メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 お風呂豆知識 >

 お風呂の詰まりには日頃の対策が重要!自力で解決する方法

  • トイレの水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    税込4,200円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    税込7,350円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

お風呂の詰まりを自力で解決する方法

お風呂の排水口が詰まった、ということありませんか?詰まってしまえば水が流れなくて大変だったりします。
しかも通常の生活もままならなくなるので更に大変、という経験がある方も少なくはないと思います。
基本的にお風呂の排水口が詰まるのは日々使用していることによって汚れが蓄積していってしまうのが原因です。
髪の毛や異物、皮脂が硬化して絡まったもの等原因は様々です。
場合によっては排水口の詰まりだけではなく悪臭や虫が湧いてしまう原因にもなってしまいます。
原因は何であれ、水が溢れ出してしまえば修理にも費用がかかるので出来れば自分でどうにかしたいところですね。
今回は排水口の詰まりの原因とその対策方法についてご紹介致します。

お風呂の排水口がつまる原因

排水口の詰まりといっても原因は様々です。
うっかり、または気づかないうちに物を流してしまう事もあれば、永年の汚れの蓄積によるものもあります。
様々な詰まりの原因については以下の通りです。

ヘアピンや子供のおもちゃなどの固形物による詰まり

詰まりの原因としてたまにあるのが固形物が詰まることです。
取り切れていなかったヘアピンが排水口に入っていたり、子供の小さなおもちゃが流れて入ってしまったりします。
こういったものは単体で詰まりの原因となる訳ではありません。
髪の毛等様々なものと複合することによって水が流れなくなってしまったりする原因になるのです。

髪の毛による詰まり

そして一番多い原因が髪の毛です。排水口を掃除していたら髪の毛の塊がごっそり出てきた、という方は多いと思います。
特に髪の毛の長い人は要注意ですが、髪の毛は細いため絡まったりするので全部を取り除くのが難しくなってしまいます。
こまめに取り除いておかないと、後々大変なことになってしまいがちなので要注意です。

皮脂や垢による詰まり

これも詰まりの原因としては多いのですが、皮脂や垢が固まったものも詰まりの原因になります。
どうしても日々使用していれば蓄積していってしまう汚れの一つです。
一回の入浴では気にならない量であっても少しずつ蓄積してしまうのです。

石鹸やシャンプーカスによる詰まり

これも皮脂や垢と同様に毎日少しずつ蓄積し詰まりの原因となります。
石鹸カスやシャンプーのカスも皮脂や垢も髪の毛に付着していって、どろどろの悪臭を放つ塊になり排水口の詰まりを引き起こします。

タイル片、木材等による詰まり

極稀にですが、お風呂に使用されているタイル等が破損してその破片が排水口から入り込んで詰まりの原因になってしまう場合があります。

詰まりが発生した場所を特定する

お風呂の排水口が詰まった時にはどこが原因なのかを特定する必要があります。
確認する場所は3カ所になります。浴槽の排水口、排水トラップ、排水管や下水管です。
排水口や排水トラップは手前なのでまだ対処がしやすいのですが、排水管や下水管は奥になってしまうのでそれだけ対処への手間がかかり大変です。
排水管や下水管で詰まってしまっている場合には自分で対処しきれず業者に依頼するしかない場合もあります。

浴槽の排水口を確認する

まずはお風呂の排水口を確認してみましょう。
排水口の場合には髪の毛が絡まっていたり、皮脂や垢が付着していることが多いです。
ワンプッシュ排水栓の場合は上に引っ張れば外れるのでそれで確認することが出来ます。
排水口を確認しても詰まりの原因が見付けられない場合にはもっと奥が原因であると考えられます。

排水トラップを確認する

ヘアキャッチャーを取り外すと排水トラップがあります。
排水トラップは悪臭を防ぐためにある装置で取り外せる部分は全て外してどうなっているのか確認をする必要があります。
ヘアキャッチャーで取り切れなかった髪の毛等の異物がここに溜まってしまうので、定期的に確認をして毛ゴミ等の汚れは除去するようにしましょう。

排水管を確認する

これまでに述べた2カ所を確認してごみを取り除いてもお風呂の排水口の詰まりが改善されない場合には排水トラップよりもより奥の排水管を確認します。排水管に汚れが詰まっている場合には目視で確認することが難しく、対策するには難しい箇所です。洗浄剤等を使用しても改善出来ない場合には業者に依頼する必要があります。

排水口のつまりを取る方法

続いてそのお風呂の排水口の詰まりを改善する方法です。

目視出来る異物は取り除く

まず一番初歩的な方法は異物を取り除くことです。
ゴミや髪の毛は目視で確認することが出来るので見える分は除去出来ますが、雑菌は目視で確認することが出来ません。
そのためそれぞれの汚れに合った適切な洗剤を使用する必要があります。
洗剤を使用しなくても家にあるもので排水溝を綺麗に清掃をすることも可能です。

排水管洗浄剤を使う

皮脂汚れや髪の毛を溶かしてくれるのがパイプ洗浄剤になります。
排水口に垂らして30分ほど待つだけなのでお手軽です。後は水を流して下さい。

ラバーカップ(スッポン)を使う

ラバーカップはトイレで使用するものというイメージが強いですが、排水口詰まり全般に使用します。
使用する時には空気が漏れないように使用します。
ラバーカップを押したり引いたりすることによって詰まりの原因が流れていってしまうこともありますが、ラバーカップを外したら浮いてくることもあるので、その場合には詰まりの原因を除去しましょう。
基本、ラバーカップは押す力ではなく、引く力で直す道具です。
無理な使用には注意して下さい。

ラバーカップの正しい利用方法を動画で解説

ワイヤーブラシを使う

その他にもワイヤーブラシという詰まり直しの道具もあります。
ワイヤーブラシはラバーカップでは取り除けない排水管の汚れを削り取るように除去します。
排水管にワイヤーを挿入しながら奥まで押し込んでいきます。
最近では比較的安価なものも販売されています。
もしもパイプ洗浄剤やラバーカップで効果がない場合には試してみる価値があります。
ただし、無理に押し込んだりすると、抜けなくなる場合もあります。
使用にはくれぐれもご注意下さい。

重曹(ベーキングソーダ)とお酢を使う

もしも家にあるものですぐに解決したい、という場合にはおすすめなのが重曹とお酢です。
方法も簡単で重曹を排水口にかけてお酢をかけたら30分放置して水で流すだけです。
しかし重曹は基本、汚れやぬめり落としの為に使用するものですので、詰まりの状況によっては効果が期待出来ない場合もあります。
また、重曹とお酢を混ぜた時の臭気がありますのでマスクを着用すると良いでしょう。

加圧ポンプ(ローポンプ)を使う

加圧ポンプは業務用が主のため皆さんが持っていることはありませんが、最近ではホームセンター等で簡易的な加圧手動ポンプ(真空ポンプ)が販売されていますので、それらを使用して詰まりを解消することも出来ます。
加圧手動ポンプは加圧(引く力)する事によって汚れを引き抜いてしまうのです。
ご家庭では加圧ポンプは難しいですが、真空ポンプを使用することによって同等の効果が期待出来る場合もあります。
比較的軽度であれば簡単にこれで解決出来てしまうかもしれません。

最後に

詰まりは見えない所で起こるものなので、軽度の詰まりなのか、重症なのかがわかりづらいものです。
よって、ご自分で直す場合はまずは無理をしないようにして下さい。
もし、無理だと判断された場合は早めに専門の水道修理業者にご相談下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP