メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!

水道修理・工事なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 トイレ豆知識 >

 素人でも出来るトイレタンク水漏れ修理方法をプロが直伝

  • トイレの水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    税込4,200円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    税込7,350円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

トイレの水漏れで一番多いのは?

・便器の中にチョロチョロ水が流れてる
・タンクの中でいつまでも水がポタポタ落ちる音がする。

皆様はご経験ありませんか?

水漏れの原因は色々ありますが、特に多いのはフロートバルブの劣化による水漏れです。
フロートバルブ(排水弁)とは、トイレタンク内にある丸いゴム製の排水弁です。
タンクの中に水を溜めておく栓の役目をしています。
フロートバルブはトイレタンクの種類によって形、大きさなどいくつかの種類があります。
代表的なものは〈写真1〉の半円状のタイプ、もう一つは〈写真2〉のボール状のタイプで各それぞれ大小二種類があります。
このフロートバルブが劣化してくると栓の役目が出来なくなり漏れた水が便器にチョロチョロ出てきます。
そしてタンクの水が少しずつ減っていくので上の給水弁がチョロチョロ水を出し始めます。
目で気がつくか、音で気がつくかの違いで基本この症状は同時進行で起こります。
ではどうするか?こんな症状の時はフロートバルブを交換します。

トイレタンクの蓋を外して、黒いゴム玉が無い場合、またもう一枚内蓋がついている場合〈写真3〉は、専用の排水弁が取付られている為、〈写真1、2〉のフロートバルブは使用していませんので、本文説明のフロートバルブ交換は出来ません。
※専用の排水弁が手に入る様な場合は製品に入っている説明書を参照にして交換を行なって下さい。

フロートバルブの交換方法

まず、レバーを見て下さい。

大と小の表示はありますか?
レバーが前後又は左右に動きますか?
片方向しか動かない場合は→bへ
両方向に動く場合
・小は手でレバーを回している間だけ水が流れます。
・小の状態で便器に水が流れる様子を見ておいて下さい。フロートバルブを交換した後にボールチェーンの長さの調整で同じ様な状態にします。何となくで結構です。覚えておいて下さい。

※小にすると手で押さえて無くても一定量流れてしまうトイレタンクは、前記しました様に〈写真1、2〉のフロートバルブを使ってないタイプです。

止水栓もしくは元栓を閉めます。

水が止まっているか確認をしましょう。
レバーを大で流します。この時に 水が給水されず止まっていればOKです。

※止水栓は通常タンク横の壁又は床に取付られています。
止水栓はマイナスドライバーで止めるタイプ(D式)

 

 

 

ハンドルを回して止めるタイプ

 

 

 

の二種類ですが、固くなって回らない場合、無理に回さないで下さい。
元栓を閉めて交換作業を行います。

タンクの蓋を外します。

(持ち上げただけでは外れません!)
タンクの蓋を外す場合、蓋の手洗い管の裏側に手洗い連結管がつながっています。
連結管はネジ止め又はゴム管差し込みになっています。必ずタンクの裏側で外して下さい。

※タンクの蓋は意外と重いので気をつけて行なって下さい。
蓋に手洗い管が付いていなければそのまま外せます。

タンクの蓋を外した時、タンクの中にペットボトル、ビールビン、ジュースのビン等が入っていませんか?
一時期、節水目的で入れていた方が、いらっしゃいましたが、トイレのタンクの水量は使用後の便器が正しく洗浄できる様に合わせて作られた水量です。2Lのペットボトルを入れれば2L流れる水が少ないという事になり、詰まりの原因になるかもしれません。せっかく節水目的で入れたのに詰まってしまい、水道業者を呼んで直してもらい、お金が掛かってしまったのでは意味のない事かもしれません。この機会にタンクの中の余分な物は出してしまいましょう。

※また余談ですが、タンク内に入れる固形洗浄剤もタイミングが悪いとフロートバルブと接触して流れっぱなしなんてトラブルもあります。
もし入れる時はフロートバルブに接触しない様な場所に上手く入れて下さい。
又、タンクの蓋にカラー石や造花などを置く場合もタンク蓋の穴から落ちて中に入らない様な大きな物にしましょう。

レバーの先端に付いている、金具(フック)ごとフロートバルブのチェーンを外します。

 

フロートバルブを外して取り出します。

フロートバルブは、タンク内に立っているサイフォン管(オーバーフロー管)に取り付けられています。
半円形フロートバルブは、両サイドの突起に引っかかっていますので外して下さい。

 

 

 

 

ボール型フロートバルブは、ボールをつぶす様にして横に引き出してください。
フロートバルブを引き出す時に、上部の輪に負担をかけて無理に外そうとすると、サイフォン管が根元から折れてしまう場合があります。
取り付ける時も同様ですが、くれぐれもご注意下さい。

 

 

フロートバルブを取り付けます

基本外した時と同様に取り付けします。
半円形フロートバルブは、両サイドのゴムを取り付けたらボールチェーンを持ち、軽く上下させ、外れないか確認してください。
ボール系フロートバルブは白い棒が中央の穴に入っていないと、正しく作動しません。白い棒を中央の穴に確実に差し込み、ゆっくり取り付けて下さい。取り付けたらボールチェーンを持ち、上下させ確認して下さい。

チェーンを取り付けます。

金具(フック)をレバーの先端に外した時と同様に取り付けます。
重要なのは、この後のボールチェーンの長さ調整です。
レバーが1方向のみ動作(大のみ)のレバーの場合は、さほど難しくはありませんが、大小付きレバーの場合は、ボールチェーンの長さにより正しくレバーが作動しない場合がありますのでお気を付け下さい。
基本ボールチェーンは、ややたるませるぐらいで合わせます。
タンクに水を溜めた状態で大で流しフロートバルブが完全に上がる様ならOKです。
小は、タンクに水を溜めレバーでボールチェーンが引っ張られても、フロートバルブが完全に上がりきらなければOKです。

金具にボールチェーンを引っ掛けた状態で余分なボールチェーンはあまり長いと、絡まってしまう場合もありますので、4〜5玉残して、ニッパーなどで切ってしまっても良いです。

正しく調整が出来ましたら、

 

タンクのフタを取り付けます。

外した時と同様に取り付けを行ってください。
手洗連結管は確実に取り付けを行い、水漏れの確認も念入りに行って下さい。取り付けに不備があると、タンク外に水が飛び出す事もありますので、くれぐれもご注意ください。

次の水漏れは給水管です。

給水管とは、トイレのタンクから止水栓までをつないでいる管です。
水漏れで多いのは、タンク側や止水栓側の取り付けナットからの水漏れです。
多くは、ナット内に取り付けてあるパッキンの劣化です。

 

 

給水管パッキンの交換方法

まず止水栓を閉めましょう。

(フロートバルブ交換b参照。)
固くて動かない場合は、無理に回さず元栓を閉めましょう。

タンクのフタを外します。

(フロートバルブの交換c参照)
タンクのフタは以外と重いので、くれぐれも落とさないように気をつけて下さい。

給水管を取り外します。


取り付けナットはモンキーレンチでタンク側のナットから外してください。
この時、タンク内の接続する弁が一緒に動いてしまう場合があります。
必ず工具を持つ方と反対の手で、給水弁を抑えてからナットをゆるめて下さい。
次に止水栓側のナットを外します。
この時も工具を持つ方と反対の手で止水栓本体を抑えてから、ナットをゆるめて下さい。

 

パッキンを交換します。

取り付けてあるパッキンを確認して下さい。パッキンはどれも同じではありません。必ず同じ合ったパッキンを取り付けないと、後で水漏れを起こしますので、くれぐれもご注意下さい。

【動画で解説!】フレキパッキンの交換

給水管を取り付けます。

外した時と逆順で、止水栓側→タンク側、の順で取り付けます。

タンクのフタを取り付けます。

(フロートバルブ交換h参照)
タンクのフタは確実に取り付け、水漏れ確認を必ず行って下さい。

止水栓もしくは元栓を開きます。

水漏れ確認を必ず行って下さい。

以上、一般的な水漏症状、原因、修理方法をご紹介しましたが、部品が上手く外せない取り付けられない、ナットが固くて回らない、手順通り行ったが直らない、等などありましたら、くれぐれも無理をせずにご連絡下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP