メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!

水道修理・工事なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 蛇口・水栓豆知識 >

 【レバー水栓の水漏れ】水漏れ箇所別に解説!初心者でもできる簡単対処法

  • トイレの水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    税込4,200円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    税込7,350円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

レバー水栓の水漏れを箇所別に解説!

レバー水栓から水漏れしてしまうことがあります。
長く使っていると蛇口の寿命や部品の損傷など、思わぬトラブルがあるものです。
そんな時、皆さんでも出来る対処方法を覚えておくと、いざという場合に役立ちます。

トラブル事例

レバー水栓から水が漏れてしまうと、床にまでは影響がなくても・水道代がかさんでしまう
・音が気になるなどの問題が発生します。

レバー水栓の種類にもよりますが、寿命は約10年ほどです。
多少の水漏れだからと放置していると症状がひどくなることもあり、特に水栓と寝室が近い場合にはポタポタとたれる音が気になって眠れずに生活にも影響が出てきます。
締めているときには水漏れがなくても、水道を出しているときにのみ水漏れが発生するケースもあります。

レバー水栓の水漏れをよく見てみると、どの箇所から漏れているのかを見わけることができ、更にその箇所からある程度の原因箇所を特定することが可能です。
実はレバー水栓の型番がわかれば、部品を自分で用意して取り替えることで水漏れの症状を改善することができます。

レバー式水栓の構造

原因を特定する前に、ある程度の水栓レバーの構造を知っておきましょう。
一般的なキッチンのレバー式の水栓の構造は、上から

・レバーハンドル
・カバー
・カートリッジ
・蛇口がついている胴体

となっています。

症状別にある程度原因箇所は特定できるのですが、基本的にレバー水栓の水漏れ原因箇所は

・カートリッジの劣化
・レバー水栓本体劣化

のいずれかで、レバー水栓本体の劣化でなければ、カートリッジの交換で解決することになります。

水漏れ箇所別の原因部分

レバーの根元からの水漏れ

上下左右に動かせるレバー部分の根元から水が漏れているケースで、レバーの中にあるカートリッジが故障しているケースがもっとも多いです。

蛇口胴体部分の上からの水漏れ

蛇口の胴体である部品の上部分から水が漏れている場合は、下記の原因が考えられます。

・カートリッジの故障
・レバー水栓全体の劣化

カートリッジの交換であれば簡単に行える場合もありますが、水栓レバー全体をとりかえるのは難易度が高くなるので、水道業者に依頼しましょう。

蛇口胴体部分の下からの水漏れ

蛇口がついている胴体の舌部分から漏れている場合は、主に

・スパウトパッキンの劣化
・カートリッジの劣化

のどちらかになりますので、カートリッジの交換で解決することがほとんどです。

蛇口を締めてもポタポタたれてくる

蛇口を締めているのに、ポタポタと水が滲み出てくる場合は、カートリッジの故障がほとんどです。

カートリッジの交換方法

準備するもの

1.工具


プラスドライバーか六角レンチが必要です。

レバー水栓の種類によって異なります。
止水栓やレバー止めネジのカバー外しにマイナスドライバーを使うこともあります。
カートリッジカバーを外すのにモーターレンチを使用します。

2.交換部品
カートリッジを用意します。
カートリッジにゴムパッキンがついているタイが多いので、カートリッジごと交換します。

3.バケツ・雑巾
止水栓を止めて正しく作業すれば水が吹きでることはありませんが、万が一の水漏れのために用意しましょう。

レバー水栓の品番の調べ方

レバー水栓の内部部品は種類によって異なっており、各メーカー共通のタイプはありません。
そのためカートリッジを取り替える必要がある場合には、レバー水栓の品番を調べて間違えずに用意しなければなりません。
ホームセンターで購入できる場合もあればメーカーに依頼しないと購入できないケースもあります。

もしも自宅にレバー水栓の説明書があれば品番が記載されている場合がありますので、説明書がないか確認してみましょう。
説明書がなくレバー水栓本体で品番を確認するには品番ラベルを見る方法があり、ラベルは下記のいずれかに貼られていることが多いですが、横や後ろについているケースが多いです。
しかし、シールの字が消えてしまっている場合も多いので、わからない時は蛇口のメーカーを確認し、写真から蛇口の品番を特定してもらう方法もあります。
通常、メーカー名は蛇口のどこかに刻印されています。探して見ましょう。

ラベルがついているのは主に以下の箇所です。

・蛇口の根元
・まわる胴体の少し下の位置
・レバーの根元

ラベルには英字と数字の混在や数字のみの3-4桁が2つほど並んでいるのが一般的ですが、メーカーによっても異なります。
主に水洗レバーを製造しているメーカーとその型番は下記のとおり例として参考にして下さい。

・INAX:BF、SF、LFのいずれかではじまる2桁-3桁-2桁/3桁の英数字です。
・TOTO:英数字が4桁+4桁で並んでいます。
・KVK:7桁の英数字、もしくは5桁-3桁の英数字です。
・カクダイ:3桁-3桁の数字か4桁の数字、最後にアルファベットがつくこともあります。
・SANEI:PRから始まる5桁の英数字で、最後に-○○とつくものもあります。
・ミズタニ:MKで始まる5桁もしくは8桁の英数字です。
※年代によってアルファベットや桁数には若干の違いはでてきます。上記はあくまで参考例です。

止水栓の締め方

1.必ず作業前に止水栓は締める
レバー水栓の作業を行う際には必ず準備として止水栓、つまり水の元栓を締めておきます。
止水栓が回らない、動かない場合は無理に回そうとせずに屋外の元栓を閉めて下さい。

2.止水栓の場所
キッチンや洗面所であればシンク、洗面台の下の扉を開けてみるとそこの蛇口部分のみの止水栓がある場合があります。
止水栓が見つからない場合は、場所ごとに止水栓が設置されていないケースが考えられますので、家全体の元栓を締めましょう。
マンションであれば玄関にメーターボックスがあることが多く、戸建てやアパートであれば外の地面にあります。

3.止水栓のタイプ
止水栓は通常

・ハンドルタイプ
・マイナス溝

のどちらかのタイプになっています。
ハンドルであればそのまままわすだけでよいですが、マイナス溝の場合にはマイナスドライバーでまわさなければいけません。

4.締めたら蛇口をあけて確認
止水栓を締めたあと、一度蛇口をあけて水が止まっているか確認しましょう。

レバーを外す

1.レバーのネジをゆるめる
よく見ないと見つけられませんが、レバーを外すためのネジがレバーの下部分にあり、プラスドライバーでまわせるものや六角レンチでまわせるものなどがあります。
レバーの上についている種類もあり、その際はカバーがついていることもあるので、ネジの前に上カバーをマイナスドライバーで外し、そこから見えるネジをゆるめます。
工具で左側にまわしていくとネジがゆるみレバーがとれるようになりますが、ネジがとれるタイプのものはネジをなくさないように気をつけてください。

2.レバーハンドルをはずす
ネジがゆるんだらレバーを上にはずします。この時点でなかにあるレバーの芯が見えるようになりますが、これがカートリッジという部品です。
しかしこの時点ではまだはずすことはできません。

カートリッジの交換

1.胴体部分上部のカバーをはずす
カートリッジを覆っているカバー部品を外します。
このカバーは少しかたいこともありますが手で左にまわして外すか、モーターレンチを使用して外すことが可能です。
また蛇口ごとまわってしまうこともあるので、蛇口を押さえながらまわしましょう。
この時、専用の工具がありますので、必ずその専用工具で蛇口本体が回らないように固定しながらカバーを外して下さい。

蛇口ごとまわしてしまうと、給水管が破損する可能性があるので注意して行ってください。
本体が回ってしまう場合、専用の固定具がない場合は無理にご自分で作業せずに専用の水道業者に頼んで下さい。

2.カートリッジをはずす
カバーがとれたらカートリッジも外せるようになるので、取り替えるために外します。
カートリッジは工具を使わずに簡単に取れるようになっています。
この際、取り出すバルブカートリッジのゴムパッキンが残っていることがあるので、残っていれば取り外します。

3.新しいカートリッジを取り付ける
古いカートリッジを外したら、新しいカートリッジを取り付けます。
取り付け向きにご注意下さい。

レバーを戻す

1.胴体部分上部のカバーをつける
外した順番に戻していくので、まずカートリッジを覆っていたカバーを右に回して取り付けます。
次にレバーハンドルを取り付けます。

水を流して確認

水栓部分を修復したら、止水栓を戻して水漏れが改善されたかどうかや他部分に発生していないかを確かめます。
このチェックの際、必ずレバーを上下左右に大きく動かして確認してください。

気をつけておくべきこと

元のとおりにできなかったり部品が足りない状態で戻したりしてしまうと、改善されないどころか水漏れの量が増えてしまうことにもなるので注意しましょう。

メーカーのサイトで品番を確認すると、取り付けや取り外しの方法が記載されていることもありますので、取り外し方はメーカー記載の方法を優先して行ってください。

まとめ

レバー水栓の水漏れも状況によっては皆さんでも部品交換が可能な場合もありますが、しかし、うかつに素人が触らないほうがよいケースもあります。
次の場合は決して無理に作業をしないでください。

・カバータイプだが蛇口を固定する専用工具がない
・レバーを外すことができない
・水栓の品番がわからない
・部品を紛失してしまった
・交換してみたが改善されない
・レバー水栓ごと取り替えたい

以上のような場合は専用の水道業者へご相談下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP