メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 つまり豆知識 >

 完全にふさがったら手遅れ?流しのつまりは早めの解決を!

  • トイレの水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    税込4,200円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    税込7,350円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

台所の流しのつまりは早めに解決するには・・・

最近台所の流しの流れが悪いな、そう感じたことはありませんか?
ゆっくりだけど流れているから大丈夫だろう、と高を括っていると突然逆流してきたりすることもあります。
ちょっと水が流れにくいな、という場合にはそれは末期症状であると考えて良いでしょう。

台所の流しでつまりやすいのはココ!

流しでつまりやすいのは一体どこでしょうか?それは主に下水管内や排水管内また、排水トラップの所になります。
排水トラップはそこに水を溜めることによって下水管内の悪臭や虫が屋内に入ってくるのを防ぐ仕組みになっています。
水が溜まるということはそこは食材のカス等様々なものが溜まってしまいやすい箇所でもあります。
排水トラップはゴミ取りの下に水が溜まっているワントラップと排水管がS字になっているもの、S字よりも緩やかなカーブになっているP字になっている3種類になります。
ワントラップの物が一番多くある排水トラップで、自分でも清掃することが可能です。

流しのつまりの主な原因

流しのつまりの原因って食材のカスが詰まったんでしょ、と思うかもしれませんがゴミ取りカゴのところで受け止めているので排水トラップまであまり流れてきません。
意外かもしれませんが、流しがつまる主な原因は油です。
他にもトラップを外して使用し、フォークやスプーン等の固形物が流れてしまってつまる場合もあります。
油は液体状だから流してもそのまま流れていくのでは、と考えている方もいますがそんなことはありません。
一度固まってしまった油が排水管にこびりついてしまうと、今度からそこにどんどん油が溜まっていってしまうようになります。
たかが油と侮ってはいけません。

油による詰まり

一番流しがつまりやすい原因は油です。油を直接流す、という方は少ないと思いますが、普段食器を洗っていれば流れていくものです。
粘度の高い油は流れていきにくくつまりやすい物質になります。
料理をした時や食器を洗った時、少しだから大丈夫だろうと気にせず流してしまうとそれが排水管や下水管の中で蓄積してしまうのです。
それだけではなく、油は冷えると固まってしまいます。
排水管の中で一度冷えて固まってしまうと簡単に流れていってはくれません。
そして一度そこに汚れが溜まってしまうと排水管の中にどんどんと蓄積していって、最終的には水が流れなくなってしまいます。
普通の生活をしていても油が排水管の中にこびりついていくのは避けられませんが、放っておくとそれがだんだん硬質化したこびりつきに進化していきます。
それによって水が流れにくい状態になってしまったりするのです。
硬質化してしまった油汚れはなかなか落としにくくなっていきます。

洗剤による詰まり

実は油は洗剤と結合することによって酸性石鹸という粘着質な物体になります。
換気扇を掃除している時に灰色の粘着質の汚れが付着したことがあると思います。
あの灰色の粘着質な物体が酸性石鹸で、排水管内の油と反応して生成され、それが排水管の中に付着していくのです。
この酸性石鹸は最終的には石のように固いものになってしまいます。
それがだんだんと排水管の中でこびりついていってしまうという流れになります。
それだけではなく、洗剤カスや溶け残りもつまりの原因になるのです。
洗剤カスは金属石鹸と言われているものになります。
洗剤はカリウムやナトリウム等の金属物質を化合した界面活性剤なので、カルシウムやマグネシウム等のミネラル分の多い水と触れるとそれに化合して洗剤カスと言われるものが発生してしまいます。
この金属石鹸は不溶性なのでそのまま排水管に付着してしまうと溶けることがないので、厄介なつまりを引き起こしてしまうのです。

フォークなどの異物による詰まり

他にもフォークやスプーン、箸や歯ブラシ等を流してしまうということもあります。
それ以外にも細かな食材が流れていってしまうこともあります。
気がつかないうちに流れていってしまうので気付かないことも多いのですが、こういった異物が流れていってしまうと排水管や下水管の途中で止まってしまうのです。
しかもその止まってしまった物に油や洗剤カスが付着して詰まりの原因になっていってしまうこともあります。
流れていってしまったから大丈夫だろうと思わずにきちんと対処するようにしましょう。
気付いたらなるべく早くに対応することが重要です。
こういった異物が入っていると部品を傷めてしまい、水漏れなどの更なる被害に繋がりかねません。
もしも水漏れしてしまうと個人では対処するのが難しくなってしまい、集合住宅だと気付かぬ内に水漏れして階下の部屋に漏水してしまうこともあるので注意が必要です。

流しのつまりを自分で解消する方法

まずは油汚れや洗剤カス等が原因で流しがつまった時の対処方法についてご紹介致します。
重曹とクエン酸、もしくはお酢を使用した方法で、簡単で環境への影響も少ない方法なのでお勧めです。
重曹とクエン酸の方法は流しだけではなくトイレやお風呂の排水口のつまりにも有効な方法です。
パイプ洗浄剤だと傷みが気になるし強い洗剤だから嫌だ、という場合やもしも水の流れが悪いな、という場合にはこの方法から行なってみましょう。

ただし、重曹とクエン酸は軽い汚れを落とすものであって詰まりを直すものではありませんのでお間違えなく。
これはパイプ洗浄剤でも同じことが言えます。

重曹+クエン酸(お酢)を使用する

重曹とクエン酸が反応することによって細かい泡が出来、その泡が汚れの間に入り込んで汚れを浮かしてくれます。

排水栓蓋とゴミ取りかごを外します

まずは排水栓蓋とゴミ取りも外します。
ついでにゴミ取りにも重曹を歯ブラシで擦り付けてクエン酸をかけると綺麗になります。

ワントラップを外します

ゴミ取りカゴを外すとその下に排水トラップの蓋がある場合は排水トラップの蓋を外します。
基本、左に回すと外すことが出来ます。
固くて回らない場合は排水トラップ蓋を破損しない様に注意して外して下さい。

排水口に直接重曹をふりかけます

排水口に適量の重曹を振りかけます。

お酢をかけます

重曹を振りかけたらクエン酸、もしくはお酢をかけます。
アルカリ性の重曹と酸性のお酢が反応して泡が発生します。
匂いの気になる方はマスクを使用して行うと良いでしょう。

数十分放置します

泡が出てきたら数十分放置しましょう。
泡によって汚れに入り込んで剥離しやすくなっていきます。
これを数回繰り返し行います。

水で洗い流します

後は水で洗い流すだけです。
出来れば60℃以下の大量のお湯で流した方が汚れが流れていきやすくなります。

排水トラップ蓋、ゴミ取りカゴ、排水栓蓋を元に戻します

流し終わったら排水トラップの蓋を右に回しながらはめ、ゴミ取りカゴをはめて排水栓蓋を元に戻して終了です。

市販のパイプ洗浄剤を使用する

もしも重曹とクエン酸を使用しても排水が良くならなかったら次は市販のパイプ洗浄剤を使用してみましょう。
パイプ洗浄剤は強い洗剤のため皮膚に付着しないように気を付けて使用して下さい。
また、パイプクリーナーは塩素系の洗剤ですのでにおいを嗅ぎ続けることは体には良くないので換気扇を回しながら使用します。
パイプ洗浄剤を定期的に使用しておけばつまりの予防にもなるので、出来れば1週間に一度行うことが望ましいです。

換気扇を回して換気をします

まずは換気扇を回しておきましょう。
どうしても塩素系の洗剤は匂いがしますのでマスクをした上で行うと良いでしょう。

この先は重曹+クエン酸と同じです

後は先程の重曹とクエン酸の時と同様に洗浄剤を入れたら数十分時間をおいてから水で洗い流します。

ワイヤーブラシ(パイプクリーナー)を使用する

もしもパイプ洗浄剤を使用しても駄目だったらワイヤーブラシを使用する方法もあります。
ワイヤーブラシは先端がブラシのものとらせん状のものがあり、ブラシは排水管内を軽く掃除する時に使用し、らせん状の方は硬質化した汚れを掻きだすことが可能です。
そのため定期的な清掃のためであればブラシの方を、つまりが酷い時にはらせん状の方を使用しましょう。
このワイヤーブラシはホームセンター等で3000円程度で購入することが出来ます。

ただし、無理に行なうと蛇腹ホースに穴をあけてしまったり、排水管や下水管に挿入したワイヤーが抜けなくなってしまったりする場合もありますので、使用にはくれぐれもご注意下さい。

最後に

ご自分で詰まり直しを行なっても無理をして症状を悪化させてしまっては元も子もありません。
まずは無理をせずに行う事を心がけ、直していて無理だなと感じた時は早めに専門の水道修理業者にご相談下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP