メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 お風呂豆知識 >

 詰まり!故障!浴室の蛇口から水の出が悪い時のエトセトラ

  • トイレの水漏れ・詰まり

    トイレの水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    蛇口の水漏れ4,000円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    台所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    風呂の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    洗面所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    配管の水漏れ・詰まり7,000円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水対策漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    漏水対策悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

詰まり?故障?浴室の蛇口から水の出が悪い時の対処法とは

1日の疲れを癒してくれるお風呂場。
気持ちよく使いたい所ですね。
それなのに、カランからお湯が出なかったり、シャワーの勢いが弱かったり、そんな思いをするのは嫌ですね。
特に冬場のお風呂のトラブルは最悪です。
水回りの蛇口は消耗品なので、故障もすれば水の出が悪くなる時もあります。
通常、蛇口の耐用年数は7~8年くらいと言われています。
ただし、あくまでこの耐用年数は目安ですので、3年で故障する場合もあれば、10年以上使用して、初めて故障する場合もあります。
絶対に○年で壊れるというものでもないわけです。

浴室の蛇口とは?

浴室の蛇口には様々なタイプがあります。
2つのハンドルを回して出し止めする2ハンドル混合水栓、1つのレバーで出し止めをするシングルレバー混合水栓、1つのバルブやレバーでシャワーとカランの切り替えをし、もう1つのバルブで温度調節をするサーモスタット混合水栓です。

よく使われている2ハンドル混合水栓

左右、水とお湯のバルブで、水量温度を調節します。
給湯器の場合は、お湯のバルブを開けば、設定した温度のお湯が出ます。
電気温水器等を使用していると、高圧のお湯が出る為、水のバルブも開き、お湯温度を調節して使用します。
シャワーとカランの切り替えは、別に取り付けてある、切り替えバルブを動かし切り替えます。
切り替えバルブは、一時停止付きのものもあり、毎回水とお湯のバルブを、開けたり閉めなくても良い構造になっています。
2ハンドル混合水栓は、古い蛇口と思われがちですが、今現在でも普通に製造、販売されている蛇口です。

たまに見かけるシングルレバー混合水栓

シングルレバー混合水栓は、レバーハンドルを上下に動かすと、水の出し止めが出来、左右に動かすとお湯水の切り替えが出来ます。
台所や洗面では多く見られるシングルレバー混合水栓ですが、浴室ではさほど多く見られません。
多分、レバーをちょっと触っただけで、微妙に温度が変わってしまうからなのでしょうか?
浴室は、台所や洗面と違い、手だけではなく、身体全体にお湯が触れるので、湯温に微妙な変化がない方が適しているのでしょう。

最近主流のサーモスタット混合水栓

サーモスタット混合水栓は、温度調節バルブで湯温を調節して使える混合水栓です。
今や、浴室の水栓と言えば、このサーモスタット式の水栓が主流になっています。
昔は、銭湯や浴室施設等で多く使われていましたが、一般家庭でも風呂釜から電気温水器が多くなり、サーモスタット付きの水栓が使用されるようになりました。
しかし最近では、ガス給湯器が主流になりましたが、手元で簡単に湯温を調節できるサーモスタット混合水栓は、新築の住宅やマンションでは、普通に取り付けられる水栓になりました。

蛇口から水の出が悪くなるのはなぜ?

蛇口の水が出なくなったり、出が悪くなったりするのはなぜでしょう。
原因は様々です。
蛇口本体の故障や不良が原因の場合もありますが、まれに蛇口以外の所で起こる不良が原因になる事もあります。
これら様々な原因を解説していきます。
蛇口本体の故障や不良が原因で起こる場合、いくつかの原因が考えられます。
蛇口のタイプによっても不良原因は変わってきます。

蛇口が原因で起こる場合【2ハンドル混合水栓】

バルブ不良になると・・・

水、お湯のバルブ共に、バルブが固くなったり、完全に開閉出来ないような状態になる事で、出てくるお湯水の涼が制限されてしまいます。

パッキン不良になると・・・

バルブ下のコマパッキンがスムーズに動かなくなったりした場合に、バルブを完全に開いても、お湯水の量が制限されて出てこない場合があります。

切り替えバルブ不良になると・・・

バルブはお湯水共に、正常な状態になっているにもかかわらず、シャワーとカランの切り替えバルブが正常に開閉していない事で、お湯水の出が悪くなることがあります。
また、切り替えバルブに一時停止機能がついているものは、まれにハンドル自体は動いているのに、中の機能部が動いていなくて、一時停止になったままの状態で、お湯水が出ないというケースもあります。

蛇口が原因で起こる場合【シングルレバー混合水栓】

カートリッジ不良になると・・・

シングルレバー混合水栓は、レバーハンドル下に心臓部となる、機能部のカートリッジという部品が内蔵されています。
このカートリッジという部品1つが、お湯水の出し止めをしたり、お湯水を切り替えたりします。
このカートリッジが正常に機能しなくなる事によって、お湯水の量が少なくなったり、お湯にならなくなったりする場合があります。

レバーハンドル不良になると・・・

レバーハンドル自体が破損したりする場合、レバーハンドルが動いているように感じていても、実際にカートリッジが動いていなかったりする事があります。
カートリッジは、レバーハンドルと正しく接続されている事によって、正常に機能する為、レバーハンドル自体に不具合が出る事によって、カートリッジ自体も正常に動かなくなるという事が起こります。

蛇口が原因で起こる場合【サーモスタット混合水栓】

開閉バルブユニット不良になると・・・

サーモスタット混合水栓は通常、開閉バルブを動かす事によって、シャワーからお湯水を出したり、カランからお湯水を出したり、お湯水を止めたりします。
この開閉バルブは、ハンドルのところの本体に内蔵されていて、この開閉バルブユニットが正常に機能しなくなる事で、お湯水が出なくなったり、出が悪くなったりします。

温度調節バルブユニット不良になると・・・

サーモスタット混合水栓には通常、開閉バルブユニットとは別に、温度調節バルブユニットが付いています。
開閉バルブユニットと同様に、ハンドル部に内蔵されている温度調節のバルブ部が正常に機能しなくなると、湯温の調節にむらが出たり、いつものバルブハンドルの位置でも、温度が変わってしまったり、温度調節バルブが正しく動かない為に、水量が少なくなり、給湯器が作動しなくなり、お湯が出なく水しか出ないということも起こるのです。
サーモスタット混合水栓にとって、この温度調節バルブユニットは、とても大切な心臓部とも言えます。

それ以外で起こる場合

蛇口本体が原因で、お湯水の出が悪くなる原因は他にもあります。

ストレーナー詰まりになると・・・

全ての蛇口に取り付けてあるわけではありませんが、蛇口にはストレーナーが付いている場合があります。
ストレーナーは簡単に言うと、水道水に混ざって出てくるゴミを受ける”鋼”です。
少なからずも水道水には、水道管内から出る鉄サビのゴミなどが混ざって出てきます。
その鉄サビ等の細いゴミが、パッキンに付着したり、カートリッジ、開閉バルブユニット、温度調節ユニットに入り込み、不具合の原因にならない様にするために付いています。
このゴミがストレーナー(鋼)にたまり、お湯水の出を悪くしてしまう場合があります。
また、お湯の出が悪くなる事で、給湯器が作動しなくなり、水しか出なくなる場合もあります。

スパウト不良になると・・・

お湯水が出てくる「パイプ」。これがスパウトです。
スパウト自体の破損で、お湯水の出が悪くなる事はあまりありませんが、よくある症状は、スパウトの先端の吐水口に付いている、整流キャップに鋼が付いていて、この鋼にゴミがたまる事によってお湯水の出が悪くなります。
ストレーナーの場合と似た症状です。
スパウトの先端の吐水口に整流キャップが必ず付いているわけではありませんが、サーモスタット混合水栓等は、ほとんどの物に取り付けてある場合が多いです。

シャワーヘッド不良になると・・・

シャワーヘッドも同様に、ホースとヘッドの接続部や、ホースと本体の接続部に、ストレーナーが取り付けられている場合があります。
このストレーナーにたまるゴミによって、お湯水の出が悪くなる場合があります。
また、シャワーヘッド本体の吐水口が、水あかや汚れでふさがってしまい、お湯水の出を悪くしてしまう場合もあります。
※スパウト不良とシャワーヘッド不良の場合、タイミング悪く同時に怒らない限り、どちらかは出て、どちらかは出ないという症状になるので、原因を特定する場合、わかりやすいでしょう。

止水栓不良になると・・・

全ての蛇口に付いているわけではありませんが、いくつかのタイプの蛇口には、蛇口本体に止水栓が付いています。
この止水栓部分に不具合が起きて、水量が減ってしまう時もあります。

以上のように、水の出が悪くなったと言っても、様々な蛇口に、様々な原因で不具合が起こります。

蛇口以外の所が原因で起こる場合

蛇口以外が原因で、水の出が悪くなる場合もまれに起こる事があります。

給湯器不良になると・・・

給湯器は、ガス給湯器や電気温水器等がありますが、この給湯設備に不具合が起き、水の出を悪くしてしまう場合もあります。
給湯器不良も様々ですが、本体に故障、不具合が起きてしまう場合もあれば、単純に給湯器の止水バルブが閉まっていたとか、給湯器のコンセントが抜けていた、等というケースもあります。

減圧弁不良になると・・・

水道管には、水道管内圧を調整する為の減圧弁が付いている場合があります。
また、給湯器まわりの水道管に取り付けられている場合もあり、そこが原因となる場合もあります。

止水栓不良になると・・・

まれにあるのが、屋外の止水栓(元栓)の不具合です。
ただし、元栓に不具合が出た場合、家中の水の出が悪くなるので、すぐに気が付く事が出来るでしょう。
また、他で水道の修理を行なった時に一度閉めて、開いた時に完全に開いてなかったという事もあるようです。

最後に

この他にも様々な原因でお湯水の出が悪くなる事はあります。
また、今回の内容を多少でも覚えておいて頂ければ、いざ水が出なくなった時に、このタイプの蛇口だから、こんな症状が原因ででなくなったのかな?などと想像、予想が出来ると思います。
もし万が一、単純な原因で皆さんでも直せる事が出来れば、それはとても良いのですが、自分で直すには無理かな?と思った時には、出来るだけ早く、専門の水道修理業者に相談してみて下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP