メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 トイレ豆知識 >

 【トイレ詰まり】安く自分で修理しますか?高い料金を支払いますか?

  • トイレの水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    税込4,200円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    税込7,350円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

トイレの詰まり自分で修理しますか?業者にお願いしますか?

トイレの水が急に流れなくなって汚物が便器内に残ったままになってしまった!
生活している上で一番困るのはトイレつまりとも言えるのではないでしょうか。
そんな時に焦ってもう一度流してさらに水位が上がり、トイレまで水浸しになってしまうこともあります。

学校や職場でも起こりがちなトイレのトラブルには、原因や前兆があります。
簡単な修理の方法を知っておけば、急なトラブルに高い料金を支払って修理してもらわなくても済むかもしれません。

そこで今回は気をつけたいトイレつまりと、その前兆や修理の方法についてお話していきます。

トイレが詰まる原因となる異物

トイレットペーパー

トイレで使う専用のものなのに、なぜ詰まる原因になるのか不思議に思われる方も多いでしょう。
これは、トイレットペーパーを一度に流す量に関係があります。

最終的には水に溶けやすいようにできていますので、トイレットペーパーだけが原因の詰まりは時間を置く、ぬるま湯で溶かす、バケツなどの水で勢いよく流すなどの対処法で解消できます。
しかし排水管にトイレットペーパー以外のものが詰まっている場合は、それに堰き止められて詰まりの二次要因になっていることもありますので、見極めが必要です。

トイレットペーパーだけで詰まりが起きる目安はロールを丸々1ロール分流すようなことでもない限りは流れるような構造に設計されています。
やむを得ずたくさんのトイレットペーパーを使わざるを得ない時は、何度かに分けて流すようにしましょう。

ティッシュペーパー

トイレットペーパーとは違い、最終的に水に溶けるようにはできていませんので、トイレットペーパーの代用にするには適していません。
中には水に流せると書いてあるポケットティッシュなども販売されていますので、それらはトイレットペーパーと似た繊維の構造にしてあると言えます。
ティッシュペーパーの詰まりにはラバーカップを使用するか、専用の洗浄剤を投与して水を流しながら解消することになります。

生理用ナプキンや赤ちゃん用、大人用のオムツ

生理用ナプキンや紙おむつは、吸水ポリマーを使用していることからもわかるように、水を吸収すると大きく膨れ上がる特性を持っています。

そのため、誤って流してしまった際に詰まりの原因になりやすく、放置すればするほど吸水ポリマーが肥大化して詰まりが悪化する原因となりますので早めに取り除きましょう。
このつまりの場合は、ラバーカップよりも、詰まりを掻き出すワイヤーブラシの方が適切です。

携帯電話、スマホ、ボールペン、財布、腕時計、メガネ、使い捨てカイロ等・・

これらは身体に身につけていたものをトイレに落として誤って流してしまうケースに多く見られる異物です。
これらの異物が便器の中で止まり障害物となって次に流れてくる汚物をせき止め詰まりの原因となります。

この時、ラバーカップ等を使用してさらに奥に追いやってしまうと、ますます取り除くのが難しくなります。
また、便器を出てしまい、下水管内で止まってしまうという最悪のケースを避ける為にも無理な作業はせずに、専門の水道業者に頼み便器を外して取り出してもらうのが最良の手段でしょう。

洗浄剤の容器や子供おもちゃ

トイレタンクの上に置く洗浄剤などが無くなってきて軽くなったときに便器内に落ちやすくなってしまう、というのを経験されたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
他にも同様のプラスチック素材でサイズも似たようなものになると、小さなお子様のいるご家庭で起こるおもちゃの詰まりも挙げられます。
小さなお子様は何事にも興味津々です。
悪気があっての行為ではないでしょうから、是非怒らないで注意してあげて下さい。

しかし最も多いのは、ユニットバスで起こる、狭いトイレタンクのフタの上に置いてあった化粧品等が落ちて詰まりの原因になるケースです。
ユニットバスのトイレタンクのフタの上には何も置かないのが賢明でしょう。

皆さんの知らない間に落ちて流してしまい、後から取り出して驚かれることがほとんどです。

ペットのトイレ用の砂

ペットのトイレ用の砂は、水に流せると表記されているものが一般的のようですが、吸湿性の高いものを高頻度で家庭用トイレに流していると、堆積が起こりトイレつまりの原因になります。
適切に処分することを心がけましょう。

吐瀉物をはじめとする油分を含むもの

食べ残しやカップラーメンなどの残り汁をトイレに流す方がどのぐらいいるのかわかりませんが、お湯を使える台所に比べてトイレの排水は油分とは大変相性の悪い関係にあります。
水洗には水を使いますから、排水管の奥で油分が冷やされてこびり付き、詰まりの元凶となることもあります。
排泄物が流れる所だからといってなんでも流してしまうのは大変危険な行為です。

同じように吐瀉物に含まれる油分も大便のように分解されていませんので、固形で詰まりやすい異物がトイレの詰まりを引き起こすことになります。

とはいえ、嘔吐など急な事態にはそこまで考えてられないものですので、トイレで嘔吐してしまった時は、何度かに分けてしっかり流しきることを忘れないようにしましょう。

自分でトイレつまりを修理するには

バケツの水を便器に流す

トイレットペーパーや流せるおしりふきなどが詰まっている時に効果的な方法です。
バケツやペットボトルにいれた水を高い位置から直線的に流していきます。
この時、便器の中の水位を低くして排水口に当たるぐらいの場所に水を当てられるのが理想的ですので、ポンプなどで便器内の水を減らしておきます。

詰まっている間は水位が上がっていきますが、奥の詰まりが無くなれば自然に流れて水位が元に戻りますので目安にしましょう。

ラバーカップを使用する

通称スッポンと呼ばれる道具で、トイレの詰まり直しと言えばこのラバーカップを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
半球状のゴムに取っ手のついた形状で、ゴムの戻る性質を利用して滞った水を動かすことが目的とされています。

大きめのビニールシートやゴミ袋に取っ手が通る程度の穴を開けて、周囲に水が飛び散らないようにします。
詰まりの種類により、押し流すか引き戻す力を加えて水流を作り出します。
何度か試みても詰まりが解消されない場合は、専門の業者に修理を依頼した方が賢明な場合もあります。

ラバーカップの使用方法を動画で解説

真空式パイプクリーナーを使用する

ラバーカップよりも強い力で異物を吸い寄せることができる道具です。
ラバーカップと半球状のゴムの形状までは同じですが、取っ手の部分がポンプになっており中の空気を抜いてより大きな反動を利用できるようになっています。

ここまでは、水流や水圧で詰まりを解消する方法です。
それらを行っても改善されない場合、汚れや異物を直接掻き出す方法もあります。

トイレ詰まりを自分で修理する際の注意事項

詰まっている異物を取り除くのに適切な方法かどうかが重要です!

トイレつまりを起こしている原因が特定できていない段階で、何度も水を流す、バケツで水を勢いよく足す、ラバーカップを使用するなどの方法を用いて、事態が悪化することもあります。

なぜなら、押し流せば解消できる詰まりもあれば、異物を取り除かないと解消できない詰まりがあるからです。
その異物もブラシで掻き出す種類のものから真空クリーナーで吸い上げないと除去できないものもあり、素人の判断では難しくなることが多いものです。

他にも、トイレ詰まりの前兆となる水位や水の音なども、原因を断定する材料には決め手に欠きますので思い込みで詰まり修理を先走るのはかえって悪化することになり大変危険だと言えます。

ウォシュレットのプラグを抜いて止水栓を止めておく

全てのトイレつまり修理に言えることですが、つまりからくる水漏れ被害を広げないようにするために、以下の事を行なって下さい。

1.レバーハンドルにはさわらない。
2.リモコン洗浄が出来る便器は、コンセントを抜いておく。
3.止水栓を閉める。

これらを行う事によって、汚水であふれそうな便器にさらに水が流れてきて床にあふれてしまう危険を防ぎます。

最後に

トイレつまりを起こす様々な原因から、意外な異物などについてお話してきました。
これらが詰まりの原因となり得ることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

他にも、トイレつまりにはラバーカップ!というイメージは実は少し間違っていて、引き上げるだけでは解消できないトイレつまりもあるということを理解した上で、ご家庭での修理を進めていくことが大切になってきます。

詰まりが起きてしまった時、まずはご家族で心当たりはないか?
原因に思い当たる事はないか?
どの様な状況でなったか?
を、話し合い原因を探りましょう。
トイレつまりを自分で修理しても改善しない、手順通りにできない、または悪化してしまったように感じるときは、絶対に無理はしないでください。

安くなおすか?高くなおすか?
大事なのは、確実になおす事でしょう。
無理だと感じた時は専門の水道業者にご相談下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP