メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 つまり豆知識 >

 配管つまり除去でかかる料金はいくら?業者に依頼をせず自分で修理する方法

  • トイレの水漏れ・詰まり

    トイレの水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    蛇口の水漏れ4,000円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    台所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    風呂の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    洗面所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    配管の水漏れ・詰まり7,000円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水対策漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    漏水対策悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

家の配管は些細な理由でつまります。
生活排水に混ざったゴミが原因となることもありますし、汚水のドロッとしたモノが蓄積されることでつまったりもします。
よって配管がつまりを起こすことは珍しくなく、つまり除去によって綺麗な状態に戻してあげなければいけません。
比較的浅い部分で生じたつまりや、初期段階のつまりなら自分でも修理できます。
ドラッグストアやホームセンターで入手可能なアイテムを使って除去すれば、再び水がスムーズに流れ出すでしょう。
しかしつまりが強力な場合は業者に修理してもらわなければいけません。
配管つまり除去におけるノウハウをご紹介します。

配管つまりが生じる理由とは?

まずは配管つまりが生じる理由を見ていきましょう。
配管がつまるのには、何かしらの問題が生じているからで、それを見極めることが大切です。
つまりの原因はいくつかありますが、主に以下のようなパターンが考えられます。

  • 生活起因の汚れが原因でつまるパターン
  • 屋外の排水枡に原因があるパターン
  • 排水管の勾配変化など、排水管自体の問題でつまるパターン

それぞれの原因について深堀してみましょう。

生活起因の汚れが原因で配管が詰まる場合

私たちは普段毎日のように水回り設備を使っています。
使用している以上、純粋な水だけではなく異物も混ざって排水に流れているはずです。
たとえばキッチンですと食器洗剤のカスが混ざることもあるでしょうし、洗面所なら髪の毛などを流してしまいやすいです。
このように普段使っているうえで、汚れの元も排水に落ちていきます。
生活起因の汚れが蓄積することで、どんどん汚れが肥大していき、次第に水の流れを阻害するくらいのつまりとなります。
要はつまりが蓋となり、排水管を覆ってしまうようなイメージです。
汚れが原因となるつまりは、普通に使っているだけでも起こる可能性があります。

また使い方が悪いとさらにつまりやすくなるため、なるべく汚さないような使い方をしたり、普段からつまり防止のケアをしておくことも大事です。

生活起因の汚れと言っても、箇所によって汚れの質は少し異なるため、次にご紹介します。

キッチンの汚れ

キッチンのつまりとして多いのが、油です。
油は冷えると塊になりますから、配管にこびりつくと厄介です。
まるで石のように固まると水を全く通さなくなるため、つまりの直接的な要因となります。
普段料理をしていて、揚げ物の油をそのまま排水溝に流すようなことはしないでしょうが、揚げ物以外でも油は案外流しているものです。
たとえばスープやカップラーメンなどの汁物には少なからず油が入っています。
汁の残りをそのまま捨ててしまうのも、つまりを引き起こす原因となります。
またフライパンや鍋で炒めた際に出た油も、きちんと拭きとりをしないと油が残っている状態です。
このように油汚れは気を付けていたとしても、知らず知らずのうちに排水へ流れていったりします。
他にもキッチンですと食材カスも落としやすいです。
排水溝で油とくっ付くことで大きな塊になってしまうため、つまり要因の一つになります。

住まいる水道
住まいる水道
思いがけず固形物を落としてしまうパターンもありますね
どのような固形物ですか?
お客様
お客様
住まいる水道
住まいる水道
キッチンですと、楊枝やスプーンなどが多いですね。あとはアルミホイルやラップの固まりなんかもありますよ

トイレの汚れ

トイレつまりの原因として多いのが、大量のトイレットペーパーです。
元々トイレットペーパーは水に溶けるものではありますが、大量に流してしまうと溶けるのが追い付きません。
よってお掃除シートやティッシュなど水に溶けるものであっても、一度に沢山流してしまうとつまりの原因となります。
ただしトイレットペーパーが原因でつまりが生じた場合は、時間が経てば溶ける可能性もあるため、比較的対処しやすいです。
他にもトイレの場合は生理用品やおむつが原因となることも多いです。

水を含むと膨張するようになっているため、これらを落とした場合は早めに取り出すしかありません。

また、スマホやライターのような固形物もポケットからトイレに落としやすいです。
トイレットペーパーと違い自然に解消することがないため、自分で修理する場合は手で掴むかワイヤーブラシなどで引っ掛けて取り出すことになります。

便器詰まりの原因は何?

お風呂場と洗面所の汚れ

お風呂場と洗面所の配管つまりとしては、髪の毛が原因となる場合が圧倒的です。
落ちた髪の毛が絡まり、次第に大きなつまりへと発展します。
また、お風呂場や洗面所は石鹸や洗剤を頻繁に使う場所でもあります。
そのため石鹸や洗剤の水に溶けきれないカスなどもつまりの要因となりやすいです。
粘り気のある石鹸カスと髪の毛がくっ付くことで、ヘドロのような塊が出来上がります。

配管にこびりつき、日を追うごとにどんどん大きくなるため、塊が小さいうちに対処することが大切です。

そして、お風呂場や洗面所は以下のような固形物を落としやすいです。

  • 詰め替え用シャンプーの切れ端やキャップ
  • ヘアピン
  • カミソリの刃
  • アクセサリー

固形物が髪の毛や石鹸カスと混ざりあうと、さらに強力なつまりとなります。
完全に配管を覆い水の流れが悪くなる直接的な要因となりやすいです。

浴室排水口はなぜ詰まる?その原因とは

排水枡が原因で配管がつまることも

つまりの原因は必ずしも屋内にあるとは限りません。
屋外の排水枡に問題が生じていて、屋内にある排水管の水が流れにくくなっていることもあります。
排水枡がつまる原因はいくつかあります。
キッチンやお風呂場などから集積された汚水や雑排水が溜まることでつまるケースもありますし、木の根が問題になることも考えられます。
意外かもしれませんが、木の根は配管内に侵入してくることは案外多いです。

配管のつなぎ目などちょっとした隙間から入れるため、配管近くに木が植わっている場合には注意しなければなりません。
特に木は水がある方へと生育する習性がありますので、今は大丈夫でも成長すると木の根が問題になってくるかもしれません。

雨水もつまりの原因に

また雨水も雨水枡をつまらせる要因になることがあります。
雨水は純粋な水だけが流れてくるわけではありません。
泥や砂などが混ざったり、場合によっては木の枝や葉っぱなどが混入してくることもあるでしょう。
雨水は、生活排水とは別の雨水枡に蓄積されるのが一般的です。
生活用の排水枡と同様に、固形物などが溜まると水の流れが悪くなりつまりを引き起こします。

雨水枡にも木の根が浸入することがあるため、近くに木を植栽しない方がよいでしょう。

屋外の配管や枡に関しては変化に気が付きにくいため、こまめに状態を確認することが大切です。

衝撃による配管勾配の変化

あまり多いケースではないですが、大きな衝撃が加わることで配管が破損したり、配管の勾配が変わることがあります。
水の通り道が失われるため、衝撃が原因でつまりを引き起こします。
たとえば自然災害であったり、大きなものをぶつけた時などです。
このような場合、配管の補修や交換が必要となります。
キッチンやシンクなどの浅い部分で起こったつまりですと自分で対処できますが、原因が配管にある場合は対処しにくいです。

配管の補修や交換は基本的に自分ではできないため、配管の破損や勾配変化でつまりを起こしている時は専門の水道修理業者に頼るしかありません

費用は補修内容や範囲によって大きく変わります。
部分的な補修であれば1万円~2万円程度で収まりますが、配管全部の敷き直しとなると数十万円かかるため、ケースバイケースです。

配管つまりを業者に依頼せず自分で対処する方法

生活排水が原因の軽いつまりであれば業者に依頼せず自分でも除去できます。
逆に言いますと、

自分で対処できるうちにつまりを解決しておかないと、どんどんつまりが蓄積され非常に厄介なことになってしまいます。

つまり解消法は日々の予防として活用しても問題ありません。
自分でつまり除去する方法を身につけ、排水管を常に綺麗な状態に保っておくのが理想です。
業者に依頼せずにできるつまり対処法について見ていきましょう。

自分で配管つまりを修理する4つの方法

自分でつまりを修理する方法は以下の4つです。

  • 重曹とお酢を使う
  • 液体パイプクリーナーを使う
  • ラバーカップを使う
  • ワイヤーブラシを使う

どの方法も非常に手軽にできます。
アイテムもドラッグストアやホームセンターなどで簡単に手に入るため、実施するためのハードルは低いです。
おおよそ300円~3000円程度のお手頃価格でアイテムは揃えられます。
具体的な手順について解説します。

重曹とお酢で配管詰まり除去

重曹とお酢を使ってつまり除去する手順は以下です。

  1. カップ1杯分の重曹を排水溝にそのままふりかける
  2. その上からカップ2杯分のお酢をかける
  3. 発砲したらそのまま30分~1時間程度待つ
  4. 時間が過ぎたら水でしっかりと流す

重曹とお酢をふりかけて水で流すだけという、非常にシンプルな手順です。
ヘアーキャッチャーや排水トラップにぬめりが生じているとつまりの原因となりやすいため、分解して掃除しておくのがおすすめです。
事前に洗剤と歯ブラシである程度汚れを落としておいてから、重曹とお酢を試すとよいでしょう。

住まいる水道
住まいる水道
お酢の匂いが苦手な場合はクエン酸で代用できますよ
クエン酸の方が若干ニオイはまろやかですよね
お客様
お客様

液体パイプクリーナーで配管詰まり除去

液体パイプクリーナーも、つまり除去に役立つアイテムの一つです。
手順としては以下になります。

  1. ヘアーキャッチャーや排水トラップを外しておく
  2. 液体パイプクリーナーを指定量どおり準備し、排水溝へ注ぐ
  3. そのまま30分から1時間程度待つ
  4. 時間になったら水を流し綺麗にする
  5. スムーズに水が流れるようになれば完了

薬剤でつまりを溶かすため、使用量や放置時間をきちんと守ることが大切です。

過剰に入れてしまうと配管を痛める要因になるため、使用方法は厳守しましょう。

またきちんと排水溝の奥に液体パイプクリーナーを届けるために、排水トラップなどのパーツはあらかじめ外しておくのがポイントです。

ラバーカップで配管詰まり除去

スッポンとしておなじみのラバーカップでも、つまり除去することができます。
方法は次のとおりです。

  1. あらかじめ水を貯めておく
  2. カップ部分を排水口に押し当てて圧着させる
  3. しっかりと押し当てたら今度は逆に上へと引っ張る
  4. つまりを引き出せるまで数回この動きを繰り返す
  5. つまりを除去でき水の流れがよくなれば完了

ラバーカップは水が張ってある場所でないと水圧をかけられないため、上手く作用しません。
そのためあらかじめカップ周りを水で覆っておく必要があります。

真空式パイプクリーナーで詰まりを解消する方法

もし水を貯めにくい場所で用いたい場合は、真空式パイプクリーナーがおすすめです。

ワイヤーブラシで配管詰まり除去

つまりが強力な場合はワイヤーブラシが役に立ちます。
使用方法は以下の通りです。

  1. 使用箇所周辺を養生しておく
  2. 排水トラップなどのパーツを外したら、ワイヤーブラシを先端部分から投入する
  3. 何かに当たるまで、そのままゆっくりと入れていく
  4. ぶつかったらつまりを削る
  5. 水の流れが良くなるまで角度を変えながら少しずつ削っていく
  6. つまりを押し出せたような感触があれば、ワイヤーブラシを引き戻す
  7. 水を出して、流れがスムーズなら完了

ワイヤーブラシを使う際は汚れが飛び散りやすいため、周囲を新聞紙などで養生しておきましょう。

またあまり奥まで進入させすぎると、後で取り出すのが大変になります。
常に手繰り寄せられる位置にあることを確認しながら使いましょう。

場所によってアイテムを使い分けよう

ここまで4つのつまり除去法を紹介しましたが、使用箇所や汚れの状況によってアイテムを使い分けるのがおすすめです。
下記の表をご覧ください。

つまり解消アイテム おすすめ使用箇所
重曹とお酢 あらゆる排水溝
液体式パイプクリーナー トイレ以外
ラバーカップ あらゆる排水溝
ワイヤーブラシ キッチン以外

重曹とお酢を使う方法とラバーカップを使う方法に関しては、あらゆる場面で活用できます。

液体式パイプクリーナーは、トイレットペーパーを分解することはできないため、トイレで用いてもあまり効果は期待できません。
ワイヤーブラシは、蛇腹ホースが設置されているキッチンで使用すると、ホースを痛める要因になります。
また一般的な塩ビ管のキッチンであっても、ワイヤーブラシは油汚れには向きません。

そのためキッチンでの使用は控えた方が無難でしょう。

配管つまりを起こさないためには日々の予防が大事

つまりは頑固なものになればなるほど、除去するのが大変になります。
出来立てのまだ柔らかい段階であれば今回ご紹介した方法で対処可能ですが、配管にこびりついてしまうと高圧洗浄などをおこなわないと除去しきれません。
必然的に業者の力が必要になってくるため、そうなる前に直す必要があります。
大切なのは、普段から予防しておくことです。
水回り設備を使用する際は、以下のことに気を付けるとよいでしょう。

システムキッチン排水口のお掃除の方法

  • ゴミ受けに溜まったゴミはこまめに捨てる
  • 油はキッチンペーパーで拭きとりをしてから洗う
  • 定期的な清掃を心がける

台所排水口お掃除手順を動画で解説!

配管つまり除去を業者に依頼する際の基礎知識

つまりの状態が悪い場合は業者へ依頼することになります。
頑固な汚れはプロが使っている専用の機材でないと対処が難しいです。

そのため今回ご紹介した4つの方法でつまり除去できないようなら、無理をせず早めに業者を呼んだ方がよいでしょう。
ただし適当に業者を選んで修理をお願いするのは失敗の元になりやすいです。

業者へ依頼する際に知っておくべきことをご紹介します。

業者に依頼した方が良い配管つまりとは?

まずは自分で対処できるつまりなのか、それとも業者の力が必要なつまりなのか判断しなければなりません。

基本的に、排水溝の浅い部分など目に見える箇所のつまりであれば自分で何とか出来る可能性が高いです。
逆に排水管の奥でつまりを起こしている場合や、屋外のつまりは業者に頼った方が無難でしょう。

またつまりの原因も判断基準の一つです。
たとえばトイレですと、トイレットペーパーなど溶けるものであれば自分で対処しやすいです。
一方手の届かない箇所に固形物を流した場合はつまり除去における難易度が上がります。
キッチンや浴室のドロドロとしたつまりも、まだ塊が大きくないようなら自分でつまり除去できますが、膨れ上がり固まってしまっている場合は難しいです。
ケースバイケースではあるため一概には言えませんが、解消法を試しても全く状況が変わらないようなら業者を呼びましょう。

業者を呼ぶ前に確認すべきこと

業者を呼んだ方がよい状況であっても、いきなり呼ぶのはNGです。
この後ご紹介しますが、時間帯によっては追加費用が発生する可能性もあるからです。
また賃貸の場合には、そもそも業者に修理を依頼しても大丈夫か確認することから始めなければいけません。
管理規約によって入居者の自己都合による修理は制限されている可能性もあります。
修理する際には管理会社の許可が必要なこともあるため、事前に問い合わせてからでないと修理の依頼ができません。
集合住宅の場合は、つまりの原因が他の住戸にある可能性も考えられます。
自分に責任がないつまりであれば修理費用の負担を負わなくて済むはずです。

勝手に修理を依頼してしまうと自己負担となる場合もあることから、やはり勝手に依頼せず管理会社に聞くようにしましょう。

配管つまり除去を業者に依頼した際の費用は?

つまり除去を業者に頼む機会はめったにないため、どのくらいの費用がかかるか予想がつかないかもしれません。
おおよその費用目安は以下の表の通りです。

修理内容 おおよその費用相場
簡単なつまり除去 8,000円~12,000円程度
ローポンプによるつまり除去 8,000円~15,000円程度
排水ポンプ交換も伴うつまり除去 15,000円~20,000円程度
トーラー作業によるつまり除去 20,000円~40,000円程度
高圧洗浄によるつまり除去 30,000円~70,000円程度

軽作業であれば出張費などを含めても1万円前後で収まるのが一般的です。
逆に機材を投入しなければ解消できないようなつまりですと、費用は高くなります。
とはいえ費用に関しては業者によって設定が大きく異なりますし、つまりの状況によっても修理内容が変わってくるため、一概にこの範囲で収まるとは限りません。

トーラーや高圧洗浄は追加費用が発生することも

トーラーを用いたつまり除去や高圧洗浄をおこなう場合は費用が高くなりますが、状況次第ではさらなる追加費用が発生することもあります。
一般的にこれらの作業はホースを使うことになりますが、ホースの長さが足りないような時はプラス費用が生じます。
たとえば最初の3メートルは基本料金内、その後1メートル増えるごとに追加料金の加算といった風に決まっていることが多いです。
そのため長いホースが必要となるような状況の時は要注意です。
たとえば1階ではなく2階でつまりが生じた場合や高層住宅でのつまりなどです。
よって当てはまるような時には、最初から高額になる可能性があることを念頭に置いたうえで業者へ依頼するようにしましょう。

良い業者の選び方

どんな業者に依頼するかという点は非常に大切です。
水道業者にはいろんなところがあります。
技術力の優れたところもあればサービスが充実しているところもあるなど、特色はさまざまです。
しかしながら水道業者を呼びたいタイミングは突然訪れるため、多くの人は吟味しないまま依頼することになります。
余裕がない状況ですから、良い業者を見極める時間もなく決めることになってしまうわけです。
中には悪質業者も存在するため、適当に業者を選んだ結果失敗する人も少なくありません。

業者を依頼する際には、料金体系や修理実績などをよく確かめてからお願いするようにしましょう。

また大手の業者であればSNSなどで実際に利用した人の体験談も得られます。
口コミを参考に、まともな業者か確かめるのもおすすめです。

相見積もりが有効

業者選びで失敗しないためには、個々の業者について情報収集することも大事ですが、相見積もりを取るのもおすすめです。
相見積もりを取ることで修理費用の相場が分かるため、相場から大きくかけ離れた料金設定をしている業者を避けられます。
複数の業者を見比べることでより有利なところを選べますので、1社だけを検討するよりも簡単に良い業者を選択しやすいです。
このように相見積もりは配管つまり修理の依頼をするうえで非常に有効な手段ではあるのですが、注意点もあります。

中には見積もりだけでも出張費などを請求する業者もあるため、断る場合は損失を被ることになるかもしれません。
また見積もり無料であっても、断る際にキャンセル料を請求するようなグレーな手口を使ってくる業者もあります。

そのため相見積もりをおこなう際にも適当に業者を選ぶのではなく、信頼できそうな業者を2~3社に絞っておこなうのがポイントです。

作業の前には必ず見積をしてもらいましょう

依頼する時間帯も気を付けよう

つまり除去を業者に依頼する際は、依頼する時間帯も選んだ方がよいです。
業者によっては夜間帯や早朝は深夜料金を加算する場合もあるため、同じ修理を頼んだとしても費用が高くなってしまいます。
料金設定は業者によりけりではありますが、5000円から1万円程度加算されるため非常にもったいないです。

そのため日中の営業開始時間まで待ってから依頼したほうが良いでしょう。
応急処置だけ自分で施し、駆けつけてもらえるまで待ちましょう。

お客様
お客様
問い合わせはいつでも大丈夫ですかね?
問い合わせだけなら時間帯は気にしなくても基本的に大丈夫ですよ。24時間対応している業者も多いです
住まいる水道
住まいる水道

まとめ

配管で生じたつまりは早めに除去することが大切です。
初期段階のつまりであれば自分自身で修理できる可能性が高いため、負担を抑えられます。
使うアイテムにもよりますが、300円~3000円程度の出費でつまりを直せますし、修理も難しくありません。
しかし時間が経過するとつまりの状態は悪くなるため、どんどん自分で直しにくくなってしまいます。
配管奥のつまりや強烈なこびりつきは、高圧洗浄などプロの業者が持っている機材でないと対処しきれません。
プロに依頼した場合の費用は状況次第ですが、安くても1万円以上はかかります。
高圧洗浄やトーラー作業が必要な場合は高額出費を余儀なくされるため、料金が抑えられるうちに早めに対処することが重要です。
突然のつまり発生時は慌ててしまいがちですが、冷静に状況を見極め行動しましょう。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP