メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 水漏れ豆知識 >

 水道から水が漏れる時の修理の方法や劣化部分の見極め方法について

  • トイレの水漏れ・詰まり

    トイレの水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    蛇口の水漏れ4,000円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    台所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    風呂の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    洗面所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    配管の水漏れ・詰まり7,000円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水対策漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    漏水対策悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

多くの住宅で使用されている混合栓。
この水栓器具には10年という耐用年数があります。
長く使い続けているうちにトラブルが起き始めるでしょう。
トラブルのうち最も多いのが、水漏れです。
パッキンやその他部品の劣化、接続部の緩みによって起こる水漏れは、最初は少ない量でも放置しておくと次第に量が多くなり、水道料金の上昇や浸水による住宅への悪影響が懸念されます。
水漏れを見つけたら、すぐに対処することが大切です。
水漏れ修理は業者しか出来ないのでは?と思われていますが、実は軽度のものであれば自分で修理可能です。
今回は、水道から水が漏れる時の修理方法についてお伝えします。
水漏れの症状によって修理すべき箇所は違うもの。
ここでは症状から劣化部分を見極める方法、水栓器具別の修理方法について詳しい手順をお伝えします。
修理が苦手な方、重度の水漏れでお悩みの方の参考になる、水道修理業者を利用した場合の料金目安についてもご紹介しますので、是非最後までご覧ください。

水道の蛇口のタイプによって水漏れの原因は違う

一般家庭の水回りには混合栓と呼ばれる水道が設置されています。
混合栓とは、一つの吐水口から水とお湯両方が出てくる水栓器具のことです。
混合栓にはいくつかの種類があり、種類ごとに形状はもちろん、使用されている内部部品が異なります。
それはつまり、水が漏れる原因も異なるということです。
本記事では、水栓器具別の修理方法について詳しくお伝えしてまいります。
まずはその前に、ご使用中の水栓器具がどの種類なのかについて、こちらでご確認ください。

蛇口からの水漏れ

混合栓の種類 シングルレバー混合栓 2ハンドル混合栓 サーモスタット式
混合栓
特徴 1つのハンドルで水と湯両方の流量を調節する 1つの吐水口に対して2つ(水と湯別々)のハンドルがついている 吐水温度が一定に保たれる自動温度調節機能がついている
使用されることの
多い場所
キッチン・洗面所 洗面所 浴室

ご自宅の水回りにある水栓器具はどれか、お分かりいただけましたか?
それでは次項より、劣化部分の見極め方法と修理方法についてお伝えしていきます。

水道水漏れの箇所から劣化部分を見極める

水道から水が漏れる原因の多くは、ハンドル又は本体にある内部部品の劣化によるものです。
水栓器具種類別の原因については、下記表をご確認ください。

水漏れ箇所 蛇口先端 本体 スパウトの付け根
シングルレバー混合栓 バルブカートリッジ バルブカートリッジ/パッキン パイプパッキン
2ハンドル混合栓 コマパッキン パッキン/ナットの緩み 三角パッキン
サーモスタット式混合栓 切替開閉バルブ 切替開閉バルブ/パッキン スパウトパッキン

水漏れ箇所を確認することで、上記表にあるように、原因部品を特定することができます。
劣化や損傷、強い衝撃によるズレが水栓内で生じることで水漏れが起きてしまいます。
これを解決するには、部品の交換をするしかありません。
表にあるパーツの交換作業でしたらそれほど難しくはありませんので、ぜひ自分で行ってみましょう。

住まいる水道
住まいる水道
自分で修理できれば修理費用も安く抑えられますよ。
ただし、対象の水道を使い始めてから10年以上経過している場合は、新しいものへの交換をおすすめします。
10年以上経っていると、直しても意味がないのでしょうか?
お客様
お客様
住まいる水道
住まいる水道
水栓器具の耐用年数はおよそ10年。
これ以上経過しているのであれば、今回問題が生じた部分以外にも劣化が生じているものと考えられます。
今回修理をして水漏れが解消されても、いずれまたどこかでトラブルが起きてしまうでしょう。
今回の修理は応急処置という形にするとして、近いうちに交換を検討した方がよさそうです。

シングルレバー混合栓から水漏れしているときの修理方法

シングルレバー混合栓の水漏れの原因の多くは、バルブカートリッジやパッキンの不具合によるものだと考えらえます。

お客様
お客様
バルブカートリッジとはどんな部品ですか?
温度や水量の調節を行う部品です。
この部品はシングルレバー混合栓の心臓部とも言われるくらい重要なものなのですよ。
シングルレバー混合栓から水が漏れる多くの原因はこのパーツの不具合によるものであることが多いです。
住まいる水道
住まいる水道

蛇口先端や本体部分からの水漏れは、バルブカートリッジが正しく機能しなくなったために起こるトラブルです。
さらに、パッキンが劣化している可能性も考えられます。
水栓器具内部のパッキンは水密性を保つためにあるものですが、劣化によってゴムが固くなると本来の役割を果たせなくなり、水漏れの原因となります。

長く使用している水道の場合は、バルブカートリッジの交換とともにパッキンも交換しておくと良いでしょう。
これらの部品は水栓器具の内部にありますので分解しなければなりませんが、あまり難しい作業ではありませんので、是非自身で行ってみましょう。

交換用の新しいバルブカートリッジやパッキンは、メーカー又は水栓器具パーツを扱うネット通販にて購入できます。

新しいカートリッジを取り付けます

どれも互換性はありませんので、水栓器具本体に貼られているシール又は取扱説明書に記載されているメーカーや品番を確認し、対象と一致するものを選んでください。

また、作業には工具が必要となります。
下記のものを準備してから作業を始めましょう。

  • マイナスドライバー
  • モンキーレンチ
  • シングルレバーカートリッジ専用工具(水栓の種類によっては必要になる)

シングルレバー混合水栓のカートリッジ交換方法

  1. 止水栓を閉める
  2. 作業を行う前に止水栓又は元栓を閉めましょう。
    止水栓はシンク下のカウンターにある給水管についています。
    水と湯の2本がありますので、どちらも閉めてください。
    元栓は、戸建ては敷地内外にある量水器ボックスの中に、集合住宅は玄関横パイプシャフト内又は共同スペースで、いずれも水道メーターと同じ場所にあります。

    止水栓、元栓、どちらも閉める際は時計回りに回してください。

  3. レバーハンドルを外す
  4. 蛇口からの吐水量や温度の調節を行うレバーハンドルを外します。
    ネジ式の場合はマイナスドライバーでネジを緩めてから上に引き上げます。
    ネジのないものははめ込み式となりますので、そのまま上に引き上げて取り外しましょう。

  5. バルブカートリッジ押さえを外す
  6. バルブカートリッジはただはめ込まれているもので、こちらの押さえで固定されています。
    この押さえをモンキーレンチで回して取り外しましょう。
    水栓器具の種類によっては専用工具が必要なものもありますので、事前に確認が必要です。

    カートリッジ押さえは固く固着しているケースが多く、無理に取り外すと水栓器具自体が壊れたり、つながっている給水管がねじ曲がったりと二次被害が起こりますので十分注意しましょう。

  7. 部品を順に外していく
  8. カートリッジ押さえを外したらその下には、バルブカートリッジ→吐水口→パッキン×2があります。
    これらを順に取り外していきましょう。

    外す際は順番が分かるように、またどの向きで取り付けていたか分かるように写真等で撮影しておくことをおすすめします。

  9. 部品の清掃をしておく
  10. 取り外したスパウト内部やパッキン取り付け部は汚れていることでしょう。
    ゴミやホコリが付着したままだと再度水漏れの原因となりますので、ここでキレイに拭き取っておくことが大切です。

  11. 新しい部品を取り付けながら元に戻す
  12. パッキン×2→吐水口→バルブカートリッジ→カートリッジ押さえ→レバーハンドルの純で部品を取り付けて元に戻します。
    パッキンの向き、バルブカートリッジは新しいものを取り付けましょう。

    このとき、取り付け向きを間違わないよう十分お気を付けください。

    すべて元に戻したら、止水栓か元栓を開いて通水し、水漏れが直っているかを確認しましょう。

動画で解説!台所シングルレバーカートリッジ交換方法を紹介!

2ハンドル混合栓から水漏れしているときの修理方法

ハンドルをきつく締めても水が止まらない、ハンドルが空回りしているなどのトラブルが起きやすい2ハンドル混合栓。
この原因は、パッキンの不具合やナットの緩みによるものであると考えられます。
2ハンドル混合栓にはシングルレバー混合栓に使われているバルブカートリッジは内蔵されていませんが、その代わりいくつものパッキンが使われています。
下記表は、2ハンドル混合栓の水漏れ箇所と劣化していると考えられる部品の関係をまとめたものです。

水漏れ箇所 吐水口 ハンドル下 パイプの根元
原因と考えられる部品 コマパッキン(ケレップ) 三角パッキン Uパッキン

このように場所によって使われているパッキンの種類が異なります。
使用開始から5年以上経過しているのであれば、今回問題が生じた部分以外のパッキンも新しく取り換えておきましょう。

2ハンドル混合栓のパッキンはホームセンター等で購入できます。
互換性はありますが、大きさや種類を間違えてしまうとピッタリとハマりません。
一度取り外して確認し、同じものを購入してください。

2ハンドル混合栓は他の二つに比べてシンプルな構造となっており、修理はそれほど難しくありません。
ここでは、上記表にあった3つのパッキンの交換修理方法についてお伝えしますので、ぜひ自分で作業してみましょう。

作業を始める前に、下記の工具を準備しておきましょう。

  • モンキーレンチ
  • プラスドライバー
  • ウォーターポンププライヤー

2ハンドル混合水栓のハンドル部の交換方法

コマパッキンと三角パッキンの修理方法

吐水口からポタポタと落ちる、ハンドルの下からジワジワと水がでてくる水漏れは、2ハンドル混合栓で最も多い症状です。
これはコマパッキン又はケレップ、そして三角パッキンと呼ばれる部品の劣化が原因であると考えられます。
この部品はハンドル内部にありますので分解して、新しいものと交換しましょう。

用意する物

  1. 止水栓を閉める
  2. 作業を行う前に止水栓又は元栓を閉めましょう。
    止水栓はシンク下のカウンターにある給水管についています。

    水と湯の2本がありますので、どちらも時計回りに回して閉めてください。

  3. ハンドルを外す
  4. ハンドル自体を外すため、まずはハンドルの上についているハンドルキャップを外しましょう。
    マイナスドライバー等で引っ掛けると簡単に取れます。
    その中にネジがありますのでドライバーで左に回して外し、ハンドルを外しましょう。

    このとき、水栓内部に溜まっている水が噴き出すおそれがありますので、タオルを準備しておくと安心です。

  5. バルブ(スピンドル)を外す
  6. 露出したバルブを取り外します。
    モンキーレンチをナット部分に合わせ、左に回しましょう。
    固着している場合はウォーターポンププライヤーを使用すると外れやすくなります。
    ナットが外れたら水がでる方向へと軸を回し、バルブ全体を引き抜きます。

  7. 三角パッキンを交換する
  8. バルブ(スピンドル)についているパッキンが、三角パッキンです。
    古いものを取り外し、新しいものと交換しましょう。
    購入した三角パッキンに付属されている台座金も一緒に取り替えます。

  9. コマパッキンを交換する
  10. スピンドルを外したら中に見えるコマパッキンを取り出し、新しいコマパッキンを入れましょう。

    向きを間違えないように注意してください。

  11. 部品を取り付けて戻す
  12. スピンドル→ナット→ハンドル→ネジ→キャップの順で部品を取り付け、元に戻します。
    これで交換修理は完了です。
    止水栓か元栓を開いて通水し、水漏れが直っているかを確認しましょう。

Uパッキンの修理方法

蛇口パイプの根元から水が漏れているのは、接続部分にあるUパッキンの劣化が原因だと考えられます。
こちらも新しいものと交換しましょう。
修理作業は本体とパイプを取り外すだけとなります。

単水栓・混合水栓の水漏れ修理:スパウトの交換方法

  1. 止水栓を閉める
  2. 作業を行う前に止水栓又は元栓を閉めましょう。
    止水栓はシンク下のカウンターにある給水管についています。

    水と湯の2本がありますので、どちらも時計回りに回して閉めてください。

  3. ナットを緩める
  4. 水栓器具本体とパイプを接続している部分のナットを緩めます。
    モンキーレンチを使うと良いでしょう。
    ナットを緩めたら、パイプを引き抜きます。

  5. Uパッキンを交換する
  6. 古いUパッキンを取りだし、新しいものと交換します。

    新しいUパッキンを入れる際は、一度水で濡らしてから本体側に装着しましょう。

    開いている方が本体側へと向くようにしてください。

  7. 部品を取り付けて元に戻す
  8. パイプを本体に取り付け、ナットを締めます。

    パイプを入れるときにパッキンを切ってしまわないよう十分気を付けましょう。

    ここまでで交換修理は終わりです。
    止水栓又は元栓を開いて通水し、水漏れが直っているかを確認してください。

【動画で解説!】蛇口のコマパッキン、スピンドル、ハンドルの交換

サーモスタット混合栓から水漏れしているときの修理方法

サーモスタット混合栓の蛇口先端部分や本体から水が漏れるのは、開閉バルブと呼ばれる部品の劣化が原因の一つであると考えられます。
サーモスタット混合栓は一般的に左側に温度調節ハンドルが、右側に止水・シャワーと蛇口の切り替えを行うハンドルがついていますが、開閉バルブは右側の内部に組み込まれているものです。
このパーツは湯水の出し止め、吐水量の調節、吐水口の切り替えなど多くの機能を担うものですから、摩擦が生じやすく消耗しやすい部分となります。
ここが劣化している場合は、水栓器具自体の耐用年数を迎えている可能性が高いため、早いうちに交換を検討した方が良いでしょう。
まだ使用開始から間もないのに水漏れが起きている場合は、部品を交換することで解決可能です。
交換用部品は、メーカー又は水栓器具パーツを扱うネット通販にて購入できます。
水栓器具に貼られているシールや取扱説明書を確認し、同じものを購入してください。

用意するもの

  • ドライバー
  • ウォーターポンププライヤー

サーモスタット混合水栓バルブユニットの交換方法

  1. 止水栓を閉める
  2. 作業を行う前に止水栓又は元栓を閉めましょう。

    止水栓は水栓器具本体の脚部についていますので、どちらも時計回りに回して閉めてください。

    止水栓が見当たらない場合は元栓を閉めます。

  3. ハンドルを外す
  4. 開閉ハンドル(右側)のネジを外し、ハンドルを引き抜きます。

    ハンドルにネジが無い場合はマイナスドライバーを差し込んで、テコの原理を利用して外してください。

    ハンドルが外れたら金属の表示リングも外しましょう。
    力を加えると歪んでしまうので、そっと取り外してください。

  5. 固定ナットを外す
  6. 次にストッパーとなる固定ナットを手前側に回して手で外します。
    長く使っている水栓器具ですと固着して手では取り外せない可能性があります。
    その場合はウォーターパンププライヤーを使いましょう。

  7. スペンサーと開閉バルブを引き抜く
  8. スペンサー(白い樹脂製の部品、バルブの軸の固定をするもの)とその奥にある開閉バルブを引き抜きます。
    手で引っ張ると簡単に抜けますが、握力の無い方はウォーターポンププライヤーを使いましょう。

  9. 開閉バルブにスペンサーをセットして取り付ける
  10. 開閉バルブを新しいものと交換します。
    水栓器具本体に入れる前に、スペンサーをセットしておきましょう。

    セットする際には互いの凹凸を合わせてください。

    本体に入れる際も凹凸を合わせる必要があります。

  11. 部品を取り付けて元に戻す
  12. 固定ナット→表示リング→開閉ハンドル→ネジの順で部品を取り付け、元に戻しましょう。
    これで交換修理作業は終了です。
    止水栓を開いて通水し、水漏れが直っているかを確認してください。

水道の水漏れ修理を業者に依頼した場合の料金目安

軽度の水漏れであれば、ここまでにお伝えしたように自分で修理して直すことが出来ます。
しかし、DIYになれていない人や重度の水漏れにお困りの方は、リスクの少ない業者に修理を依頼したいと考えるでしょう。
最後に、水漏れ修理を業者に依頼した場合の料金目安についてお伝えします。

一般的に業者に依頼した際の料金については修理費や部品交換費用、そして出張費などが必要だという事を認識しておきましょう。

水道修理業者に水漏れ修理を依頼した場合にかかる費用の目安について下記表をご確認ください。

水漏れ事例 料金目安
キッチンの蛇口を閉めていても水がポタポタ漏れている 10,000円~
カウンター下の給水管付近から水漏れしている 20,000円~
お風呂の蛇口からポタポタと水が漏れている 15,000円~

キッチンや洗面台のパッキンやバルブを交換する場合は、総額1万円~。
お風呂場の水栓がサーモスタットの場合は同じ作業内容でも総額1万5000円~となるでしょう。
給水管等のパイプからの水漏れとなると、前述した作業よりも難易度が上がりますので、総額も2、3万円~程度と高くなると考えられます。
また料金は深夜や休日などによっても金額が変わる業者もあります。

※料金費用についてはあくまで業者によって変わってくることを前提として認識くださいませ。

お客様
お客様
総額とはどういうことですか?
水道修理の料金は、基本料金+作業料金+部品代+出張費の合計になります。
多くの業者がこのような料金形態をとっているのですよ。
作業の難易度が上がれば作業料金も高くなりますし、パッキンとパイプでは部品代も大きく変わります。
この他、見積り料金や特殊料金を含めるところもありますので、事前に費用内訳と個別の料金を総額と合わせて確認しておくことが大切ですよ。
住まいる水道
住まいる水道

そして料金については事前に基本知識がない場合は、修理費用を提示された金額と大幅に違ってしまいトラブルの元になってしまう恐れもありますので修理前に質問するなど対策を行いましょう。

水道業者を探す時の比較ポイント

良い水道業者を選ぶために知っておきたいポイント3つ

未だ悪徳業者の噂も多く残る水道修理業者。
どこに頼めば安心だろう、見積りよりも高い金額を請求されたりしないだろうか?と不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、水漏れで困っているときに安心して依頼できる良い業者を選ぶ方法についてお伝えします。

業者を選ぶ際は下記3つのポイントに注目してみましょう。

  • 口コミでの評判がいい
  • 適正な料金である
  • 事前に見積もりを提示してくれる

業者に求めるのはやはり技術力でしょう。
水栓器具には様々な種類があり、メーカーや構造によって必要な部品が異なります。

水漏れ箇所の特定に時間がかかってしまうと浸水範囲が広がり、二次被害が起きる可能性もあるでしょう。

すぐに水漏れ箇所を特定し、スピーディーに適切な修理を行ってくれる。
道具や部品の準備が万全で滞りなく作業を行ってくれる。
このような、技術力、実績を兼ね備えた業者でなければ早期解決はできません。
これを見極めるために、ネット等の口コミを検索してみましょう。
様々なケースに対応できる技術力、作業態度、スピード感を兼ね備えた業者を選ぶことが大切です。

初めての修理依頼だと、他よりも安い料金のところに目が行ってしまいがちです。
しかし、安すぎる業者はおすすめできません。

大々的に打ち出している価格が安いからといって事前見積りもなしに修理を依頼すると、知らいない間にオプション料金が加算されていき、結果的に想定よりもずっと高い金額を請求されてしまったということになりかねません。

ユーザー自身も料金相場を把握しておくこと、事前見積りでおおよその修理料金を教えてくれる所を選ぶことが大切です。

まとめ

ここまで、水道から水が漏れる時の修理方法や劣化部分の見極め方法についてご紹介しました。
水栓器具の耐用年数はおよそ10年程度です。
使用開始から月日が経つと水漏れを始めとする様々なトラブルが起きるようになるため、早めの交換をおすすめします。
10年未満の場合は、自己修理してみましょう。

水漏れが起きるのは内部部品の劣化によるものと考えられますが、水栓器具の種類や水漏れの場所・症状によって劣化しているパーツが異なります。

こちらでは水栓器具の種類や劣化部分を見極める方法をお伝えしましたので、是非ご参考ください。
シングルレバー混合栓の場合はパッキンとバルブカートリッジを、2ハンドル混合栓の場合は各種パッキンを、サーモスタット混合栓の場合は開閉バルブの交換をしてみましょう。
道具さえ揃っていればそれほど難しい作業ではありませんので、記事内でご紹介した手順に沿って行ってみてください。
自己修理は苦手、水漏れの度合いが酷いという場合は、水漏れ修理を行う専門業者に依頼しましょう。
その際は、口コミの評判が良いところ、適正な料金のところ、事前見積りをしてくれるところを選ぶことが大切です。
よくある水漏れケースと修理費用の相場をお伝えしましたので、業者選びにお役立てください。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP