メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 つまり豆知識 >

 洗面台で吐いたら排水トラップが詰まった!?つまりの解消方法

  • トイレの水漏れ・詰まり

    トイレの水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    蛇口の水漏れ4,000円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    台所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    風呂の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    洗面所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    配管の水漏れ・詰まり7,000円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水対策漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    漏水対策悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

洗面台の排水口トラップがつまってしまったら・・・

ご主人がお酒を飲んで帰ってきたら、いきなり洗面所で嘔吐・・・!!
あーやっちゃった、トイレで吐いてほしかったー なんて時はありませんか?
そのまま何事も起こらなければ良いのですが、吐いた後に詰まって流れなくなったりすると大変ですね。
ご主人じゃなくてあなたも経験者!?
急な排水口のつまりにならない様に、トイレで済ませた方が安全ですが、どうしても我慢出来ずに洗面所で吐いてしまい、詰まってしまった時はどうしますか?
面倒くさいけど直すしかない?そうですね、そのままにしておくわけにいかないし、衛生的にも良くないし、出来ればすぐに直したいですね。
そんな皆さんのために今回は、嘔吐で洗面所の排水口や排水トラップパイプがつまってしまった時の、対処方法をご説明いたしましょう。

嘔吐で洗面台の排水口が詰まってしまったら

嘔吐した時、洗面台どこで詰まるの?

さて、嘔吐した時にその異物はどこで詰まってしまうのでしょうか?詰まるポイントはいくつかあります。
そのポイントさえ分かっていれば、いざという時にご自分でつまりを直す事も可能になります。
ただ、例外がある事も知っておいて下さい。
洗面台の設備によっては、ご自分で直すよりも専門の水道業者に任せた方が、安全に早く直す事が出来、2次被害の可能性が少なくなる場合もありますので、あくまでご自分で対応出来る範囲内で、と考えておいた方が良いでしょう。

洗面台はトイレと違い、排水口が狭く排水トラップパイプが細い為、水ではなく異物が流れると、つまりやすいと言えます。
これは台所のシンクでも同じ事が言えます。
それでは、洗面所でつまりが発生しやすい場所、ポイントをいくつか見てみましょう。

排水口でのつまり

洗面台の洗面ボウル(洗面器)の排水口には、いくつかの種類があります。
皆さんのお宅の排水口は、どれに当てはまるでしょうか。

ゴム栓タイプ

 
ゴム栓を取り付けて、水を溜めるタイプの洗面ボウルですが、これにも2種類のタイプがあります。

1.ヘアキャッチャーなし
ヘアキャッチャーなし

排水口をのぞき込むと十字になっていて、その十字が取り外し出来ないタイプです。
昔からの洗面ボウルに多い、一般的なタイプです。
十字が動かない為、大きな異物はそこで止まってしまい、排水トラップパイプまでは絶対に流れ込みません。
ただその反面、嘔吐物の中に大き目の異物があった場合は、排水口の十字部分で止まってしまう為、その他の異物も排水トラップパイプ内に入りにくくなってしまいます。
もし洗面ボウルに嘔吐物が大量に残っていたら、単純に排水口つまりと考えて良いかもしれません。

2.ヘアーキャッチャー付き
ヘアーキャッチャー付き

ゴム栓タイプの洗面ボウルでも最近の洗面台では、脱着可能なヘアーキャッチャーが取り付けられている物が多くあります。
ヘアーキャッチャーは通常樹脂製で目が細かく、大きな異物でなくても受け止めてしまう為に、嘔吐物はここで止まってしまう可能性が高いです。
また日頃から細かめにヘアーキャッチャーのお掃除をしていないと、たまった髪の毛によりつまる確率は非常に高くなります。
よって異物はこのヘアーキャッチャーで止まってしまい、多くは排水トラップパイプまで流れ込まず、直すのは非常に簡単です。
ただ日頃から、少し髪の毛がたまるとすぐに流れが悪くなってしまうので、お掃除が面倒臭く、外したままで使用されているご家庭では、異物が流れた時あっという間に、排水トラップパイプの中まで流れ込んでしまいます。
この様なヘアーキャッチャーは外すと十字がない為に、化粧品容器のフタや歯ブラシ等の大きな物でも落とすと、排水トラップパイプ内に入ってしまいますので大変危険です。
ぜひ細かめにお掃除をして、取り外さずに使用して下さい。
この様にゴム栓タイプの洗面台では、通常の状態で使用していれば、ほとんどのつまりは排水口の入り口で起こりますので、特別な事がない限り、つまりを直すのはさほど難しくはないでしょう。

ポップアップタイプ

洗面台や蛇口の後ろ側に引き棒が取り付けられていて、排水口には金具のフタがあり、引き棒を引き上げると排水口のフタが閉まり、引き棒を押し上げると排水口のフタが開くタイプです。このポップアップタイプの排水口にも2種類のタイプがあります。

1.排水口のフタが取り外せないタイプ
排水口のフタが取り外せないタイプ
昔からポップアップ排水口で多いのがこのタイプです。
排水口フタの取り外しが出来ない為に、大きな物を落としても排水トラップの中に入ってしまう事が少なく、小さな物でなければ物を落としても安心です。
その他ゴム栓との見栄えの違いや、引き棒の上げ下げで貯めた水の水量の調節が簡単に出来ます。
しかしその反面、フタ下のヘアーキャッチャーに髪の毛が引っかかっても取り除くのが難しく、そのままにしておくとすぐつまりが発生してしまう為、最近ではポップアップ式の洗面台はあまり製造されなくなり、交換用のポップアップ式の排水トラップパイプを、製造しなくなってしまったメーカーもあるくらいです。
ただ嘔吐の様な場合には、異物が一気に排水管の中に流れ込まない為に、詰まって流れなくなったとしても、排水口付近が原因となるので、直すのには楽かもしれません。

2.排水口のフタを取り外せるタイプ
ポップアップの排水口でも、フタが取り外せるタイプもあります。
全てではありませんが、金属製の排水管より、樹脂製の排水管に見られます。
フタの下には樹脂製のヘアーキャッチャーが付いていますが、取り外してしまうと排水口に全く障害物が無くなってしまう為に、取り外したまま使用していると、いざ嘔吐してしまった場合でも、排水トラップパイプに全て流れ込んでしまいます。
ただ取り外していなければ、大部分はフタ下のヘアーキャッチャーで止まるので、排水口近くのつまりになり、直しやすいかもしれません。

ワンプッシュタイプ

このワンプッシュタイプの排水口が、今ではポップアップに撮り替わって、主流になっている排水口です。
洗面台にボタンや引き棒の様なプッシュボタンが付いていて、押して閉じてもう一度押すと、開くようになっています。
引き棒の様なプッシュボタンは、蛇口の後ろに付いている場合もありますので、ポップアップに馴染んだ方には引き棒と間違えてしまう方もいらっしゃるようです。
排水口のフタはポップアップの取り外せるタイプと同様で、フタの下に2段のヘアーキャッチャーが付いている物が多く見られます。
よって嘔吐物で排水管内のつまりになる事は少ないと思います。
ただし普段から、排水口フタをきちんと取り付けて使用している事が前提です。
これらそれぞれの排水口の特徴をご自分の家の排水口と比べて頂き、いざという時にその仕組みと構造を、理解して頂いた上で対応されると良いでしょう。

www.san-ei-web.co.jp
詳細表示 | SANEI-web
http://www.san-ei-web.co.jp/view.php?pageId=1009&dataId=9292
水栓金具(浴室、キッチン、洗面所、トイレ)、シャワー、止水栓バルブ、接手、配管部品、トイレ・排水・バス部品、散水器具など、SANEIの商品検索はこちらから。

排水管内(トラップ内)のつまり

洗面の排水は、排水口が排水栓と呼ばれ、その排水栓から下で床もしくは壁の下水管までを繋ぐパイプが排水管と呼ばれます。
またこの排水管を通常はトラップパイプと呼びます。
このトラップパイプには基本、2種類のタイプがあります。

Sトラップパイプ

このSトラップパイプは通常、下水管が床にある場合使用されます。
嘔吐した場合、異物が詰まってしまうのは、最初のカーブであるU字管の部分です。
U字管通常水を流していない時でも、水が溜まっている所ですが、異物が管内に流れ込んだ時に、その多くはこの部分に溜まってしまいます。
また異物の量が多い場合は、そこから先の逆U字部分(ステッキパイプ)まで入り込み、詰まってしまいます。

Sトラップパイプ

Pトラップパイプ

このPトラップパイプは通常、下水管が壁にある場合に使用されます。
嘔吐した場合異物が溜まってしまうのは、Sトラップパイプと同様に、最初のカーブのパイプであるU字管の部分です。
また、異物の量が多い場合は、そこから先のパイプ(Pパイプ、キセルパイプ)まで入り込み、詰まってしまいます。
ステッキパイプは下に向かって伸びているので、量が多いと下に落ちてしまいますが、Pパイプは横に伸びているので、そのままパイプ内に止まりやすくなります。
この様に嘔吐物が排水トラップパイプ内に流れ込んだ場合、その多くは排水トラップパイプ内でつまりが発生してしまいます。

Pトラップパイプ

下水管内のつまり

さほど多くはありませんが、嘔吐物の量が多かった場合、まれに下水管内でのつまりになる事もあります。
下水管内ではあまりつまりにならないのは何故かというと、排水トラップパイプは通常約3cmちょっとの太さのパイプですが、下水管は通常4~5cmの太さのパイプを使用する為、一時的な嘔吐の様な異物では、簡単に詰まる事はありません(まれに排水管と同様の太さの下水管を使用している所もあります)。
ただ絶対ではないのは、下水管も古くなれば長年の汚れや異物が付着し、蓄積している事もあります。
その様な状態ですと、下水管の中で嘔吐した異物が流れきらず、止まってしまい、つまりになる場合もあります。

下水管内のつまり

つまりを直す場合の対処方法は?

それでは実際に、そのつまりの原因となった異物を取り除く方法をご説明しましょう。
除去する方法は前にご説明した、それぞれの排水口や排水トラップパイプに合わせた、やり方で行なって頂きたいのですが、基本、出来れば異物(固形物)ですので、流さずに取り出す事を考えて下さい。
異物をそのまま流してしまった場合、その先で再度詰まってしまう2次被害を防ぐためです。
しかし絶対ではありません、取り出す事が出来ない物を無理に取り出そうとする事も、設備破損の2次被害になる事もありますので、ご自分で作業する場合は無理をせずに、慎重に行なって頂く事がとても大事になります。

排水口からの除去

まずは用意する物です。

  • バケツか洗面器を2個(1つには水を溜めておいて下さい)
  • 手袋、マスク
  • ゴミ袋2~3枚
  • 雑巾、キッチンペーパー、スポンジ
  • 紙コップ、コップ
  • 除菌用スプレー、除菌用ウェットティッシュ(除菌、消毒用アルコール)
  • 懐中電灯
  • 歯ブラシ、割りばし
  • 新聞紙、タオル

コップや歯ブラシは、使用後に廃棄して良い物を使用すると良いでしょう。
ご家族の嘔吐物ですが、念の為感染症対策の為、手袋やマスクを使用して行なって下さい。

洗面ボウルにたまった水と異物の除去

最初に洗面ボウルに水が溜まっている場合は、コップや容器を使用して、なるべく静かに水を取り除きます。
水分がある程度なくなったら、固形物、異物をキッチンペーパー等でキレイに取り除いて下さい。
異物はゴミ袋に入れてその他のゴミと一緒に、可燃ごみで廃棄できるようにしておくと良いでしょう。

排水口に入り込んだ異物を除去

1.ゴム栓タイプの排水口の場合
排水口に入り込んだ異物を、指や歯ブラシで手前にかき出します。
ある程度取り切ったら、割りばしを軽く差し込んでみて、その下の汚物の入り具合を確認します。
もし割りばしが軽く入ってしまうようでしたら、蛇口から少量の水を流して、流れの確認をして下さい。
流れない場合は、排水トラップパイプの脱着にすすみます。

2.ポップアップタイプの排水口・フタ固定型の場合
上記、ゴム栓タイプと同様に、洗面ボウルにたまった水と異物を、全て綺麗に取り除いて下さい。
フタが外れませんので、隙間からかき出せるだけ異物を取り出します。
ある程度取り除けたら蛇口から少量の水を流し、流れを確認して下さい。
流れない場合はラバーカップでの除去にすすみます。

3.ポップアップタイプの排水口・フタ脱着型及びワンプッシュ排水口・フタ脱着型の場合
上記、ゴム栓タイプと同様に洗面ボウルにたまった水と異物を、全て綺麗に取り除いて下さい。
洗面ボウルが綺麗になったら、フタを手でつかみ水を流さないで、静かに持ち上げ取り外します。
外したヘアーキャッチャー付きのフタは、異物をある程度取り除き、バケツに溜めておいた水の中で洗います。

フタを取り外した排水口の中を懐中電灯で照らしてみて、異物の入り込み具合を確認して下さい。
異物が中にたくさん見えたら、指や歯ブラシで手前に取り除けるだけ取り除いて下さい。
ある程度取り除けたら、蛇口から水を流して、確認して下さい。
いずれも流れない場合は排水トラップパイプの脱着にすすみます。

以上の様に排水口でのつまりであれば、排水口入り口付近にたまった異物を除去すれば、ある程度のつまりは除去できるでしょう。
しかし排水トラップ内に多く入り込んでしまった場合は、さらに次の除去対処をしなければなりません。
これ以降の除去対処方法については、少々手間がかかりますので、解説をお読みになって自信のない方は、無理に行なわないで下さい。

排水トラップを脱着してのつまり除去

つまりが排水口から先、排水トラップパイプ内の場合の除去方法の一つが、排水トラップパイプを脱着してのつまり除去です。
ただしこの方法については、樹脂製の排水トラップパイプに限ります。
トラップパイプが金属製の場合は、取り外しの際に排水トラップパイプを破損する場合がありますので、無理に行なわないで下さい。

トラップパイプ脱着除去の手順

1.準備
洗面所収納内の物を全て出して新聞紙やタオルを敷きます。
排水トラップパイプの下にバケツや洗面器を置きます。

2.水抜き
水抜き
排水トラップパイプのU字管に水抜き栓が取り付けられている場合は、水抜き栓のキャップを外して水を抜いて下さい。
異物の量が多く水が出てこない場合は、指や割りばしを差し込んで、異物を崩しながら水を抜いてみて下さい。

3.U字管の取り外し
U字管の取り外し
排水トラップパイプのU字管を取り外します。
U字管は2つのナットで固定されていますので、そのナットを2つ交互にゆるめていきます。
ナットの取り付け、取り外しは工具は使用しません。
必ず手締めが基本です。
もし固くてまわらない場合は、ビンのフタ開け用のすべり止めゴム等を使用するか、男性の方に行なってもらって下さい。
工具を使用するとナットやパイプが割れる場合がありますので、行なわないで下さい。
ナットを緩めるとU字管にたまった水が出てきますので、水受けをしっかり行なって下さい。

4.U字管内の異物を除去
U字管内の異物を除去
外したU字管内の異物を取り除いて下さい。
ある程度取り除けたら、バケツに溜めておいた水の中でU字管を洗います。

5.ステッキ管、キセル管を確認
U字管より先のステッキ管(床排水)、キセル管(壁排水)のパイプの入り口を確認します。
異物が入り込んでいる場合は、歯ブラシ等でなるべく押し込まない様に取り除いて下さい。
万一入り込んでいる量が多い場合は、下水管への差込口から、ステッキ管、キセル管を取り外し中を洗浄します。
注意点はステッキ管、キセル管ともに下水管との差込口が固定してあったりしますが(防臭ゴムでの固定が基本)、取り外しが難しい場合は無理に外すと、後で戻せなくなりますので、無理な取り外しはしないで下さい。
その場合はラバーカップを使用しての除去にすすみます。
ステッキ管、キセル管を確認

6.U字パイプの取り付け
U字パイプ内の異物が除去できたら、パイプを取り付け直します。
U字パイプを差し込む時は、奥までしっかりと差し込んで下さい。
差し込みが弱いとU字管内にたまった水の重さで、パイプが抜け落ちる場合がありますのでご注意下さい。

U字管取り付けナットは外した時と同様に、必ず手締めで固定して下さい。
もし心配であれば男性の方に締め直してもらって下さい。
水抜きキャップの取り付けも同様です。

7.確認作業
パイプの取り付けが完了したら蛇口から水を流して、流れの確認をして下さい。
もしこれでもつまりが直らない場合は、ラバーカップでの除去にすすみます。
また、水を流した際に、必ず取り付けたパイプからの水漏れがないかも確認して下さい。
取り付け後の水漏れは少し時間が経ってから漏れてくる場合もありますので、バケツ、洗面器、新聞紙、タオルはそのままにしておいて、数時間後に何回か確認して下さい。
水漏れの確認は必ず目で見て手で触ってが基本です。

動画で解説!洗面排水Sトラップ交換方法

ラバーカップを使用しての除去

ラバーカップを使用しての除去
この作業を行なう場合、ラバーカップ(すっぽん)とガムテープ、ハンドタオルを用意して下さい。

洗面ボウルのオーバーフロー穴をふさぐ

洗面ボウルの上部にあるオーバーフロー用の穴を、ガムテープもしくはハンドタオルで空気が漏れない様にしっかりと塞いでください。

洗面ボウルに水を溜める

洗面ボウルに、ラバーカップのゴムが全て水の中に入るくらいの量の水をためます。

ラバーカップを使用する

ラバーカップの中心を排水口にあててゆっくり押して一気に引く。
この動作を繰り返し行なって下さい。
水が少しずつ少なくなってきたら蛇口から水を入れ、水量を調整しながら行ないます。
洗面器の外に水がこぼれる事がありますので、注意して行ないましょう。
水の引きが早くなってきたらラバーカップを取り外して、水の流れを確認してみて下さい。
ある程度普通に流れるようになったら、洗面ボウルに栓をして水を溜め、栓を抜き一気に水を流します。
これを数回繰り返し行なって下さい。
この時、収納内の排水トラップパイプから、水漏れがないか必ず確認して下さい。
このラバーカップの作業を行なってもつまりが直らない場合は、それ以上は無理に直そうとせずに、専門の水道業者に修理を依頼して下さい。

つまり除去後

つまりが直った後は除菌用スプレーや消毒用アルコールを使用して、洗面台や使用したバケツ、洗面器等をお掃除して下さい。
その他の使用品はそれぞれ、可燃ごみ、不燃ごみにて処分して下さい。

最後に

専門の高圧洗浄機や電動ワイヤー等の作業工具
以上の様に嘔吐による洗面所でのつまりの場合、比較的簡単に直せる場合もあれば直すのに少々手間がかかる場合もあります。
また排水口や排水トラップパイプのつまりではなかった場合は、下水管でのつまりが考えられますが、その場合は専門の水道業者に依頼すれば、専門の高圧洗浄機や電動ワイヤー等の作業工具で、速やかに直してもらう事が出来るでしょう。
ご自分で直す場合には、絶対に無理な作業を行なわないで下さい。
集合住宅等では作業時、作業後の階下への漏水にも気を配らなくてはいけませんので、水漏れ等の確認は、し過ぎる位で結構ですので、必ずしっかりと行なって下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP