メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 洗面所豆知識 >

 【簡単5分!】洗面所の配管を交換する方法!これで水漏れも怖くない

  • トイレの水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    税込4,200円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    税込4,200円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    税込7,350円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

洗面所配管の交換方法

朝の準備や身だしなみチェック、そして夜のお手入れで日常的に使用する洗面所にトラブルが発生すると気持ちよく一日をスタートすることができないので、早めに対応したいトラブルです。

洗面所のトラブル事例

水のトラブルとしては下記があります。
・床が水浸しになる
・一応流れるが以前よりも水の流れが遅くなった
・洗面ボウルに水が溜まってしまい、水がなくなるまでに数時間かかる

臭いのトラブルは2種類です

・洗面器の排水口から臭いが上がってくる
・下の扉を開けると臭いがする

水漏れは排水トラップの破損や、接続部分のナットが緩んだりパッキンが劣化したりして起こります。
また、床に水が出るのは、給水管や止水栓、蛇口からの水漏れが考えられますが、他にも下水管で詰まりが起り、排水管と下水管の接続部分から排水があふれて床へ流れ出る、こんなケースもあります。
水が流れないのは排水管や下水管の詰まりが原因です。
水が流れない場合は洗面ボウルの排水口に原因がある場合もありますが、排水口のゴミを除く、あるいはパイプクリーナーやラバーカップを使用しても効果がない場合には排水管の上にあがるカーブ部分やその先のまっすぐ下に降りる部分に原因があるかもしれません。
そこが原因でなければ、その先の下水管内で詰まっています。

臭いに関しては、排水管のU字部分に水が溜まっていなければ確実に排水口から下水の臭気が出てきます。
ただし、U字管から水が漏れていなければ、普通に洗面所を使っていればよほどでないかぎり起こりません。
本当にその臭気が下水からのものであれば、原因は排水管と下水管の接続部と考えられます。

洗面所の配管が曲がっている理由

洗面所の配管の多くは急なカーブをえがいている形になっていますが、なぜこのような形になっているのかというと、臭いを防ぐためです。
洗面所の配管の先は住宅の排水を本管に送るための配水管といい、本管の大きなパイプに繋がっています。
ここには洗面所以外にもお風呂や洗濯機などの生活排水がすべて集まるため、空気を伝って匂いが上がってくることがあります。

ですがS字などの形であれば、カーブ部分に水が貯まりますので、この水がフタとなり臭いが洗面ボウルまで上がってこなくなるという仕組みです。
通常はこのカーブ部分に水は溜まっていても、石鹸カスや髪の毛などのゴミは洗面器からの水の勢いで一緒に流れていきます。
しかし洗面器の排水口に物が詰まっていると、配管の流れが弱くなってしまい、カーブ部分のゴミが流れにくくなり排水管の詰まりにつながってしまうのです。

定期的に排水口を掃除していると詰まりにくいですが、配管に汚れが蓄積されたりサビがついたりすることもあるので、綺麗にしていても詰まりが発生することがあります。

「排水管の交換なんて専門業者じゃないと絶対にできない」という印象を持つ方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
状況によってはご自分で交換することも可能です。
樹脂製の排水管でSトラップは、比較的交換も可能ですが、Pトラップや金属製の排水管については、専門の水道業者に頼んだ方が良いでしょう。

排水トラップ交換で準備するもの

洗面器と雑巾

U字管の中の水が出ますので洗面器やタッパ、雑巾を用意します。

工具

基本、樹脂製の排水トラップは工具を使い力が入り過ぎると破損する危険性がある為、脱着に工具は使いません。全て手締めで行います。

ただし、古い排水トラップが手の力で外れない場合はプライヤーなどを使い外して下さい。
また床部分についているプレートを外す際にプラスドライバーが必要な場合、あわせて用意しましょう。

万が一、パイプの長さを切って調整しなければならない場合、樹脂パイプをカットするパイプソーや蛇腹ホースをカットするハサミやカッターは必要です。

他にも止水栓を締める場合、ハンドルではないタイプの場合にはマイナスドライバーを使用することもあるので、必要に応じて用意してください。

新しい排水トラップ

劣化ではなくトラップ部分の詰まりが原因であれば、配管の部品は取り外して掃除すれば症状が改善されることもあるので新しい配管の準備は不要ですが、多少なりとも配管は劣化しているはずですので、今後のためにも取替をおすすめします。

取り替える排水トラップですが、樹脂製のものでも種類があります。
・下部がストレートのパイプ
・下部が蛇腹ホースのパイプ

また、排水栓(排水トラップのU字パイプより上部)ごと交換する場合は、排水口のサイズは色々ありますので、必ず直径を測って同じ物を用意してください

形状が異なっていると取り替えたときにはまらない可能性が高いので、形状と長さは同じものを選びます。

交換手順

作業準備

1.トラップ部分の下に洗面器を置く
洗面所の配管はいくつかの接続部分がありますが、S字やU字のトラップがついているタイプは必ずトラップ部分から外します。
トラップ部分から外さずに一気にすべて外してしまうとトラップ部分にたまっている水がこぼれてしまいますので、必ずトラップ部分から行う必要があるのです。
外して水がでてもよいように、トラップ部分の下に洗面器を置きます。

2.止水栓を止める
作業の場所を考えると特に止水栓を止める必要はないのですが、もしも配管を外しているときにぶつかったりして蛇口がひねられてしまうと軽い洪水状態になってしまいますので、万が一に備えて止水栓は締めておきましょう。
洗面所の止水栓があるならば洗面所だけの止水で大丈夫です。
ハンドルタイプならハンドルを回し、そうでなければマイナス溝というタイプなので、マイナスドライバーを溝に入れてまわします。

古い配管をはずす

1.トラップ部分のナットをゆるめる

バケツの準備ができたら接続部分を止めている

部分のナットを緩めます。
ある程度緩んだら手でまわせますが、配管が一緒にまわってしまうときには片方の手で抑えましょう。
取り外す前に上下両方のナットを緩めます。

2.トラップ部分を外す

上下のナットが緩んだら、洗面器の外に水がこぼれないよう、ゆっくりとトラップU字管を外します。

3.床のプレートネジをゆるめる
次に、排水トラップの下部を外すための準備をしますが、床とはプレートという円形のプラスチック状のもので蓋をされており、プレートはネジで止められています。

このネジをプラスドライバーで緩めましょう。
ネジをなくさないように気をつけてください。

4.床の排水プレートを持ち上げます
ネジがとれたらプレートを上に上げます。

5.トラップ下部のパイプを外します
プレートがとれたら、あとはパイプを引き上げるととれるようになっています。

6.防臭ゴムを外す
外した配管に黒いゴムがついているので、このゴムを外します。
このゴムは隙間から臭いが入ってこないようにするための防臭ゴムです。

新しいトラップ下部パイプをつける

1.パイプの長さを調節する
新しい配管をつける前に、古い配管と同じ長さに切って調節します。

2.新しいパイプにプレートと防臭ゴムをつける
長さを調節したら、新しい配管にプレート、防臭ゴムを取り付けます。
防臭ゴムが下にこなければいけませんので、入れる順番に気をつけてください。

3.新しい配管の下部分をセットする
床部分はただ差し込まれているだけなので、新しい配管をそのまま差し込みます。
防臭ゴムをしっかり取り付けましょう。

4.トラップU字管を取り付ける
U字管を差込にしっかり入れナットを締めて接続します。
このときにゴムパッキンがずれていると水漏れにつながりますので、違和感のないようにしっかりはめこんでください。
また、締め込みは手締めてきつくしっかり締め込んで下さい。

確認・仕上げ

1.水を流して確認する
水を流してみて、水漏れがないか確認しましょう。
わずかでも水漏れがあるとパッキンのずれなどうまくはめこまれていない可能性があるので、その際はもう一度上部分を外して付け直します。

2.問題がなければプレートのネジを締める
水漏れがなければ最後にプレートのネジを締めて終了です。

注意点

ナット、ゴムパッキンなどは小さな部品ですのでなくさないように注意しましょう。
もし配管の掃除だけをして交換しないという場合には同じ部品を利用する必要があり、ゴムパッキンがひとつないだけでも水漏れの原因となってしまいます。

また完了後には必ず水を流して確認し、わずかな水漏れもないかチェックをしましょう。
少しでも水漏れがあればナットの締め込みが弱いか、パッキンがうまくはめられていない可能性があります。
多少の水漏れだからといって、絶対に放置しないで下さい。

動画で解説!洗面排水Sトラップ交換方法

まとめ

手順は一見多く見えますが、案外取り外しはやってみると簡単です。
しかしパッキンがうまくはまっていなかったりナットの締めが不充分だったりすると水漏れしますので、接続が雑にならないよう、ゆっくり時間のとれるときに行いましょう。

接続に問題はなさそうだけれどトラブルが解決しないというときは、他の部分に原因がある可能性も考えられます。
改善しないとき、またはやってみたけれどうまくいかないときは専門の水道業者へご相談下さい。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP