メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 トイレ豆知識 >

 トイレの水が溢れた場合のプロ直伝の最善な対処法

  • トイレの水漏れ・詰まり

    トイレの水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    蛇口の水漏れ4,000円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    台所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    風呂の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    洗面所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    配管の水漏れ・詰まり7,000円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水対策漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    漏水対策悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

トイレの水が溢れた場合のプロ直伝の最善な対処法

トイレを使用した後、流したら何時もと違う光景が目の前で起こる時があります。
流れるはずの便器の水が上がってきて便器のフチまで・・・「ワッ! 溢れる! !」
目の前でこんな光景を見たら「恐怖」ですね。
流れるはずの便器の水が上がってきて便器のフチまで・・・
私達が毎日(1日に何回も)使うトイレ。
今日は詰まるかな?なんて考えて使いませんよね。流れるのが当たり前と思って流します。だから、終わるとフタを閉めて、レバーをひねって、そのまま出てしまう方も多いはずです。
しかし、ドアを閉めた向こうでは「ゴボ、ゴボッ」と、水が上がってきているかもしれません。
そこで、、、

溢れさせない為の方法をプロが直伝

1. まずは皆さん、落ち着いて!!

2. 自動洗浄のトイレの方、センサーに感知されない様に、コンセントを抜いて下さい!

3. 手動洗浄のトイレの方、レバーやボタンには絶対に触らないで下さい!

4. 止水栓を閉めましょう。

ハンドタイプの止水栓も、マイナスドライバーで閉めるタイプの止水栓も、固くて動かない時は、無理に閉めようとせずに、そのままにしましょう。

トイレを流して水が便器に上がってきた、経験のある方は、お判りになると思いますが、
「ビックリ」して、慌ててしまいますよね。
慌てるなと言う方が難しいかもしれませんが、こんな状況になった時はどうか『慌てず、落ち着いて』下さい。

大半の方はここで慌ててもう一度、レバーに手をかけてしまいます。
また、そのまま待っていたら水が少し減ってきたので、「もう一度流して見よう」と、レバーをひねってしまうと、タンクに貯まっている水が便器に流れてきて、今度は間違いなく溢れてしまいます。

トイレがつまってしまったらレバーには触れないで!

溢れさせない為には、
『レバーには絶対触らない!!』

便器とタンクは考えられて作られている為、相互作用で万一、詰まって流れなかった時、基本便器のフチまでで止まる様に作られています。
タンクに入っている水の量、またレバーをひねった時に便器に流れてくる水の量は計算されて作られているのです。

ただ、中にはタンク内の部品の不良により、タンクの中の水の量が多くなっていたり、タンクの中でポタポタと水が止まらない症状になっていたりした場合は、その分少量床にこぼれてしまう時もあります。

まずは落ち着いて、最善の対処をしましょう。

便器が水でいっぱいになり、溢れてしまった時、何が起きているのか?

原因は『詰まり』です

流した物が便器内、もしくは排水管内で止まってしまい、そこから先へ水が流れていかない為に逆流して便器に水が溜まってしまいます。

まず、思い当たる原因を考えてみて下さい。

「何時もよりトイレットペーパーを多く使用してしまった」
「何時もより排泄物が硬かった(便秘気味?)、排泄物の量が多かった」
「排泄物の量が多かった所に、トイレットペーパーも多く使用してしまった」
「トイレを使用する時に、トイレ用ウエットシート(トイレクリーナー)で便座や便器を拭いて流さず、そのまま使用していっぺんに流してしまった」
「トイレのお掃除をして、複数枚のトイレ用ウエットシート等をいっぺんに流してしまった(トイレに流せるウエットシートも一度にたくさん流してしまえば詰まります)」

トイレ用ウエットシート

トイレに流せるウエットシート製品の裏に記載されている使用上の注意には、ほとんどの製品で『詰まる危険性があるので一枚ずつ流して下さい』と、書いてあります。
皆さん、ちゃんと読んでますか?

「猫砂をいっぺんに流してしまった」
「トイレットペーパー、排泄物、流せる製品以外の物を流してしまった(Boxティッシュ、ペーパーナプキン、キッチンシートなどトイレペーパーが無い時に代用で使用し詰まるケースが多い様です)」

また、トイレットペーパー、排泄物、流せる製品等を流すのに、大小レバーの小で流し詰まるケースもあります。
たとえ、少量のトイレットペーパーでも『物』を流す時は必ずレバーの『大』で、流して下さい。

その他、色々・・・

この様に、考えて見ると色々な原因が思いつくと思います。

この様な原因が思いつく場合、必ずではありませんが、便器内もしくは便器の出口付近で詰まっている可能性が高く、皆さんが自力で直すことが出来るかもしれません!

自力で直すには少々難しいケース

考えて見ても思い当たることが何も無い場合、
「床下、又は屋外の下水管内で何らかの原因で流した物が止まってしまった」
「気がつかないうちに、身につけている物ものや、トイレの中に置いてある物を流してしまった」
(身につけている物で気がつかない内に流してしまう多い物は、携帯電話・ボールペン類・腰に貼るタイプカイロ・生理用品・尿パット・ハンドタオル等々)

落としたのに気がついている場合もある様ですが、皆さん拾うのが嫌であえて流してしまうそうです。

その他にも、詰まりには色々なケースがあります。

これらの場合は、無理に直そうするよりも、専門の水道業者へ連絡して相談すると良いでしょう。

無理に直そうとして余計にひどくなってしまってはいけません

「トイレが溢れてしまった!」
「詰まりの原因に心当たりがある!」
「よし!自力で直してみよう!」

はい!!

プロが最善の対処法を直伝します

自動洗浄のトイレの方は、コンセントを抜いて下さい。

自動洗浄のトイレの方は、コンセントを抜きましょう

止水栓を閉めます。

止水栓を閉めましょう
【注意】
止水栓を閉めるとこれ以上の給水はストップします。
しかし、タンクの中にはもう一回流せる量の水が残っています。
絶対にレバーに触らない様にして下さい。

自力で直す為の用具を用意します。

・新聞紙
・バケツ(二個あれば便利。汚物入れ用と水入れ用)
・ゴム手袋
・雑巾
新聞紙、バケツ、ゴム手袋、雑巾
・ラバーカップ(スッポン)
ラバーカップ(スッポン)
・ひしゃく
・灯油用手動ポンプ(未使用の物)
・ペットシート(給水シート)
ひしゃく、ペットシート(給水シート)、灯油用手動ポンプ(未使用の物)

便器廻りに溢れた水(汚水)を処理しましょう。

汚物はトイレットペーパーで拾い、バケツの中へ。
汚水は雑巾で拭いてバケツの中に入れるか、ペットシート(吸水シート)のあるお宅はシートで水を吸い取り、ゴミ袋に入れて下さい。

【注意】
ペットシートで汚物を拾って、燃えるゴミで出さない様に!!(各自治体に従いましょう)

ラバーカップを使用して詰まりを直しましょう。

1.便器の廻りに汚水が飛んでもいいように、新聞紙を敷きつめましょう。
トイレの周りに新聞紙を敷きつめましょう

2.ラバーカップを便器内に入れ動かした時に、汚水が溢れないように便器内の汚水を汲み出しましょう。
便器内に汚物、トイレットペーパーの屑が無ければ、灯油用手動ポンプで吸い出すと良いでしょう。
ペーパーの細かい屑が浮遊してる水の場合、手動ポンプで吸い上げると動かなくなる場合があります。
また、ひしゃくがあればすくい上げてバケツに入れておきましょう。
無ければ、お風呂用のひしゃくでも、お台所のボウルでもすくい上げられる物を使って下さい。

便器のタイプにもよりますが、汚水は便器のフチから5〜10cm位汲み上げると良いでしょう。
目安ラバーカップを便器内にあてた時にゴムの部分が完全に水の中に隠れる位です。

3.ラバーカップを便器に入れます。
便器の中の凹みに合わせてラバーカップを当て、ゆっくり押して戻す(引く)を繰り返します。

【注意】
ラバーカップは引いて直す道具です。
詰まっている物を手前に引いて向きが変わったり、型が崩れたりする事によって流れます。
詰まっている物を無理に押しても、余計に詰まりが酷くなってしまいます)
このあたりを理解して使ってみて下さい。

4.ラバーカップを使用している内に少しずつ水が少なくなっていったら、バケツに水を用意して、便器の中にゆっくり入れてみる。
水が溜まったら、また繰り返しラバーカップを使用します。

5.ラバーカップを動かしている内に、急に水位が下がったり、水の引きが早くなった時は、ラバーカップを水から出し、バケツに入れた水を少し高い位置から便器内に入れてみます。
詰まりが解消していれば水は便器に溜まりません。

【注意】
ここまできたら、焦らないで!!
もう大丈夫と、レバーに手をかけないで!!
もう2〜3回バケツで水を流しましょう。
バケツの水の量も少しづつ多くして、最後にはバケツに一杯の水を一気に流して見ます。
「ゴボッ、ゴボッ」と流れてくれれば、もう大丈夫です。

6.レバーをひねって水を流します。
何時もの流れと同じか、正常な状態か確認します。

7.止水栓を開きます。
止水栓を開くと空になったタンクに給水が始まります。
タンクへの給水が止まったら便器に軽く丸めたトイレットペーパーを2個位便器に落としてレバーをひねり流して見ます。
(大小レバーの場合は必ず大で流して下さい。

何時も通り流れたら、もう大丈夫!!

8.後片付けをしましょう。
バケツに汲み出しておいた汚物と汚水は何回かに分けて便器に入れて流しましょう。
床に敷いた新聞紙を取り除き、床を水拭きします。気になる方は除菌スプレーを使い2度拭きします。
濡れた床は風通しを良くして乾燥させてあげると良いでしょう。

動画で解説!ラバーカップ(すっぽん)の使用方法

ラバーカップを使用しても直らない場合

重曹とお酢(クエン酸)を使用して見ましょう。
重曹とお酢(クエン酸)を使用してみましょう

1.ちょっと大変ですが、便器の汚物と汚水を全て汲み出しましょう。空になった便器に重曹を入れます。

2.続いて、お酢を入れます。
少し待ってから、バケツに50°程のお湯をバケツに入れて、便器にゆっくりと入れます。20~30分そのままにしておきます。

3.再度、ラバーカップを使用してみます。
バケツで水を便器に溜めます。ラバーカップのゴムが水にかくれる位まで入れてからラバーカップを入れて、
便器の中の凹みに合わせてラバーカップを当て、ゆっくり押して戻す(引く)を繰り返します。

ここまで行なってみても直らない場合は自力での解消は無理かもしれません。
その場合は無理をせずに専門の水道業者に相談した方が良いでしょう。

【注意】
決して無理はしないで下さい!!

無理をする事によって思いもしない所から漏水してしまったり、余計詰まりをひどくしてしまう場合もあります。

詰まりは奥で原因となっている部分がある為にほとんどが見えません。
諦める事も大事です。

専門の水道業者でも見えない詰まりを直します。
その時に皆さんの詰った時、詰まってからどんな事をしたか?などの話は作業をする上でとても大事な情報になりますので、直しに来た水道業者に、その辺りをおおまかに説明してあげて下さい。

また、最後に特別な例として・・・

トイレを使っていないのに気がついたら便器に汚水が上がってきていた。
なんていう例もあります。

この場合戸建ですと、2Fで水回りを使用すると1Fの便器に水が上がってきた。
これは、大体が屋外の下水で詰まりが発生しています。

集合住宅の場合は、共用の管内で詰まりが発生した時、上階で使用した汚水が流れ込んできて、使ってもいないのに便器の水量が増えてくる事もあります。

この様な場合、自力で直すのは非常に難しい状態なので、一刻も早く専門の水道業者に来て対応してもらう事をお勧めします。

まとめ

「トイレの水が溢れた」と、よく聞きますが、もっとも最善の対処法は、皆さんが「冷静になって、落ち着いた行動をする」事です。
便器に水が上がってくれば誰でも「びっくり」し「慌てる」でしょう。
そこを日頃から詰まりに対しての最低限の知識と道具を用意しておく事で、いざという時に落ち着いて対処できる事と思います。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP