メールでお問い合わせお電話でお問い合わせ

キャンペーン



サービス内容

トイレつまり(詰まり)・下水詰まり・トイレタンク水漏れ・水の出が悪い等のトラブルに対応します。ウォシュレット・便器の交換もお任せ下さい。⇒詳細をみる パッキン・コマ・カートリッジ等の部品交換や蛇口本体の修理、交換を行います。⇒詳細をみる

蛇口水漏れ修理・交換や排水つまり(詰まり)や水漏れのトラブルに対応します。浄水器、食器洗い機の取付け等も行います。⇒詳細をみる 排水つまり(詰まり)や蛇口の修理及び交換を行います。シャワーホース、シャワーヘッドの交換もお任せ下さい。⇒詳細をみる

蛇口の修理・交換や排水つまり(詰まり)のトラブルに対応します。洗面台の交換などのリフォームも承ります。⇒詳細をみる 下水管のつまり(詰まり)、給水・排水管の水漏れを修理します。排水管高圧洗浄。電動トーラー作業を行います。⇒詳細をみる

排水管からの水漏れや、天井からの水漏れ、床下の浸水等、 ご家庭の水回りに関するトラブルに迅速に対応致します。⇒詳細をみる 水まわりや排水からの悪臭のお困りの方は、お早目にご連絡下さい。状況をヒアリングさせて頂き。原因調査・修理を行います。⇒詳細をみる


管理会社様・オーナー様・法人様等に代わり、排水の詰まりや水漏れ等、水まわりのトラブルを迅速に対応・サポート致します!⇒詳細をみる

その他のサービス

ポンプの修理・交換
給水ポンプ、排水ポンプ、井戸ポンプ、増圧ポンプの修理、交換

オール電化工事
エコキュート、太陽光発電システム、温水ソーラー、IHクッキングヒーター、電気温水器交換・修理

管内カメラ調査
排水管の中に異物が詰まっている場合など原因を調べる時に使用します。

給湯器修理・交換
給湯器の水漏れやお湯が出ないなどの点検修理、交換

給水管洗浄
給水管・給湯管の水の出が悪いなどの時に錆や異物を取り除きます。

貯水槽・汚水槽洗浄
貯水槽の洗浄、水質検査、消毒、定期清掃、メンテナンス点検修理

静岡県の対象エリア

熱海市、 伊豆市、 伊豆の国市、 伊東市、 磐田市、 御前崎市、 小山町、 掛川市、 河津町、 川根本町、 函南町、 菊川市、 湖西市、 御殿場市、 静岡市、 島田市、 清水町、 下田市、 裾野市、 長泉町、 西伊豆町、 沼津市、 浜松市、 東伊豆町、 袋井市、 富士市、 藤枝市、 富士宮市、 牧之原市、 松崎町、 三島市、 南伊豆町、 森町、 焼津市、 吉田町

静岡県担当の宮川がアドバイスする豆知識

キッチン詰まりは油汚れ、食材カス、サビなどで発生します

キッチンをはじめ、浴室やトイレなどの水回りスペースは、住まいの中でも比較的トラブルが多い箇所になります。例えばキッチンシンクの排水管は、しばしば詰まりを起こします。洗い物をしていたら水が流れなくなって困った、という経験がある人も多いのではないでしょうか。この詰まりを解消するには、何が原因かを知り、正しく対処する必要があります。

パイプクリーナー
キッチンシンクの排水口が詰まる原因で最も多いのは、油です。調理道具や食器などについた油は、ティッシュオフしていても、洗っているときに少しずつシンクに流れていくものです。パイプの内側に少しずつ堆積して、どんどんと隙間が狭くなっていき、それにつれて流れが悪くなっていきます。しかしパイプはそれなりに太いので、流れが悪くなるということは相当油が溜まっているということになります。
次に多いのが、野菜くずなどの固形物です。通常、排水口にはごみ受けカゴがついており、その下はお椀型のトラップがかぶせてあるため、大きな固形物は入り込まないようになっていますが、まれに設置されていないものがあります。またズレていて隙間から入り込んだ可能性もあります。カゴやトラップを外して掃除をしているときにうっかり手がすべって掃除ブラシを落としてしまったり、何か固形物を落としたりして詰まらせるケースもあります。
また、多くはありませんが、サビが原因で詰まることもあります。緑青等のサビは経年劣化とともに発生することがあり、増殖すると詰まりを引き起こします。
パイプクリーナー2
キッチンの詰まりは排水口付近かその下の排水パイプで起きます。排水パイプの奥で詰まりが発生していた場合、自力で直すのは難しく、またへたにいじったことで詰まりの原因を奥に押し込むことになり、悪化することがよくあります。多少費用はかかっても、水回りの修理業者に相談するのが早くて確実と言えます。
詰まる時は、多くの場合、最近なんとなく流れが悪くなったなと感じるものです。この段階で対応しておけば、詰まりは比較的かんたんに解消しますが、流れているからいいかと放置するご家庭がたくさんあります。
放置していると、詰まりがひどくなるほか、臭いがでたり、サビが発生したりと事態が悪化する可能性があります。流れにくくなった段階で水回りの修理業者に相談するようにしましょう。完全に詰まってからでは、水道管を外したり、大がかかりな修繕になることがあり、かえって出費がふえることにもなりかねませんので注意しましょう。

壁に隙間ができて浴室の水漏れに気づいた時の対処法

浴室のタイルから水漏れしている場合は、タイルの壁に隙間が空いていることが原因のことが多いです。壁に隙間が空く原因としては地震によってヒビ割れをしたとか、経年劣化で自然に壁に隙間ができた場合などです。自分で修理をする方法としては水中ボンドなどで隙間のあるタイルの目地を埋めることですが、防水もしっかりおこなわなければいけないので、防水性の高いボンドを使用するといいでしょう。
それでも浴室の水漏れがおきる場合は、素人には手に負えないので浴室修理の専門業者に任せるといいでしょう。壁に隙間ができた場合は、古いタイルを張り替えて新しいタイルに交換してくれます。浴室のタイルからの水漏れはかなりの技術力を必要とするので、できるだけ施工実績が豊富な業者に依頼するといいでしょう。業者のホームページには過去の施工例が掲載されていることがあるので、施工例を参考にして業者を選ぶといいでしょう。
浴室から水漏れがしていると、あわててしまい、とりあえず急いで駆け付けてくれる業者を選びがちですが、良く業者のことを知らずに依頼してしまうと、とんでもない高額な費用を請求されることもあります。見積もりを出さずにすぐに作業を行う業者もありますが、そういう業者は相場価格よりも高額な費用を請求することが多いです。
電話で依頼する場合は見積もりも出して貰えるか確認することが大事です。たまに電話でものすごく安い見積もりをだす業者もありますが、そういう業者を家に呼ぶと高額な見積もりをつけることもあります。電話では詳しい見積りは出せないので、現地で調査して見積もりをだすという業者ならば任せても大丈夫でしょう。
時間に余裕がある場合は、複数社から見積もりをだしてもらうといいでしょう。複数社から見積もりを取ることで価格相場がわかるようになります。たまに価格相場よりも極端に見積もりが安い業者もいますが、後で高額な追加料金が発生する所もあるので注意が必要です。後で追加料金が発生しないかもしっかり確認しておくとトラブルに巻込まれなくて済みます。見積もりの内訳もしっかり確認しておくことが大事ですが、見積もりの内訳を詳しく教えてくれない業者は選らばない方が無難です。その業者を利用したことのある口コミや体験談を参考にする方法もありますが、良い口コミや体験談はそこの業者のスタッフが書いている可能性もあるので、良い口コミや体験談だけを信用せずに悪い口コミや体験談も読んでみるといいでしょう。

毎日使うトイレの便器に詰まりが生じた時には

トイレは毎日利用する住宅設備の一つです。もし、トイレが使えなくなったら生活に大きな支障を来す事になります。水回りはトラブルが起こりやすい部分ですが、キッチンや浴室などと比べるとトイレのトラブルは緊急度が高くなります。
例えば、水を流した時に水が止まらなくなる、便器の水が減らない、タンクや床などから水漏れが生じているなど、こうしたトラブルは一刻も早く修理をしておきたいと感じる人は多いと言えましょう。便器の水が減らない状態のトラブルは便器内部などで詰まりが生じているからです。トイレには流して良いものと流してはいけないものがあります。流して良いものは、汚物とトイレットペーパー、流す事が出来る掃除用のペーパーなどのみで、これ以外のものを流すと詰まりの原因にも繋がるので注意が必要です。
トイレつまり
尚、トイレットペーパーは流して良いものの一つではありますが、一度に大量に流すと詰まりが生じるケースもあります。特に、長年使い続けている便器などの場合は、内部に汚れが付着しているため、詰まりが生じやすくなっているので注意が必要です。ちなみに、高圧洗浄機と呼ぶ道具をご存知でしょうか。これは専門業者さんが利用する道具の一つで、水圧を使って汚れを取り除く事が出来る便利なものです。排水管などのような、人が掃除する事が出来ない場所に、高い水圧をかけて、内部の汚れを根こそぎ取り除いてくれるもので、便器内部なども高圧洗浄機を使ってクリーニングをしておくと詰まりが起こりにくくなります。
トイレトラブルの時に高圧洗浄機を利用、ワイヤーブラシを使って汚れを取り除くなどの作業を行ってくれます。尚、トイレ詰まりが原因で床上に汚水が漏れてしまうケースがあります。これは排水路の入り口部分に異物が詰まってしまい、行き場を失った水が床上に流れ出て来る症状です。マンションなどの場合は、階下は他の家の人が住んでいるので、天井からの水漏れなどにも繋がりますし、一戸建て住宅などの場合も、2階のトイレからの水漏れの場合は、階下に流れる危険性も高くなります。
汚水が流れて来るので不衛生な状態にもなるなど、こうしたトラブルは早めに解決したいと考える人は多いと言えましょう。専門業者に依頼をする時には、最初に症状を確認して、費用見積もりを作成してくれます。尚、便器の真下などが詰まりの原因となっている場合、最悪取り外しを行って修理をしなければならないケースもあります。

お客様の声 | 静岡県エリア

ウォシュレットの水漏れは寿命? | 静岡県裾野市

トイレに水漏れはつきものです。パイプやタンクの中の修理をこれまで自分で何度も行っているうちに、修理のコツもわかるようになってきました。ところが、ウォシュレットから水漏れが発生したときは、自分ではどうすることもできずに困りました。
最初に考えたのは寿命でした。トイレの便器やタンクなどとは異なり、ウォシュレットは電化製品です。通常電化製品は10年くらいで寿命を迎えるものです。そう考えると、寿命によって水が漏れだしているのではないかと考えたわけです。しかし、もし寿命であったとしても、まずは修理ができないかどうかチャレンジして、それでもだめだった場合に買い替えを行うというのは私の考えなので、「住まいる設備(住まいる水道)」に連絡を入れて来てもらうことにしました。
ウォシュレットの水漏れ修理は、やはり他の箇所の修理と比べると、少し手間がかかるような感じでしたが、原因を突き止めた後は、きちんと修理することができました。その際、ウォシュレットの寿命についても尋ねてみましたが、部品が無くなれば買い替えするしかないけれど、まだ何とかなるでしょうとのことでした。ただ、次もう一度故障したら、買い替えしようと思っています。
お名前:R.N様

トイレのパイプ水漏れ修理を自分でやってみたけれど | 静岡県島田市

トイレのパイプから水漏れが発生しました。最初は自分で修理することができるのではないかと思い、壁から出ている部分のボルトとトイレのタンクにつながっている部分のボルトを緩めてパイプを取り外し、新しいパッキンを買ってきて付け替えてみました。
多くの場合、水漏れはパッキンを新しいものと交換することで直るはずなのですが、今回はなぜか直りません。色々と触っているうちにパイプそのものが変形してしまい、ますます状況が悪化してしまいました。トイレの修理は一刻の猶予もないので、「住まいる設備(住まいる水道)」に電話を入れ、すぐに来てもらうことにしました。
予め状況を電話で説明していたので、修理はとてもスムーズでした。新しいピカピカのパイプを古いものと付け替える工事でしたが、5分程度で終了しました。新しいものに交換すると、水漏れもピタッと止まりました。やはりプロの修理をお任せすると、確実に修理することができるものです。
自分で修理するメリットは費用を安く抑えることができるということですが、ホームセンターまで材料を買いに行く手間や、型を調べる手間、そして修理の確実性を考えると、「住まいる設備(住まいる水道)」で初めから直してもらえば良かったと思いました。費用もそれほど高くはなかったのもそう思った理由です。
お名前:C.H様

洗面所の水漏れで床が弱ってしまう前に問題解決できました | 静岡県清水市

我が家の洗面所で水漏れが起きた際に、一番焦ったのが床が木材で作られているという点です。このまま木材に水が染み込んでしまうと、木材が腐食したり、カビが生えてくる可能性がありましたから、急いで住まいる設備に修理をお願いしました。自宅にスタッフがやってくるまでに時間もかからないので、かなり床が古くなっている住宅であっても、不安なく修理を依頼できると思います。
洗面所の蛇口は相当古くなっていましたから、新しいものに交換をしてもらったところ、洗面所の見た目も良くなったのが嬉しいです。汚れを残さないように作業を行ってくれるおかげで、床も綺麗な状態を保てており、木材も腐食する事はありませんでした。
交換を終えた後の蛇口は、以前よりもスムーズに水が出せるようになっており、水が流れる時の異音が聞こえなくなった点にも安心できています。とてもスムーズに作業を終えてもらえて、住まいる設備のスタッフには感謝をするばかりです。
お名前:K.Y様

台所の調理台がびしょ濡れになっていて焦りました | 静岡県磐田市

先日、夕方5時ごろ仕事から帰宅し、すぐに夕食の準備に取り掛かりました。我が家には二人の保育園児がいて、自宅に帰るとすぐに、おなかがすいたと叫び始めます。簡単におやつなどを渡しますが、二人の子供はおやつよりもご飯が食べたいらしく、急いで作らなくては大変です。すぐに手を洗って調理台にまな板を置こうとしたときに、調理台がびしょぬれになっていることに気がつきました。朝、水でもこぼしたのかと何も考えずに、すぐに夕食を作り、子供たちに食べさせました。そのまますぐに食事の後片づけをしようとしましたが、再び調理台がびしょぬれになっていることに気がつきました。
不思議には思いましたが、急いで後片付けをして、子供たちをお風呂に入れました。お風呂からあがり、再び台所に行くと、やはり調理台がぬれています。そこでようやく、じっくりと観察してみたところ、蛇口付近から水漏れしていることがわかりました。とりあえず子供を寝かしつけて、水道の故障についてみてくれる業者に連絡を入れました。夜遅かったのですが、24時間365日対応している住まいる設備(住まいる水道)があったので、電話を入れました。
するとすぐに止水栓を止めるように言われました。これでいったん水漏れがおさまるようです。そして翌日、住まいる設備(住まいる水道)の方が来てくれました。見てもらうと蛇口の内部にあるパッキンが破損して、水漏れが発生していたようです。部品を交換して、すぐに直りました。
お名前:K.M様

その他対応エリア


 

到着までの応急処置

まず状況や箇所にもよりますが止水栓でとまる場合があります。
※集合住宅の屋外止水栓は要注意!
水漏れ個所に付随している止水栓やバルブを締め、それでも止まらない場合は屋外の止水栓を締めましょう。 原因によって止まらない事もあります。



対応エリア

東京都 神奈川県 埼玉県
千葉県 茨城県 栃木県
静岡県 愛知県 大阪府
京都府 奈良県 兵庫県
和歌山県

サービス内容


サービスについて

ページトップボタン