メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ
トイレの水漏れ 修理など、水まわりのトラブルならなんでもおまかせください!!
   

水漏れ・水道修理なら住まいる水道HOME >

 コラム一覧 >

 水漏れ豆知識 >

 混合栓の水漏れで考えられる原因と箇所や修理・交換方法を水道屋が解説

  • トイレの水漏れ・詰まり

    トイレの水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。

  • 蛇口の水漏れ

    蛇口の水漏れ4,000円~

    詳細を見る

    パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。

  • 台所の水漏れ・詰まり

    台所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います

  • 風呂の水漏れ・詰まり

    風呂の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。
    シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。

  • 洗面所の水漏れ・詰まり

    洗面所の水漏れ・詰まり4,000円~

    詳細を見る

    蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。
    洗面台の交換などのリフォームも承ります。

  • 配管の水漏れ・詰まり

    配管の水漏れ・詰まり7,000円~

    詳細を見る

    下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。
    排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。

  • 漏水対策

    漏水対策漏水調査0円~

    詳細を見る

    排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。

  • 悪臭対策

    漏水対策悪臭調査0円~

    詳細を見る

    水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。

  • 法人様向けサービス

    法人様向けサービス

    詳細を見る

    管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!


リフォーム

各種配管工事

水道の混合栓が水漏れを起こした場合、何が原因で修理や交換はどうすれば良いのでしょうか?
急なトラブルが起きると焦ってしまいますが、冷静に対処することが大切です。
ここでは混合栓の水漏れについて、その原因や水漏れを起こす箇所、さらには修理や交換の方法を解説していきます。
水道の水漏れは自分で対処できることもあり、方法を知っておけばいざという時に役立ちます。
修理や交換をするためにはまず原因を突き止める必要があります。
どこから水漏れしているのかを確認し、原因を見つけられれば適切な対処方法も見えてきます。

お客様
お客様
混合栓から水漏れした時、自分で修理や交換することは可能なのか気になります
修理や交換のためには原因と水漏れの箇所が重要です。なぜ水漏れが起きるのかを知っておきましょう
住まいる水道
住まいる水道

目次

水道の混合栓の種類を知って水漏れの原因を知ろう

混合栓の種類と水漏れのパターンとは

最初に、水道における混合栓とは何かを見ていきましょう。
混合栓はキッチンや洗面台でよく見られる水栓のタイプです。
最大の特徴としては、水とお湯の両方を使えるという点が挙げられます。
レバーやハンドルを操作することで水もお湯も両方を使うことができ、使い分けが可能です。
冷たい水と温かいお湯を両方使えるということで非常に便利で、多くの家庭で利用されています。
そんな混合栓は大きく2つの種類に分けることができます。

  • シングルレバー混合栓
  • ハンドル混合栓

以上の2つです。
どちらも混合栓という点では同じなのですが、水の出し方、温度の調節法などが違います。
さらに水漏れの際、その原因や水漏れ箇所などにも違いが見られます。
ご自宅の混合栓がどちらに該当するかを把握することも重要なのです。

シングルレバー混合栓の水漏れパターン

シングルレバー混合栓からの水漏れ

シングルレバー混合栓は現在主流と言えるタイプです。
上下左右に動かすことができるレバーが付いていて、レバーを上下に動かすことで水量の調節、左右に動かすことが水温の調節が可能です。
新築の家を建てる場合や、新しい水栓に取り替えるような場合、基本的にはシングルレバー混合栓が使われます。
レバー1つで水とお湯の両方を使えるため便利なのが特徴で、この機能を実現するためにバルブカートリッジが採用されています。
ですがバルブカートリッジが水漏れの原因になることも多く、トラブルの元になってしまっているというのも事実です。

ハンドル混合栓の水漏れパターン

ハンドル混合栓からの水漏れ

ハンドル混合栓は現在あまり使われなくなった水栓です。
そのため新築の家などではほとんど見られず、ある程度の築年数の家で見られます。
水を出すためのハンドルとお湯を出すためのハンドルの2つが付いていて、それぞれのハンドルを操作して水量と水温を調節します。

2つのハンドルを操作しなければならないため、シングルレバー混合栓よりも扱いが面倒なのですが、その分構造はシンプルです。
バルブカートリッジも使われておらず、水漏れの原因や箇所も特定しやすくなっています。
ハンドル混合栓はシングルレバー混合栓が主流になったことで新しいものはほとんど使われません。
必然的に今も使われているハンドル混合栓は古いタイプであり、経年劣化による水漏れが多いと言えます。
修理や交換は比較的簡単ですが、水漏れのリスクは高いと考えておいた方がよいでしょう。

お客様
お客様
混合栓の種類によって特徴が違うんですね
水漏れの際の原因や箇所も違ってきますので、まずはどちらの混合栓を使っているか把握しておきましょう
お客様
お客様

シングルレバー混合栓の水漏れ原因と箇所

シングルレバー混合栓の水漏れの原因と水漏れの箇所とは

ここからはシングルレバー混合栓について、水漏れを起こす原因とその箇所を見ていきましょう。
原因と箇所について、表にまとめておきます。

水漏れを起こしている箇所 レバーの下 スパウト 吐水口
水漏れの原因 バルブカートリッジの劣化・破損 バルブカートリッジ・パッキンの劣化・破損 バルブカートリッジ・パッキンの劣化・破損

このように、実は水漏れの原因の大半はバルブカートリッジ、もしくはパッキンの劣化や破損によるものです。
水栓内部の部品が劣化したり破損することで水漏れが起きると言えます。
破損は扱いに気を付けていれば防ぐことも可能ですが、劣化に関しては時間が経てば経つほど進んでいきます。
つまりある程度の期間が経てば、いつ水漏れを起こしても不思議ではないということです。

一般的に水栓の寿命は10年ほどと言われています。
使い始めてから10年以上経過しているなら、劣化によって水漏れのリスクがあると想定しておきましょう。

ハンドル混合栓の水漏れ原因と箇所

ハンドル混合栓の水漏れの原因と水漏れの箇所とは

次にハンドル混合栓の水漏れ原因とその箇所です。
こちらも表にまとめておきます。

水漏れを起こしている箇所 ハンドルの下 吐水口 蛇口付け根のパイプ部分
水漏れの原因 パッキンの劣化・破損もしくはナットの緩み パッキンの劣化・破損 パッキンの劣化・破損

ハンドル混合栓についても、やはりパッキンの劣化が主な原因になっているのがわかります。
シングルレバー混合栓とは違い、バルブカートリッジは使われていないため水漏れの原因にもなりません。

ハンドル混合栓から水漏れが起きたら、基本的にはパッキンが古くなっている、破損していると考えましょう。

シングルレバー混合栓が水漏れした場合、どうやって修理・交換すれば良い?

シングルレバー混合水栓に多い水漏れトラブルは?

次に実際に水漏れしてしまった場合に、修理や交換する方法を見ていきましょう。
シングルレバー混合水栓の場合、主に3箇所からの水漏れが考えられ、そのどれもバルブカートリッジ、もしくはパッキンが劣化・破損していることが主な原因となります。
水漏れが起きた場合、バルブカートリッジやパッキンを交換することで修理が可能ということです。
水漏れを起こしている箇所ごとに、それぞれの修理・交換方法を解説します。

シングルレバー混合栓のレバー下から水漏れした場合の修理・交換方法

シングルレバー混合栓に取り付けられているレバーは、上下左右に動かすことができます。
このレバーの下、付け根部分からポタポタと水漏れすることがあるのですが、これはバルブカートリッジの破損・劣化が原因と考えられます。
そのためバルブカートリッジを交換するのが正しい対処法です。

新しいカートリッジを取り付けます

修理の際の注意点ですが、最初に止水栓は必ず止めておきましょう。
いわゆる水の元栓のことで、止水栓を止めておかないと修理中に水が噴き出したりする恐れがあります。

これはシングルレバー混合栓だけでなく、ハンドル混合栓を修理する時も同様で、とにかく最初に止水栓を止めて水が出てこないようにしておきます。
止水栓を止めたら、ドライバーかレンチを使ってレバーを水栓本体から外します。
レバー内部が露出し、バルブカートリッジが見えるはずです。
古いバルブカートリッジを取り外し、新しいバルブカートリッジに交換しましょう。
交換が完了したらレバーを取り付けて修理完了です。

新しく用意するバルブカートリッジですが、メーカーによって使っているバルブカートリッジが異なります。
事前にメーカーを確認し、正しいバルブカートリッジを購入しておきましょう。

また、水栓内部の構造などもメーカーによって違ってきます。
パーツの配置などを正確に把握するためには、取扱説明書があると便利です。
もし取扱説明書が紛失などで手元になく、内部の構造を正確に把握できないような場合は、自分で修理や交換をするのではなく、業者に依頼することも検討しましょう。
正しいパーツを用意できない場合も同様です。

シングルレバー混合水栓のカートリッジ交換方法

動画で解説!台所シングルレバーカートリッジ交換方法

シングルレバー混合栓のスパウトから水漏れした場合の修理・交換方法

スパウトとは蛇口の本体部分のことです。
レバーと蛇口の間にある、胴体部分をスパウトと呼んでいます。
このスパウトから水漏れしている場合、バルブカートリッジかパッキンの劣化・破損が原因と考えられます。
バルブカートリッジを交換する場合はレバー下からの水漏れと同じ手順でバルブカートリッジを交換しましょう。
パッキンが原因の場合、パッキンを新しいものに交換します。

一般的な方法としては、まずドライバーやレンチを使ってレバーを取り外します。
内部にあるバルブカートリッジも一旦取り外しましょう。
そうするとパッキンが見えるはずです。
このパッキンを取り外し、新しいものに交換すれば完了です。

新しいパッキンを取り付けます

バルブカートリッジ、レバーをそれぞれ取り付け直し、止水栓を開けて水を出してみて、水漏れがなければ正常な状態に戻ったと言えます。
あくまでも一般的な方法で、バルブカートリッジやパッキンの交換方法は各メーカーによって細かい部分に違いが見られます。
必ず取扱説明書を見るなどして、正しい手順を確認しておきましょう。

シングルレバー混合栓の吐水口から水漏れした場合の修理・交換方法

最後に吐水口からの水漏れです。
吐水口とは水が出てくる部分のことで、蛇口の先端に当たります。

吐水口からの水漏れとレバーハンドル不良

しっかりレバーを止めているのに自然と水が流れ出てくるような場合、パッキンが劣化・破損しています。
パッキンが正しく水を止められなくなった結果、蛇口から水が漏れてしまうのです。
修理方法としてもパッキンの交換となります。
レバーを外し、バルブカートリッジを外し、問題となっているパッキンを取り外して新しいものに交換します。
これで吐水口からの水漏れを修理できます。
ここまで見てきてわかるように、実は水漏れ原因や箇所を問わず、修理の手順はほぼ同じです。
バルブカートリッジを交換するのか、それともパッキンを交換するのかという違いはありますが、レバーを外して内部を露出させ、原因となっているパーツを交換するという点では共通しています。
原因さえ突き止められればあとは同じような手順で交換作業を進めるだけで良いのです。

シングルレバー混合水栓:胴体パッキンの交換方法

ハンドル混合栓が水漏れした場合、どうやって修理・交換すれば良い?

ハンドル混合栓についても修理・交換方法を見ていきましょう。
ハンドル混合栓も水漏れの原因は箇所ごとに違います。
それぞれの箇所ごとに正しく修理・交換する方法を覚えておけばトラブルの際にしっかり対応できるようになります。

ハンドル混合栓のハンドル下から水漏れした場合の修理・交換方法

ハンドル混合栓の水漏れ箇所としてもっとも多いのがハンドルの下部分です。
水やお湯を出すためには必ずハンドルをひねるため、内部にかかる負担も大きいからです。
この負担によってパッキンが劣化・破損するリスクが高まります。
また、同様にナットが緩んでしまうことも多くなります。

修理・交換方法ですが、やはり最初に止水栓を止めておきます。

その後、ドライバーを使うなどしてハンドルを取り外しましょう。
ハンドル内部が露出し、パッキンなどの部品が取り外し可能になります。
内部をよくチェックし、パッキンとナット、どちらに原因があるのかを把握します。
パッキンが劣化していたり破損しているならパッキンを交換しましょう。
古いパッキンをそのまま取り外し、新しいパッキンを取り付けます。

シングルレバー混合栓におけるバルブカートリッジやパッキンと同様に、やはりメーカーごとに決まったタイプを使わないといけません。
取扱説明書などをチェックし、パッキンの型番やサイズなどを確認しておきましょう。
パッキンに異常が見られない場合、ナットが緩んでいる可能性が考えられます。
スパナでナットを締め直してみて、水漏れが改善されるかを確認します。
ナットの緩みが原因の場合、スパナで締め直すだけで良いのでハンドルを取り外す前にまずナットを締め直すのがおすすめです。
それでも水漏れが直らない場合、ハンドルを取り外して内部のパッキンをチェックしましょう。

ハンドル混合栓の吐水口から水漏れした場合の修理・交換方法

吐水口からポタポタと水が漏れ出る場合、パッキンが劣化・破損している可能性が高いです。
そこで修理としてもパッキンを交換することになります。
ドライバーを使ってハンドルを取り外し、内部にあるパッキンを取り外しましょう。
後は新品のパッキンを取り付けてハンドルも再度取り付ければ完了です。
吐水口に関してはハンドルをひねることで水やお湯が出るように作られています。
単純にハンドルをきちんと締まっていないだけのこともあり得ますので、最初にしっかりとハンドルを締めてみましょう。
それでも水が漏れるという場合、ハンドルを取り外して内部のパッキンをチェックする必要が出てきます。

2ハンドルシャワー混合水栓の水漏れ修理方法

ハンドル混合栓の蛇口付け根パイプ部分から水漏れした場合の修理・交換方法

吐水口と蛇口本体の繋ぎ目にあるパイプ部分から水漏れするケースも見られます。
このケースではパッキンの劣化・破損が原因と考えられます。
パイプ部分は多くの水栓で動くようにできており、動かすことで内部のパッキンが劣化・破損する形です。

古いパイプを外す

新しいパッキンに交換してあげましょう。
この場合、ハンドルは関係なくパイプと蛇口本体を繋いでいる部分のパッキンを交換します。
パイプを取り外す必要があるのですが、大半のハンドル混合栓はスパナを使うことでパイプを取り外せるように作られています。
止水栓を止め、準備ができたらスパナでパイプを外しましょう。
内部のパッキンが見えますので、古いものを取り外し新品を取り付けます。
最後にパイプを取り付け、止水栓を開けて水を出し、水漏れが見られなければ修理完了となります。

お客様
お客様
水漏れ箇所を特定して、劣化・破損したパーツを交換することが大事なんですね
パーツの交換は自分でも行うことが可能です。取扱説明書もよく読みながら正しい手順で新品のパーツに交換してあげましょう
住まいる水道
住まいる水道

自分で混合栓の水漏れ修理・交換ができない場合はどうすべき?

自分で水漏れ修理や混合栓の交換が出来ない場合

ここまでシングルレバー混合栓と、ハンドル混合栓の水漏れの原因や修理の方法を解説してきました。
基本的には異常のあるパーツを交換すれば良いのですが、自分ではこうした作業が難しい場合も出てきます。
取扱説明書が手元になくパーツの配置やメーカーごとの正規品がわからない場合、必要な道具がない場合、自分で修理するのは不安があるというような場合です。
では水漏れが起きているものの自分では修理や交換が難しいと感じたらいったいどうすれば良いのでしょうか?
こうした場合、やなり専門家を頼るのが確実です。
水道業者に依頼し、水漏れの修理をしてもらいましょう。
ここからは水道業者に水漏れ修理を依頼する場合についてお話します。

水道業者を選ぶ際の基準とは?

数多くある水道業者から1社を選ぶには、その基準をしっかりと知っておく必要があります。
水道業者に水漏れ修理を依頼する場合、主に以下のような点が基準となるでしょう。

  • 価格
  • 信頼性
  • スピード

これらを総合的に判断し、最終的に修理を依頼する水道業者を決めないといけません。
次の項目からはそれぞれの基準について詳しく見ていきましょう。

水漏れ修理の価格はいくら?相場は?

水道業者に水漏れ修理を依頼すれば当然ですが費用がかかります。
ここで大事なのはいくらで修理してくれるのかという点と、水漏れ修理の相場はいくらくらいなのかという点です。
特に相場は重要で、相場さえ把握しておけば各水道業者が提示してくれる費用が安いのか高いのか判断できます。

混合栓の水漏れの場合、その多くはバルブカートリッジやパッキンなどの特定のパーツを交換すれば修理できます。
比較的簡単な作業と言え、修理にかかる価格の相場は5,000円から10,000円ほどです。

つまりこの範囲内で修理してくれる水道業者は適切な価格で営業していると考えられます。
相場を大きく超えるような価格の水道業者はあまり信用できません。
相場を把握したうえで、価格的に信頼できる水道業者かを見極めましょう。
私達からすると安ければ安いほど嬉しいのですが、相場を大きく下回るほど安いのも考えものです。
あまりにも安すぎる水道業者は、作業が雑だったり手抜きをしている可能性があります。
正しく修理するにはある程度の費用はどうしてもかかりますから、相場より安ければ良いというものでもありません。
この点にも注意し、適正な価格かどうかを考えましょう。

作業の前には必ず見積をしてもらいましょう

信頼して修理を任せられる水道業者か?

信頼感も非常に重要なポイントです。
とはいえどうやって信頼できるかどうかを見極めるのか、疑問に感じる方も多いでしょう。
実際に修理をしてもらう前にすべてを見極めるのは難しいですが、

電話での対応や見積もり時の対応などをよくチェックしましょう。
説明はしっかりとしてくれるか、わかりやすく教えてくれるか、料金の内訳について詳細を説明してくれるかなどが特にチェックしておきたい部分です。

良くない業者は事前説明なども少なく、こちらの疑問に答えてくれない、料金の内訳がわかりにくいといった特徴が見られます。
逆に信頼できる良い業者というのは、説明も詳細で料金のことも含めてこちらが気になる部分にしっかりと答えてくれます。
修理の相談をする際、どういった対応をするかをよく見てみましょう。
そうすれば自然と信頼できるかどうかがわかります。

水漏れ修理は駆け付けから修理完了までのスピードも大事

最後にチェックしたい基準はスピードです。
修理を依頼したらどのくらいで自宅まで来てくれるのか、修理完了までの時間はどのくらいか、こうした点も気になります。
水漏れは家庭内のトラブルとしては大きなものの1つで、少しでも早く解決したいところです。
素早く駆け付けて修理してくれればとても安心です。

そこで自宅から近い水道業者を中心に探すという方法が考えられます。
単純に自宅から近いほど修理に来るまでの時間も短くなるからです。
また、自宅からあまりに遠い水道業者だと出張料金が発生するようなこともあります。
余計な費用を抑えるためにも、できるだけ自宅から近い水道業者の方が良いでしょう。
修理にかかる時間についてですが、これは水道業者の技術力が大きく関わってきます。
もちろん水漏れの深刻度などによっても変わるのですが、こちらはどうしようもない部分です。
できるだけ技術力の高い水道業者を選びたいものですが、技術力は過去の実績が参考になるでしょう。
ホームページを開設している水道業者の場合、過去の修理実績などを掲載していることがあります。
こうした情報から頼りになる水道業者を見つけることができれば、問題を迅速に解決できるでしょう。

総合すると価格が相場の範囲内に収まっていて、説明も詳しくしてくれる、自宅から近く技術力もある、そんな水道業者が理想です。

一刻も早く水漏れを解決しようと焦ってしまいがちですが、水道業者に依頼する場合は冷静に信頼できるところを選ぶよう心がけましょう。

お客様
お客様
理想の水道業者を見つけられれば水漏れトラブルもスムーズに解決できそうですね
混合栓の水漏れは自分では修理が難しいこともあります。そんな時はプロである水道業者に依頼し修理をしてもらいましょう
住まいる水道
住まいる水道
お客様
お客様
価格をはじめ、信頼できるかやスピード感がポイントですね
複数の水道業者を比較して、自分の理想により近い業者を探すことが大切です
住まいる水道
住まいる水道

まとめ

混合栓から水道の水漏れが起きた場合、すぐに対処しなければいけません。
内部のパーツを交換することで修理できますので、パーツ交換の手順を覚えておきましょう。
そうすれば自分で修理することも可能です。
自分で修理するのが難しいと感じられる場合は水道業者に依頼しましょう。
価格が相場内かをチェックしつつ、電話などでよく話を聞いて信頼できるかをチェックします。
良い水道業者は短時間で駆け付けてくれ、速やかに修理をしてくれます。
価格的にも適正な提示をしてくれますので、いかにこうした良い水道業者を見つけるかがポイントです。
ホームページを見るなどして、本当に安心できる水道業者を探しましょう。
水漏れは無理に自分で修理しようとせず、プロに任せることも時には重要です。

料金一覧はこちら

メール・お電話のお問合せはこちら

↑TOP