メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 蛇口・水栓豆知識 >

 【素人でもできる】水道のシングルレバーの水漏れを部位別に解決!

  • トイレの水漏れ・詰まり

    トイレの水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    蛇口の水漏れ4,000円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    台所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    風呂の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    洗面所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    配管の水漏れ・詰まり7,000円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水対策漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    漏水対策悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

水道のシングルレバー水漏れ修理を部位別に解決

近ごろの住宅や建物の水道の蛇口は、シングルレバーのタイプといわれています。
そんなシングルレバータイプの水道から水漏れを発見してしまったら、もしも、できるのであれば自分で修理したいものです。

しかし最新のシングルレバータイプの水道は見た目からして複雑そうな作りにみえます。
なんとか、直し方さえわかれば自分で修理できるかもしれません。
そのようにお困りの方に、シングルレバーの水漏れの直し方を部位別にご紹介していきます。

お客様
お客様
自分で蛇口の水漏れ修理できるかしら?
これからシングルレバーの蛇口水漏れ修理方法をご案内しますね。
住まいる水道
住まいる水道

シングルレバー混合水栓とは?

最近の住宅やマンションのほとんどの水道はこのシングルレバー混合水栓となっています。
ひとつのレバー操作で上下左右に動かすことで水を出したり止めたりできます。
また温水や冷水もレバーの向きをかえるだけでコントロールして出すことができます。
力も入れて蛇口を捻ることもなく、片手だけで水を出すことができるのは非常に便利な水道といえます。

シングルレバー混合水栓の水漏れのパターン

急な水漏れが起こったら水道代もかかってしまいます。
そんな水漏れを自分で簡単に直すことができたら助かることでしょう。
しかし、その前にどのような水漏れなのかを確認してそれに応じた直した方で対応していく必要があります。
では、これからシングルレバー混合水栓で起こりやすい水漏れパターンを説明していきます。

シングルレバーの下から水漏れ

シングルレバー下からチョロチョロと水漏れしていませんか?
このシングルレバー下の水漏れは水漏れの中でも多いパターンのひとつです。
この水漏れの原因は主に、このシングルレバーの中の存在しているバルブカートリッジというパーツの劣化になります。

長年使用をしていると、どんなものでもそれなりにダメージがあるように、このバルブカートリッジも古くなり破損が起こってしまっているのです。
カートリッジは消耗品です。

ハンドル下の胴体部分スパウト上部からの水漏れ

スパウトの上部のシングルレバー中間にあたる胴体付近からの水漏れ。
この水漏れの特徴はレバーを上げると水がポタポタと落ちてくるような状態になります。
この水漏れの原因はバルブカートリッジの破損などになります。

また、この場合はバルブカートリッジだけではなくパッキンと呼ばれるパーツ自体も古くなってしまったため隙間ができ水漏れとなってしまっていることがあります。

大体はバルブカートリッジの交換で修理完了となりますが、それでも水漏れが直らないようであれば水栓本体を新しいものに交換してあげる必要があります。

スパウトの下部から水漏れ

スパウトの下にある継ぎ目からも水漏れが起こる場合があります。
この場合の原因として考えられるのもバルブカートリッジが原因になります。
長い間の使用によってバルブカートリッジがうまく機能しなくなることによって、このような水漏れが発生してしまいます。

吐水口からの水漏れ

レバーを閉めたはずなのに吐水口からのポタポタと落ちる水。
このような水漏れも非常に多いパターンです。
このタイプの水漏れはポタポタという音も響いて、四六時中気になってしまう方もいるようです。
この水漏れの原因も主にバルブカートリッジというパーツの劣化によるものになります。

シングルレバー混合水栓の水漏れ修理: バルブカートリッジの交換

部位別の水漏れのパターンを見ていくと、どの場合も主にはバルブカートリッジの劣化が原因となります。
このパーツを新品のものに交換してあげると大抵の問題は解決するケースが多いです。

実際に作業に入る前に準備しておくべき工具や部品がありますので確認しておきましょう。

また、自宅近くにホームセンターがあれば、ホームセンターにいってまとめて揃えてしまうとよいでしょう。
そしてホームセンターが近くにないという場合はインターネットでも販売していますので、水漏れのレベルが気にならない程度であれば、インターネットでまとめて注文しておくこともできます。
では自分で行う修理方法の説明に入ります。

用意するもの

  • バルブカートリッジ
  • 六角棒レンチ
  • 台付きシングルレバーカートリッジ専用固定工具
  • モーターレンチ
  • プラス、マイナスドライバー
  • プライヤー

※カートリッジは水栓によって取り付ける物が決まっています。
必ず使用している水栓の品番を調べ、適合するカートリッジを用意して下さい。
ホームセンターで必ず売っているわけではありませんので、ご注意下さい。

作業前には必ず止水栓を閉じる

自分で修理に入る前に必ずやってほしいことが止水栓を閉じるということです。
場所はキッチンであればシンクの下が止水栓になります。
止水栓が無い場合もあります。その場合は屋外の元栓を閉めます。

また普段の止水栓は開けられた状態なので、急に閉めようとしても固着していて閉めることができない可能性もありますので、その場合も無理に回さず屋外の元栓を閉めます。

レバーハンドルを外す

まず、はじめに小さめのマイナスドライバーなどを使って、レバー下にある温水や冷水のマークのある小さくて丸いキャップを外します。
そして、中の穴が見えたところに六角棒レンチを入れて回します。
(プラスネジの場合もあります。その場合は、プラスドライバーで回して下さい。)
回しながらレバーハンドルを上に持ち上げるとレバーハンドルが外れます。

古いバルブカートリッジを取り出す

台付きシングルレバーカートリッジ専用固定工具をシングルレバー胴体の一番下にある穴に差し込み、動かないように固定しておきます。

注意してほしいのが、この胴体部分が回ってしまうと蛇口下の給水管がねじれて破損し階下へ漏水してしまうので、この胴体部分は必ず専用工具で押さえておきます。

そして本体が回らないように注意しながら、モーターレンチなどの工具で回してから、バルブカートリッジの入っている胴体カバーを外します。

カバーは固着していて、簡単には外れません。
固定具なしで無理に回さないでください。
カバーが回らない場合、本体が回ってしまう場合、ひどくならないうちに作業を中止して専用の水道業者にご相談下さい。

バルブカートリッジを交換する

バルブカートリッジの入っているカバーを外すことができたら、その中にバルブカートリッジが入っていますので取り出して新しいものに交換します。

逆の手順で組み立てます

バルブカートリッジを置いたら、外した胴体部分のカバーをかぶせます。
そしてまわして閉めます。
このときも胴体部分全体が動かないように台付きシングルレバーカートリッジ取外し工具で固定しておきます。

そしてモーターレンチなどの工具などでしっかりと閉めます。

そして最後にレバーハンドルをかぶせて六角棒レンチやプラスドライバーでネジを回しながら閉めてレバー下にある温水や冷水のマークの丸いキャップを、元通りにかぶせたら完了です。

止水栓を開けます

最後は止めておいた止水栓を再び開けて水漏れしていないか最終確認をして、水漏れしていなかったら完了となります。
水漏れを発見してしまった場合は、各パーツがきちんとはまっていない可能性がありますので、再度バルブカートリッジを取り出す工程に戻って確認をしてみましょう。
また必ず工具で部品をきっちり閉めることも重要になりますので、きちんと対応できているか確認しながらパーツを戻していきましょう。

それでも水漏れが止まらない場合はカートリッジが原因ではありません。
その場合は水栓本体の異常が考えられますので、水栓本体の交換が必要となります。

シングルレバー混合水栓の水漏れ修理:パッキンの交換

ハンドル下の胴体部分スパウト上部からの水漏れの場合は、バルブカートリッジだけを取り替えても水漏れが直らない場合があります。
また、他の水漏れのパターンでもバルブカートリッジを新しいものに交換したけど、まだ水漏れしていることがあります。
その場合はパッキンと呼ばれるパーツも交換してみましょう。

用意するもの

  • パッキン(2個)
  • ※水栓によって異なる場合がありますので、必ず確認して下さい。

  • 六角棒レンチ
  • 台付きシングルレバー固定工具
  • モーターレンチ
  • プラスドライバー、マイナスドライバー

パッキンは水栓によって取り付ける物が決まっています。
必ず使用している水栓の品番を調べ、適合するパッキンを用意して下さい。
ホームセンターで必ず売っているわけではありませんので、ご注意下さい。

レバーハンドルおよび胴体部分を取り外す

バルブカートリッジ交換のときと同じ手順で六角棒レンチやウォ―ターポンププライヤーを使ってレバーハンドル部分、バルブカートリッジが含まれている胴体部分を外します。

スパウトを外す

スパウトは水がでる吐水口のパーツになります。
このスパウトは、上にゆっくりと引き上げるとうまく外れます。
そうすると、金具または、樹脂部分のパーツがむき出しとなります。
そこに黒いワッカのような形をしたパッキンが二個見えてきます。

パッキンの交換

金具のパーツ部分がむき出しになると、黒いワッカのパッキンが見えてきますのでマイナスドライバーなどを使って黒いワッカのパッキンを引っ掛けて取り除きます。
そして新しいパッキンを取り付けます。

パッキンを取り外す時、取り付ける時に傷をつけない様にご注意下さい。
傷をつけるとせっかく交換してもまた水漏れします。ゆっくり慎重に行って下さい。
また、メーカーによっては、パッキンの取りつけ向きがありますので、取り外す時によく向きを観察して下さい。

逆の手順で組み立てます

取り外した部品を元に戻していきます。
スパウト、バルブカートリッジの入った胴体部分のパーツ、レバーハンドルの順に戻します。
はじめに取り外したときに使用した、六角棒レンチやモータレンチなどの工具を使ってきちんと閉め忘れないように戻していきましょう。

動画で解説!台所シングルレバーのスパウトパッキン交換方法を紹介!

止水栓を開けます

最後は止水栓を開けて、水漏れしていないかの最終確認を行います。
実際に、レバーハンドルを動かして水漏れしていないか点検してみましょう。
これで水漏れが直っていれば完了となります。

まとめ

シングルレバー混合水栓の水漏れの原因の多くは、バルブカートリッジというパーツの劣化になります。
長年の使用による経年劣化が原因です。そのため、このバルブカートリッジを交換する事によって直る場合もあります。
必要な部品や工具をそろえることができたら部品を順番に取り外していき、バルブカートリッジを新しいものに交換します。
そうすることでシングルレバーの水漏れは自分で修理を行うことができます。
しかし、思い通りに修理できない場合や、工具や部品をうまくそろえることができない、自分で修理できる自信がない、修理したけど、まだ水漏れしているといったこともあるかもしれません。

ただし、水漏れが直らないからといって、無理はしないでください。
無理をして被害が大きくなったら大変です。

ご自分で無理だと判断したら、あわてず専門の水道業者にご相談下さい。

お客様
お客様
無理は禁物!って事ね。
はい、無理に直そうとしてかえって水漏れの症状が悪化してしまうという事もあります。
無理をする前にまずはご相談ください。
住まいる水道
住まいる水道
サービス内容 作業料金
水漏れ修理
蛇口交換
調整作業等(パッキン交換含む) 4,000
スピンドル・スパウト等部品交換 5,000
単水栓(壁付)交換 6,000
各種混合水栓交換 7,000~

表は左右にスライドします。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP