理完了となります。
では実際に必要なものを準備します。

用意するもの
・流し排水栓スパナ

・排水トラップのパッキン

1.排水トラップを外します
シンクの排水トラップの回りにネジがあります。
自力で外すことができるようであれば外しましょう。
どうしても取り外せない場合は流し排水栓スパナを使って外します。
排水トラップから排水ホースを外します。
排水トラップが外れると流し台となるシンクから取り外せます。

2.新しいパッキンに付け替えます
取り外したら古いパッキンを新しいパッキンに付け替えます。
そして元通りに排水トラップを戻したら完了となります。

洗濯機の水漏れパターン

洗濯機から水漏れしている場合は全体的に確認してどこから水漏れになっているのかをよく確認する必要があります。
全体的にみないと原因がわからないので洗濯機の奥まで徹底的に調べておきましょう。

給水ホース付近の水漏れ

洗濯機から水漏れしている場合で考えられるのは給水ホース付近の水漏れになります。
もっとも水漏れが多い場所は蛇口と給水ホースを接続している金具のあたりになります。
蛇口や給水ホースは常に圧力がかかる場所になります。
そのためこのあたりに不具合があると水漏れが発生しやすくなってしまいます。

洗濯機本体の底からの水漏れ

洗濯機本体の底からの水漏れが発生してしまうとその周りのフロアが全体的に水浸しとなってしまいます。
原因としては洗濯槽から排水ホースまで接続されているホースに穴があいてしまっていたり、洗濯槽に穴があいてしまったりなどになります。
この場合は洗濯機メーカーにみてもらうと良いでしょう。

洗濯機の水漏れを修理する

それでは、洗濯機の水漏れを自分で修理する方法について説明していきます。

給水ホース付近の水漏れの修理

給水ホース付近からの水漏れの原因としては給水ホースにダメージがある場合はその物の交換をしてあげることで解決できます。
またその他の原因としては給水ホースをつなぐ役割をもっているニップルと呼ばれる金具の劣化になります。
まずはニップル自体を新しいものに取り替えます。

洗濯機本体の底から水漏れしているときの修理

洗濯槽に穴があいてしまい、そこから水漏れしてしまっている場合は、残念ながら自分で修理することができません。
この場合は使用しているメーカーに確認して修理してもらいましょう。

マンションでの水漏れが発生してしまったら

マンションの水漏れで一番気をつけたいのが階下への補償が発生してしまうような漏水事故になります。
実際に階下からの水漏れ苦情が発生してしまった際には、まず水漏れの原因を確認しなければいけません。
そして、その水漏れの原因が自分の部屋からの水漏れであることが確認できたら不動産会社または管理組合に連絡をとります。

まとめ

マンションの水漏れは発見したらすぐに修理することが重要です。
そのまま放置する人はあまりいないと思いますが、若干の水漏れだから大丈夫という軽い気持ちで修理するタイミングを逃してしまったら、最終的に被害が広がり漏水事故にまで発展してしまう可能性もあります。
仮に水漏れが発生してしまったらまずはどこに原因があるのか特定させましょう。
そしてその原因を特定したら自分で必要なものを準備して早めに修理を行います。
しかし、どうやっても改善しない、手順通りにできないときは、専門の水道業者へご相談下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP