メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!

水道修理・工事なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 水漏れ豆知識 >

 水回り水漏れで水浸しになる前に!原因や修理方法と費用

  • トイレの水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    税込4,200円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    税込7,350円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

水回り水漏れの原因・修理方法と費用とは・・・

目次

水道管からの水漏れ、皆さんご経験ありますか?
突然、水が噴き出して、あたり一面が水浸し、たいした事のない水漏れと思っていたら、こんな大変な水浸しに・・・
気が付かないうちに水漏れしていて、気が付くと床が水浸しに・・・
水道管からの水漏れと言っても、様々なケースがあります。
給水管が破損して、噴水の様に水が噴き出してしまう場合。
排水管の亀裂から使ったお水が使った分だけ、漏れ出して気が付くと水浸しになっている様な場合。
このほかにも、色々、様々な場面で様々なケースの水漏れが起こります。
今回は、どこから?どのように?水漏れが起こってしまうのか、その原因と修理方法と応急処置、また水道修理業者に依頼した時の修理方法や費用等について、ご説明いたします。

水漏れはなぜ起きるの?

水漏れは、水回りの設備が老朽化して起こる場合もあれば、故障や外的な力が加わったりして起きる場合もあります。
しかし、多くは古くなり、劣化して破損し、漏水してしまうケースが多いでしょう。
給水管や排水管等、配管にはそれぞれ、様々な素材の物があります。
この材質によっても起こりやすい場合と起こりにくい場合もあります。

水漏れは古くなり劣化・破損が原因というケースが多いです

水漏れはどこで起きるの?

水漏れが発生する場所も様々です。
台所、洗面所、浴室、トイレ等々・・・
水回りではいつ起きてもおかしくありません。
それでは、それぞれの場所で水漏れが起こりやすい場所と原因を考えてみましょう。

台所での水漏れ

蛇口からの水漏れ

蛇口からの水漏れの場合、バルブを止めても流れているポタポタしている水漏れは基本、シンクへ流れるので、床などが水浸しになる事はないでしょう。
しかし、蛇口の取付口や本体の一部から漏れ出している場合、シンクの台や横壁をつたって床へ流れ落ちる場合はあります。

台所シンクの水漏れ

給水管からの水漏れ

壁に取り付けてある蛇口の場合は基本、給水管は壁の中に入っている為、直接床に流れ出してくることは少ないです。
※水は基本、下に落ちていくために、上階の場合は階下に流れていきます。
という事はご自分の部屋が水浸しにならなくても、階下の部屋が水浸しになる可能性があるという事です。
蛇口がシンクの上、台上に取り付けられている場合は、シンクの収納扉を開けると中に給水管が立ち上っている場合があります。
ここで水漏れが発生すると漏れた水がそのまま床に流れ、シンク下から水が浸みだし、台所回りの床が水浸しになる場合があります。
シンクに取り付けられている蛇口の場合でも、収納扉を開けても給水管が無い場合は、給水管はシンク裏の壁の中にあるため、直接床に流れ出ない事は多くあります。
収納扉内での給水管より水漏れがある場合、原因として、考えられるのは次の4つです。

給水接続管からの水漏れ

給水接続管は通常フレキシブル管等を使用している事が多い為、接続部分にパッキンを使用しています。
このパッキンが劣化することによって水漏れの原因となります。

止水栓からの水漏れ

蛇口からの給水管と床から立ち上っている給水管を接続する部分に止水栓を取り付けてある場合があります。
この止水栓の止水バルブ部の付け根から水漏れする場合があります。
これらもバルブ付け根に取り付けられているパッキンの劣化によって起こる事が原因として考えられます。

床立ち上りの給水管からの水漏れ

床下から立ち上る給水管は通常、鉄製の管が多く使用されています。
鉄製の配管は年数とともに錆びて管自体が脆くなり劣化し、亀裂等で水漏れを起こします。
まれに、戸建てで井戸水を使用しているお宅では、水道水と違い、鉄管の錆びによる腐食を早めてしまい、折れてしまう様な事ががありますので、十分ご注意下さい。

戸建で井戸水を使用している方は注意が必要です

ハンドシャワー水栓からの水漏れ

最近では、台所でもハンドシャワー水栓が多く使用される様になりました。
シャワーホースを引き延ばしたり、戻したりと、とても便利に使用できる蛇口です。
しかし、この便利な蛇口も経年劣化によりシャワーホースが切れて水漏れを起こすケースが多々あります。
これらの水漏れは、蛇口を使用している時はわかりづらく、その内に足元が水に濡れ、収納扉を開けてみると中が水浸しになっている事で気が付きます。
原因はホース切れが多いです。

排水管からの水漏れ

排水管からの水漏れの場合、原因の多くは詰まりです。
床下の下水管内で詰まりが発生した時にシンク下の蛇腹ホース等の排水管と下水管の接続部分から汚水が逆流して、溢れ出し床に流れ出て水浸しにしてしまいます。
その他には、シンク下の排水栓から水が漏れたり、蛇腹ホースの劣化により水が漏れたり、時にはシンク自体に穴があいていて、水漏れの原因になっているというケースもあります。
また、時々あるのは、蛇腹ホースが経年劣化によって硬化して縮みが短くなってしまい、下水管との接続部分より抜けてしまい、実は流していた水が全部床に流れていたというケースもあります。
以上の様に排水だけでも、様々な水浸しになる原因があるのです。

洗面所での水漏れ

洗面所での水漏れ

蛇口からの水漏れ

洗面所蛇口は基本、洗面台に取り付けられている物がほとんどなので、蛇口本体からの水漏れは台上をつたって、床に流れ落ちてしまうケースが多くみられます。
吐水口からのポタポタ漏れの場合は大丈夫ですが、ハンドルの付け根などからの水漏れは少量だからと安心していると気が付かない間に床に流れ落ちていってしまう場合もあります。
ご注意ください。

給水管からの水漏れ

洗面台の場合ほとんどは、洗面ボウルの下に給水管が出ています。
台所と同様に4つの原因の水漏れが考えられます。

給水接続管からの水漏れ

洗面所の蛇口下では、給水接続管として、フレキシブル管やナマシ管が使用されていて、いずれも接続のナット部にパッキンが使用されています。
このパッキンの劣化が水漏れの原因となります。

止水栓からの水漏れ

止水栓はハンドル式やマイナスドライバー止め式のものが使用されていますが、どちらもバルブ部の付け根に取り付けられている三角パッキン(上部パッキン)の劣化により、水漏れが起こります。

床立ち上りの給水管からの水漏れ

場合によっては床ではなく、壁から出ている給水管の場合も有ります。
いずれも鉄製のニップル管を使用していて、鉄の腐食劣化により、亀裂が入り、水漏れの原因となります。

ハンドシャワー水栓からの水漏れ

台所よりも以前から使用されていたハンドシャワー水栓、シャンプードレッサーが主流になり、今では多くのご家庭で使用されています。
こちらも、台所と同様にハンドシャワーホースの劣化により、ホースが切れ、水漏れが発生します。
収納扉内には、ホースを収納するBOXが付いている場合もありますが、BOXが水でいっぱいになrり、溢れ出してから気がつくケースがほとんどです。
蛇口を使用している時は分からずも、足元が濡れて、気が付くことが多い様です。
たまに、収納内のホース収納BOXに水が溜まっていないか確認してあげると良いでしょう。

排水管からの水漏れ

排水管からの水漏れ

こちらも台所と同様です。
特に多いのは詰まりが原因で下水管口からの漏れです。
その他には、洗面排水管(S字トラップ管)のつなぎ目ナットからの水漏れです。
つなぎ目のナット部にはパッキンが使用されているためにパッキング劣化する事によって水漏れが発生します。
また、つなぎ目のナットがゆるんだりして、水漏れを起こしてしまうケースもあります。
また、これも台所同様ですが、S字トラップ管の下部が蛇腹になっている場合は硬化縮みにより、排水管が下水管から抜けてしまい、水漏れの原因になってしまう場合も多々あります。

浴室での水漏れ

浴室での水漏れの場合、蛇口からの水漏れでも給水管からの水漏れでも基本、防水の個室になっている為に、浴室外に水が流れだして、水浸しになる事は少ないです。
しかし、詰まりの場合は、そうとも言い切れません。
全ての排水の合流より先で詰まった場合、逆流した汚水は、低い位置にある排水口から出てきます。
台所や洗面所の排水管と下水管の接続部がしっかりと漏れない様に施工されていれば、家内で一番低い排水口は、浴室か洗濯場です。
詰まっている事に気付かないまま、台所や洗面、トイレを使用していたら、浴室の床が汚水でいっぱいに、又、浴槽の栓を抜いて、水を流していたつもりが、詰まっていた為に排水口から先に流されていかずに、床に溜まって、出入り口から外の床に流れ出してきた。
こんな事もまれに起こるのです。
決して、浴室だからと言って安心はしないでください。

トイレでの水漏れ

給水管からの水漏れ

床や壁からトイレタンクにつながる給水管。
この給水接続管であるフレキ管やナマシ管からの漏れは原因の一つであります。
ナット部に取り付けられているパッキンの劣化が原因です。

止水栓からの水漏れ

止水栓のハンドル部、又はドライバー止水部のナット内、三角パッキンの劣化で水漏れします。

トイレ止水栓からの水漏れ

タンクからの水漏れ

トイレタンク本体から水漏れがある場合は、その多くが、タンクと便器と接続部のパッキンやボルトに原因があると考えられます。
また、まれにあるケースですが、タンクのフタの上に、カラーの石やビー玉、造花などを置く事によってフタの穴をふさいでしまい、タンク内に水が落ちずにすべて床に流れ落ちていた。
という様なケースもあります。
タンクフタの上に物を置く場合は注意してください。

ウォシュレットからの水漏れ

ウォシュレットからの水漏れで多いのは、貯湯式と言われる湯を貯めるタンク付きのウォシュレットで、タンク下から漏れるケースです。
漏れは様々ですが、トイレの床に水が漏れている時、ウォシュレットあたりも疑ってみてください。

詰まりによる水漏れ(あふれ)

便器が詰まった時、便器に水が溜まってビックリしますね。
この時あわてて、もう一度、レバーを動かしてしまうと、さらにタンクの水が流れてきて、便器から床に汚水があふれ、床が水浸しになってしまいます。
基本的に、便器とタンクは相互作用を考えて作られているので、詰まった時、通常ですと溢れません。
しかし、これが溢れてしまう原因は、皆さんが、あわててもう一度、レバーを動かし流そうとしてしまうからなのです。
トイレの床を水浸しにしない為には、詰まった時に、絶対にレバーにはさわらない事です。
以上の様に家内が水浸しになる原因は様々です。
それでは、この様な水漏れを修理するには、どうしたら良いのでしょうか?

水漏れを自分で修理するには?

給水管からの水漏れの場合

台所、洗面所、トイレ等で給水接続管から水漏れをした場合、接続部ナットのパッキンを交換します。

水漏れを自分で修理するには

フレキ管のパッキン交換

フレキ管を使用している場合は、止水栓を閉めてから、両側のナットをゆるめ、フレキ管を取り外し、古いパッキンを新しいパッキンに交換します。

ナマシ管のパッキン交換

ナマシ管のパッキン交換の場合は、ナットをゆるめただけでは、ナマシ管が取り外せない場合が多く、簡単にパッキンを交換することができません。
この場合、出来れば専門の水道修理業者に、フレキ管に取り付け直してもらうと良いでしょう。

止水栓からの水漏れの場合

止水栓のパッキン交換の場合は、交換するパッキンは同じですが、ハンドル式止水栓とマイナスドライバー止め式止水栓では、若干交換方法が違ってきますので、ご注意ください。
また必ず屋外の元栓を閉めてから行ってください。

ハンドル式止水栓のパッキン交換

ハンドルの止めビスを外して、ハンドルを外し、ナットをゆるめ、古いパッキンを取り外してから新しいパッキンを取り付けます。

マイナスドライバー式止水栓のパッキン交換

ハンドルは取り付けられないので、直接ナットをゆるめて、古いパッキンを取り外し、新しいパッキンを取り付けてください。

ハンドル式止水栓のパッキン交換方法とは

排水管からの水漏れの場合

台所での蛇腹ホースの交換

蛇腹ホースは、ホームセンター等でも購入できるので、ご自分で交換する事は可能です。
ただし、注意する点は、排水栓との接続ナットは、それぞれ大きさ(サイズ)に違いがありますので、必ず確認しておきましょう。
又、ホースの長さも計っておく事をおススメします。

洗面所のS字トラップパイプのパッキン交換

S字トラップのつなぎ目に使用されるパッキンを用意して好感します。
S字トラップパイプのナットは、工具は使用せず、手でゆるめ、手で締めてください。
ただし、これを行うのは、樹脂製パイプの時のみです。
金属製パイプの場合は、工具を使用しなければなりません。

排水管詰まりによる水漏れの場合

台所、洗面所での詰まり

詰まりにより床に漏水が有る場合は、ご自分で直そうとせず、専門の水道修理業者に直してもらってください。

トイレでの詰まり

トイレつまりによる水漏れの対処方法は?

便器に水が溜まって、流れなくなってしまった場合、詰まりの原因が排泄物やトイレットペーパーであれば、ラバーカップ(すっぽん)を使用して直してみます。
ただし、原因が不明の場合や排泄物、トイレットペーパー以外のものが考えられる場合、無理にラバーカップを使用する事によって、状況を悪化させてしまう事もありますので、ご注意下さい。
以上、これ以外にも家内が水浸しになる様な水漏れの場合は早めに専門の水道修理業者に連絡すると良いでしょう。

ラバーカップでトイレ詰まりを解消!動画で解説!

専門の水道修理業者はすぐに直してくれるの?

漏水の状況にもよりますが、その場所の漏れに合わせた道具や部材を使用し直してくれる事でしょう。
皆さんは、まず落ち着いて状況を把握してください。
業者が到着するまでの間に、元栓や止水栓を締めて、一時的に水を止めておいたり、漏れのある場所をテープ等で止め、応急処置をしておいても良いでしょう。
ただし、テープを巻いて止まったからといって安心しないでください。
テープは一時的に止めるだけの処置であって修理ではありません。
また、市販されている水漏れが直るテープは、粘着性が強いので使用しないでください。
あまり粘着性の強いテープを使用すると水道修理業者がすぐに作業できない状況になります。
くれぐれもご注意下さい。
費用は修理内容によって、それぞれ金額は違います。
費用については依頼する時の電話で概算を聞くと良いでしょう。
しかし実際は現地で状況を確認しないと正しい費用全額は出ません。
皆さんは、しっかりと見積もりと作業内容を確認した上で作業に入ってもらってください。
皆さんが納得した上で作業してもらう事がとても重要です。

水道修理業者さんに作業を依頼する際は事前に見積もりを

最後に

給水管がいきなり「ボキッ」と折れてしまう様な時は別ですが、通常の水漏れの場合は必ず何らかの前ぶれがあります。
これを読まれた皆さんは、たまになんとなく水回りを見回してください。
多少でも知識があれば見るポイントも変わってきます。
なんとなく見るだけで小さな水漏れが発見できるかもしれません。
小さな水漏れの内に発見し、大きな水浸しにならない様にしましょう。
しかし、万一、水浸しが起きてしまった時も慌てず落ち着いて、ご自分で直せるかを判断し、無理な場合は専門の水道修理業者に、ご相談下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP