メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!

水道修理・工事なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 トイレ豆知識 >

 簡単!トイレが詰まった時の原因と、すぐ直せる解決方法

  • トイレの水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    税込4,200円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    税込7,350円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

トイレが詰まった時の原因と解決方法とは

「トイレが詰まった!」「どうしよう!」突然の出来事でビックリ!あまり、経験したくはない事ですが、いつ何時、皆さんのお宅で起こりえる事です。
一度でも経験のある方ならお分かりでしょうが、トイレを流した瞬間、いつもなら「ゴボゴボッ」と便器に流れていく水が、「ブワーッ」と上に上がってきて、あふれてしまいそうになった時のあの光景。
恐怖ですよね。

でも便器は、ちゃんと計算されて作られているので、ギリギリまで水が上がってきてもあふれないのです。
しかし、あふれてしまった経験のある方も多くいらっしゃる事でしょう。
それは、慌ててもう一度、レバーを動かしてしまったからですね。
流れないで汚水がたまってしまった便器に、もう一度レバーを動かしてしまえば、さらにもう一杯分のタンクの水(約10ℓ前後)が流れてくるので、当然、その分の水が便器からあふれて、床に流れ出してしまうわけです。
もちろん、10ℓもの水が床に広がれば、階下の部屋へも流れていってしまうでしょう。
そうなれば大変な大惨事!!こんな事にならない様に、今回は、トイレが詰まった時の原因と、解決方法をご説明しましょう。

トイレはなぜ詰まるのでしょう?

トイレの詰まりと言っても原因は様々です。
実は、単純な面もあれば、複雑な面もあるのがトイレの詰まりです。
簡単に直せるものから、とても直せない様な詰まりまであるのですが、トイレ(便器)の構造から理解されると良いでしょう。

便器とタンクの構造は?

水回りの排水口には、基本トラップが設けられています。
トラップとは排水口近く、もしくは、排水管途中に水をためる部分を作り、下水から上がってくる臭気や虫を、家の中に入れない様にする為のものです。
皆さんが一番分かりやすいトラップは、洗面所等で使用されている、S字型トラップパイプですね。
何故まっすぐのパイプではなく、わざわざ下に降りたパイプを上に上げて、また下に下げてなんて、複雑な型にしたのか、不思議に思われた方もいらっしゃると思います。
しかし、このトラップのおかげで、下水の臭いにおいや小さなコバエが、家の中に入ってこないのです。
トイレはこの便器自体が丸々、トラップになっています。
なので便器には、常に水がたまっていて、下水の臭気や虫をシャットアウトしているわけです。
そして便器の出口と、床下の下水管が接続されていて、汚物と汚水が流れていくのです。
このように、トイレの排水もまず、S字の形状を流れていくのです。
トイレタンクは、便器に流す水をためておく所ですが、種類によって容量は色々です。
昔のタイプは10ℓ以上のものもあれば、最近のタイプは10ℓ以下のものもあります。
便器とタンクは相互作用を考えて作られている為、便器が詰まった時でも、水が床にあふれる事がないのです。

下水管の構造は?

戸建ての場合、下水管はトイレの床下から、地中を通り屋外の下水マスを経由して、道路の本下水管まで流れていきます。

トイレはどこで詰まるのでしょう?

トイレの詰まりは、必ずしも同じ場所で詰まるわけではありません。
詰まりが発生した場所を特定するのも、詰まりの解決にはとても重要な事です。
それでは詰まりが発生しやすい場所を、いくつか挙げてみましょう。

便器内での詰まり

先にお話しした通り、便器内排水路は、トラップ形状なので、S字カーブを基本とします。
排水路の形状や太さはまちまちですが、全て製造メーカーが、検査をパスして販売するものなので、通常では詰まる事は無いのです。
また、便器の出口の大きさも、野球のボールよりも少し小さな出口ですが、これも通常なら、詰まる事のないように作られています。
しかし、トイレの詰まりで1番多く詰まりが発生する場所が、この便器の出口のところなのです。
皆さんが排せつした便や、使用したトイレットペーパーが多くなる事によって、この便器の出口で、詰まる(止まる)という症状が起きてしまいます。
また、何かものを落としてしまった時でも、この便器内や出口付近で、止まってしまう事も多々あります。

下水管内での詰まり

通常、下水管は便器から出た汚物を、本下水管まで送る配管です。
トイレの下水管は、その他の水回りの、生活雑排水を流す排水管とは違い、ものを流す管なので太く、通常は7.5cm~10cmの太さの管が使用されます。
それでも、トイレから本下水管までの距離が長かったり、曲がりの数が多かったりする事によって、途中で止まってしまったりします。
ただし通常は、合流してくる他の生活排水の、浴室や洗濯場等の一度に大量の水が流れてくる事によって、きちんと流されてしまうのです。
しかし何らかが原因で、流されず停滞してしまい、そこに次から次へと、汚物が流れてくる事によって、完全に詰まってしまいます。

下水マス内での詰まり

また、屋外の下水管には、曲がり角のコーナーや、他の生活雑排水との合流地点に、排水マスを設けます。
排水マスは古いお宅ですと、コンクリートマスを使用している事が多く、下水の塩ビ管とコンクリートの排水マスの継ぎ目で、汚物が止まってしまい、詰まりの原因になる場合があります。
以上大きく3点、便器内、下水管内、下水マス内で詰まりが発生する場合が多く、特に、トイレの詰まりのほとんどのケースが、便器内の詰まりと考えて良いでしょう。

何が原因で、トイレは詰まるのでしょう?

トイレの構造や、詰まりが発生しやすい場所は、理解して頂けましたでしょうか?
それでは次に、何が原因で詰まるのか?何が便器の中で止まってしまうのか?をご説明しましょう。

便(排せつ物)やトイレットペーパーでの詰まり

トイレの詰まりで一番多く、単純で直すのも簡単なのが、便(排せつ物)やトイレットペーパーによる詰まりです。
トイレは便をするところで、トイレットペーパーを流すところですが、普通に使っていれば、詰まる事もありませんが、たまたま、普通でない状況になった時に、詰まりが起こるのです。
これは使用した皆さんが、詰まらせようと思って使用するわけではありません。
本当にその日その時の体調や、ちょっとしたタイミングで起きてしまうのです。
便は、その時の身体の具合によって、硬い便、大きな便、量の多い便等、様々です。
特に便秘気味の硬い便の時は、詰まる確率は高くなるでしょう。
大きなボールのような、硬い便が出る訳ではありませんが、大きくなくても硬い便が、便器の出口に集合すれば、それで詰まってしまう事もあるのです。
また便をした後、ついついトイレットペーパーを多く使用してしまう場合もあります。
元々多めに使う習慣のある方は、まず便を流してから、トイレットペーパーを使用し流すと良いでしょう。
出来れば、水がもったいないと言わず、2度、3度に分けて流せば、詰まる確率も低くなるでしょう。
また、便秘気味の体調が続く方は、その間は特に注意した方が良いでしょう。
便秘は女性の方の専売特許ではなく、学校で大便がしづらい小学生のお子様にも非常に多いです。
トイレが詰まると、便器がおかしい、排水管がおかしいと言われる方が多いのですが、まずはご家族で話し合い、皆さんの体調を考えた上で、詰まりの原因を考えると良いでしょう。
お子様の便秘は放っておくと、身体に悪影響を及ぼします。是非ご注意ください。

便及びトイレット―ペーパー以外のものを流した詰まり

基本トイレに流すものは、便(排せつ物)とトイレットペーパーです。
しかし、ついつい他のものを流してしまう場合もあるようです。
トイレットペーパーがなくなった時に代用するティッシュペーパー、またはペーパータオルやキッチンペーパーを代用する方も、いらっしゃるようです。
これらのペーパーは、水に溶けません。水に溶けなければ、詰まる確率は非常に高くなります。

次は、トイレのお掃除シートです。
赤ちゃんのおしりふき等、水に溶けないものは論外ですが、水に溶けるタイプのお掃除シートも要注意です。
市販されているお掃除シートのほとんどが、裏面の使用上の注意で、「1枚で流して下さい、それ以上で流すと詰まる危険性があります」とうたっています。
皆さん、ちゃんと読んで使用していますか?本来は、単独で1枚使ったら流すというのが基本のようです。
もし水道代がもったいないというのであれば、ゴミ箱に捨て、燃えるゴミとして出すべきです。
また、流せるネコ砂も使用上の注意を読んで、適切に処分して下さい。
ネコ砂でトイレが詰まると、簡単に直す事は難しく、便器を取り外し中の洗浄、そして排水管内も高圧洗浄が必要となる場合が多々あり、業者を呼んで直しても、高額な費用がかかってしまう場合もあります。
ぜひ、くれぐれもご注意ください。

身につけているもの等を落とし、流してしまった場合の詰まり

最近では、水に溶けないティッシュペーパーやウェットティッシュ、ペーパータオル等を意識的にトイレに流す非常識な方は、まだまだ多いようですが、さすがに生理用品や子供のオムツ、オトナの尿パッド等をトイレに流す方は少なくなったようです。
しかし無意識のうちに、便器に落として流してしまう、身体に身につけているものによる詰まりも多発しているようです。
例を挙げると、筆記用具(ボールペン等)、眼鏡や、身体に張り付ける湿布薬、カイロ等々、気が付かないうちに落として流してしまっているケースは多々あります。
また、自宅以外のお店や公共のトイレで、携帯電話を落として拾うのが嫌で、意識的に流してしまうケースもあります。
このようなものが原因で、詰まってしまう事も非常によくあるようです。
これらの多くも、便器の中や出口付近で止まってしまい、詰まりの原因となるのです。
以上のように、流して良いもので詰まる場合もあれば、流してはいけないもので詰まる場合もあり、直す時にも、単純な詰まりと単純でない詰まりに区別されていきます。

詰まりすぐに直せる解決方法

このように、詰まりと言っても詰まっているもの、詰まっている場所によっては様々な状況があり、詰まりの解決もまた、様々な方法で行わなければなりません。
このような詰まりの中で、皆さんがご自分で直せる詰まりは、どのような状況の時でしょうか。
まずは、詰まった時の状況を確実に確認して、以下の3点の解決方法を行なってみて下さい。

詰まりの原因が便やトイレットペーパーの場合

トイレが詰まった時にごガ族で話し合い、ほぼ間違いなく、便もしくはトイレットペーパーでの詰まりであれば、ラバーカップ(スッポン)を使用して詰まり直しを行ないます。
ラバーカップ(スッポン)は、詰まっているものに直接触れて、除去するものではありません。
たまっている水に力を借りて、押すのではなく引く力を利用して、詰まりものを崩し流してしまうのです。
トイレ内では、水が多少こぼれたり跳ねたりしても良い状態にして、ラバーカップのゴムがしっかり、水の中に入ってしまう量で行ないます。
ラバーカップを使用するときに、トイレ用の洗剤や洗浄液、洗浄剤を入れて行なう方もいらっしゃるようですが、流れていかない便器に入れた、洗剤や洗浄液の成分が空気中に広がり、気分が悪くなったりする場合がありますので、洗剤や洗浄液の使用にはくれぐれもご注意下さい。
また、ラバーカップ(スッポン)は、単純な便やトイレットペーパーの詰まりの場合は、ある程度行っていれば直ります。
逆に、ある程度行なっても直らない場合、解決しない場合は、それ以上無理に行なわないで下さい。

最初は引く力を意識して行なっていても、なかなか直らないと、知らず知らずのうちに、押す力の方が強くなっていきます。
あまり押す力が強くなれば、便器と下水管の接続部に負荷がかかり、漏水する危険性がありますので、ラバーカップ(スッポン)の使用にはくれぐれもご注意下さい。

動画で解説!ラバーカップの正しい使用方法

詰まりの原因がもの落としの場合

詰まってしまった原因が、便やトイレットペーパー以外のものの場合、落としたものによって対処を行なって下さい。

1.お掃除シート、ティッシュペーパー、ペーパータオル等の場合
基本、ラバーカップ(スッポン)を使用します。あまり大量の場合は、下水管内で止まってしまう可能性があるので、お勧めは出来ませんが、多少の量であれば、ラバーカップ(スッポン)を使用し、直った時には出来るだけトイレで水を流し、屋外の下水マスを開けて、流れてくるペーパー類を拾ってあげます。
ご家族、複数の方で協力し合って行なうと良いでしょう。

2.生理用品、オムツ、尿パッドの場合
生理用品、オムツ、尿パッド等は、水分を含むと膨らみます。
運が良ければ便器の出口付近まで行かず、途中で止まっている場合もあります。
もしそれが、指の届く位置であれば、なんとか取り出す事も可能かもしれません。
便器にたまった汚水や汚物を、バケツに全て汲み上げてから、便器排水口に手を入れて(指を入れて)みたり、手鏡を覗き込んでみたりします。
届くところにあればラッキーでしょう。
また、届かない位置にある場合、例え見えていても、無理に針金やワイヤーを入れたりして、取ろうとしないで下さい。
便器は陶器です、無理にワイヤーや針金を入れる事によって、ワイヤーが陶器を傷つけてしまったり、最悪割れてしまう事もあります。

そうなれば、簡単に詰まり直しではなく、便器を交換しなければならないような事になってしまいます。
どうか、無理だけはしないで下さい。

詰まりすぐに直せない解決方法

すぐに直せない詰まりの場合、解決方法は専門の水道修理業者を呼ぶ事です。

ラバーカップを使用しても直らない場合

便やペーパー以外のものが便器内で止まっているか、下水管内もしくは、下水マスでの詰まりが考えられます。
この場合便器を外して、下水管にトーラー機(電動ワイヤー)を挿入して除去するか、下水マスからトーラーのワイヤーを挿入し直す事になります。
また、下水マスで大量の便で詰まっている場合は、高圧洗浄機を使用して、高圧の水で管内マス内を洗浄し、詰まりを直します。

ものを落としてしまった場合

確実にものを落としてしまった場合は、高い確率で便器内、もしくは便器出口付近で止まっていますので、便器を取り外して除去する作業を行ないます。

最後に

トイレの詰まりは経験がなければ、はじめはとても驚いてしまうでしょう。
しかしそこで慌ててはいけません。まずは落ち着いて、なぜ詰まったのか?を考えて下さい。
冷静に考えて詰まりの原因が分かり、単純なものであれば、ご自分で解決する事も十分可能なのです。
しかし直そうとするあまり、無理をしてしまえば、逆に詰まりを悪化させてしまい、業者を呼んだら思っていたよりも、高い修理費になってしまっては元も子もありません。
ご自分で、またご家族でしっかり状況、原因を考えて、無理だと判断した場合には、迷わず専門の水道修理業者にご相談下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP